記事

G7で為替安定の重要性強調、最近は投機的な動き=麻生財務相

[仙台市 21日 ロイター] - 麻生太郎財務相は21日午後、仙台市で開かれていた主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議の終了後に会見し、議長を務めたG7では為替安定の重要性を再確認したと協調した。

同日午前に行われた日米財務相会談では、ルー米財務長官に対して最近の為替動向について、一方向に偏った投機的な動きだったと伝えたことを明らかにした。

G7では為替に関し、為替レートを目標にしないことや、過度の変動や無秩序な動きは経済・金融に悪影響を与えるとの認識を再確認するとともに、すべての国が通貨の競争的な切り下げを回避することの重要性があらためて示された。

麻生財務相は、この点について「最近の為替市場の動向を踏まえ、為替レートの安定の重要性を再確認した」と説明。20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で合意された「通貨の競争的な切り下げの回避」について、日本として「従来からコミットしている」と述べるとともに、今回のG7での議論では「G7以外の国がコミットすることの重要性」が強調されたという。

2日目の討議に先立って行われた日米財務相会談では為替について、麻生財務相から「最近の為替市場では、一方的に偏った投機的な動きが見られたが、為替市場の急激な変動は望ましくない。為替の安定が重要だ」と発言した、という。

こうした日本側の認識に対し、米側は最近のドル/円は「秩序だった動き」との発信を繰り返している。これについて麻生財務相は「この数週間、2日間で5円とか振れるのは、明らかに秩序だった動きとはいえない」としたが、米財務長官との会談では「特に激論があったわけではない。今まで通りの普通の会話を行った」と為替で大きな対立はないとの見解を示した。

<需要喚起に財政は大きな要素、各国財務相も理解>

また、G7では世界経済の成長確保に向けて「各国の状況を踏まえつつ、金融・財政・構造政策をどうバランスよく組み合わせて実施していくか」について議論が行われた。

世界経済を最重要テーマに掲げる来週の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に向け、安倍晋三首相は機動的な財政運営の必要性を主張している。

この点について麻生財務相は「経済成長には需要が必要」と述べ、「需要喚起策の中で財政は非常に大きな要素ということを各財務相は理解している」と指摘。今回のG7の討議に基づいてサミットで議論が行われるとし、「さらに積極的な話し合いができると思う」と語った。

(伊藤純夫 梅川崇)

あわせて読みたい

「G7」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナンパの聖地 コリドー街に驚き

    内藤忍

  2. 2

    よしのり氏 禁煙巡るヤジ許せぬ

    小林よしのり

  3. 3

    世界称賛 必見の和製ゾンビ映画

    松田健次

  4. 4

    舛添氏 国会ヤジ問題で党に苦言

    舛添要一

  5. 5

    思い出のブロック塀が安全を阻む

    赤木智弘

  6. 6

    問題解決能力のない国会に改革を

    玉木雄一郎

  7. 7

    「医師に拳銃を持たせて」の真意

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    「万引き家族」ストーリーに疑問

    (チェコ好き)

  9. 9

    新AppleWatch 物理ボタン廃止か

    フォーブス ジャパン

  10. 10

    フェアプレー精神がない安倍政権

    階猛

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。