記事

せやからマイクロソフトは負ける

以前からマイクロソフトは大嫌いだった。仕方なしにWindowsのパソコンとExcelやWordなどのソフトを使っているが、できれば止めたいと思う。その嫌い度は一時落ち着いていたものの、OSがWindows10になって再上昇した。

というのも、勝手にWindows10にアップグレードされたからである。いつも、アップグレードするかと表示されてうるさいので、すぐに表示を消していた。最近、その表示が悪質になっている。「悪質」という表現は僕が浸かったわけでなく、知り合いが使っていた。それが、悪質を離れ、独裁的になったのかもしれない。

最初の一台は急にアップグレードのモードに入り、強制的にWindows10のインストールと、再起動がかかった。ひょっとして、夜、酔っぱらっていたためにアップグレードするかの質問に対して「はい」のボタンを間違って押したのかも知れないと思い、諦めた(諦めざるをえない)。

しかし、もう1台も同じ状態になってしまった。「ええっ」である。それも急ぎの原稿を書き、「間に合って良かった」と思いつつ、メールに添付しようと文面を書いている途中でWindows10のインストールが始まった。酔っぱらっての間違い、1回はあるかもしれないが、2回あるほどに酔っぱらうことはない。「アップグレードする」の質問に「ああっ、ああっ」と生返事していると、それをマイクロソフトが「はい」として処理したのかもしれない。

で、調べると、やはり強制的にアップグレードされるようになったらしい。回避する方法もあるらしく、https://netatopi.jp/article/1002211.html に書いてある。

Windows10であるが、評判は前から調べていて、「そんな変なことはない」と聞いていた。実際のところ、Windows7と8の折衷みたいなものだから、大きな違和感はない。インストール済みのアプリも動くことを確認した。もっとも、古いプリンターのソフトはWindows10用のものをインストールする必要があった。また、Excel(2013)との相性にも少し不具合がある。

それでも大過なくアップグレードされたかなと安心していたら、えらいことに気づいた。アンチウィルス・ソフトが起動しなくなっていた。ソフトがWindows10に対応していないためである。これは一大事である。早速、対処しなければならない。「一番肝心なとこを手抜きして(面倒だからと無視して)、勝手にアップグレードすんなや」と怒った。

しかし不思議なことに、アンチウィルス・ソフトがありませんとの表示が出ない。そこで調べると、Windows10ではセキュリティ機能が強化されていて、普通ならアンチウィルス・ソフトは不要なそうな。グーグルのクロームパソコンの真似なのだろう。多少は許せるかな。

いずれにせよマイクロソフトは大嫌いである。グーグルやアップルに負けるのにも理由がある。

あわせて読みたい

「Windows10」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反対ばかりの野党は幼稚園生以下

    笹川陽平

  2. 2

    元自衛官 小西議員の矛盾を指摘

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    よしのり氏「麻生大臣見直した」

    小林よしのり

  4. 4

    よしのり氏 セクハラ告発に疑問

    小林よしのり

  5. 5

    辻元氏 国会でなく政府が不正常

    辻元清美

  6. 6

    セクシーヨガ報道に経営者が怒り

    キャリコネニュース

  7. 7

    セクハラの構造こそを批判すべき

    三浦瑠麗

  8. 8

    NZでブラック経営の日本人に非難

    キャリコネニュース

  9. 9

    若い世代ほど麻生氏支持のワケ

    永江一石

  10. 10

    日本の長者1位 30年前は孫氏以上

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。