記事

40年以上を経て再び世界が注目する、虫プロ製作のエロティック長編アニメとは


1973年に公開した非常に奇妙で理解しがたい主人公、成人向けアニメーション映画『哀しみのベラドンナ』が、ついに米劇場で公開を迎えた。リストアの指揮を執ったシネリシャス・ピクスの副社長を務めるデニス・バルトークは「これは初めての、真のエロティック長編アニメーションだ」と語る。(photo by Cinelicious/Everett Collection)

1973年に公開された、エロティシズム溢れる劇場用アニメーション映画『哀しみのベラドンナ』。長い年月の間忘れ去られていた同作が4Kにリストア(修復)され、ついに観客の前にその姿を現す。

1973年のベルリン国際映画祭では、過度に熱狂的な親達が子供に見せるための『家族向け』のアニメ作品を期待して、最近公開された珍しいタイトルの日本のアニメ映画『哀しみのベラドンナ』を観るためにドイツ国内の映画館に押し寄せていた。90分の間、彼らは『となりのトトロ』のように子供たちの気晴らしになるような何かを期待していたのだが、その代わりに野蛮な初夜権による集団強姦で冒頭のシーンからクライマックスを迎え、ヒロインの脚の間に徐々に入り込む男根の形した悪魔や、合間に差し込まれる非常に奇妙で理解しがたい乱痴気騒ぎや戦争を非難するような瞑想的なシーン、階級組織、フェミニズムを目にする羽目になった。

山本暎一が監督した稀に見るサイケデリックな本作品は、公開当時ほとんど注目を浴びることは無く(あるいはあからさまに揶揄され)、以降もこの大作は40年以上に渡り忘れ去られ、作品を制作したスタジオが廃墟と化すと、数年間で熱狂的なアニメファンの間で海賊版としてたらい回しにされる骨董品となった。この作品が米国で公開されたことはこれまで無かったが、シネリシャス・ピクスが同作をリストアし、新しい世代のカルト映画ファンやアニメ愛好家たちに衝撃を与える準備が整った(5月13日にロサンゼルスのシネファミリーで公開され、7月12からiTuneで配信される予定だ)。

物語のあらすじは次のようなものだ。新婚夫婦のジャンヌとジャンは領主に結婚の祝福をしてもらうとするが、悪意に満ちた領主と家来は花嫁であるジャンヌを強姦する。身も心も傷ついたジャンヌは、男性器の形を装って現れたいたずらな悪魔と会話をし始める。やがて戦争が起きて大半の男性(その地域の摂政も含め)が戦闘に出向くと、ジャンヌは悪魔と契約を交わして信じられないほどの力を手に入れ、村でもひときわ目立ち恐れられる存在となる。ジャンヌ・ダルクにも似た復讐の天使は、やがて支配階級に対する反乱の先頭に立つことになる。 しかし、どれだけ水彩画の止め画や奇抜なイラストを融合した映像や、薬物による幻覚体験のようなビジュアルを用いて物語のきわどさを描写しようとしても、ベラドンナの姿やイメージ象に比べると色あせて見えてしまう(クリス・マルケルの短編集『ラ・ジュテ』に、ルネ・ラルー監督のアニメ映画『ファンタスティック・プラネット』の要素を兼ね備えたような作品、もしくはジョージ・ダニングによるビートルズのアニメ映画『イエロー・サブマリン』を、ドラッグで幻覚状態に陥いりながら見ているところを想像してみてほしい)。一連のシーンでは、男性器が馬へと姿を変え、キリンが大きくなって別の男性器に変わり、ウサギが誰かの直腸から逃げ出し、2匹のカメが互いをシックスナインし、何匹かの魚が身をよじりながら女性の膣から這い出てくる。ピクサーではこうはならない。

4Kリストア版、英語予告編動画


音楽家であり作曲家の佐藤允彦が手掛けた無調のアバンギャルドジャズ、なまめかしいバラード、サイケデリック・ロックと卑猥さ、電子音で人間の声の効果を生成したファンクミュージックなどの難解なスコアが、作品の異様さを一層大きなものにしている。「作品のイメージがとても抽象的だったので、抽象的に考える必要がありました」と佐藤は語る。「映画の音楽を作曲する方法を考えるときに、私は二つの手段を持っていました。キャラクターの心の葛藤の真相を表現する音を探すか、大衆向けの審美眼を通してそれを表現するか。結局、その2つの間を取ることにしたんです」 19世紀フランスの歴史家ジュール・ミシュレが1862年に刊行した小説『魔女』から発想を得た『哀しみのベラドンナ』は、公開から40年が経っても、宗教・道徳上の罪の意味合いでもその衝撃値としても、稀有なアニメ作品として依然として残り続けている。当時、東映のような映画スタジオ(そのスタジオで最も良く知られている秘蔵っ子の宮崎駿は、メディアで最も有名な監督の一人となる)の人気作品の大部分は、当たり障りの無いものであった。山本の作品はその流れに逆らうものであり、そのために代償を払うことになった。

「1970年代初頭の視聴者には、この作品はハードコア過ぎた」映画の公開に伴うエッセーの中で、シネリシャス・ピクスの副社長で、権利獲得と流通を担当するデニス・バルトークは述べている。「あまりにも奇妙過ぎるという印象で、『グラインドハウス』のディストリビューターでさえも、試しにやってみようという感じだった。これは初めての、真のエロティック長編アニメーションだ」

「色彩に富んだ要素だが、既成概念の枠を超えるようなものがそこにはあった」と、アニメ・ニュース・ネットワークの総合編集長を務めるマイク・トゥールは語る。「虫プロの創設者でありアニメ界の父である手塚治虫は、メディアの現状を打破し、大人をターゲットとした作品を作りたがっていた。ベラドンナが出てきたとき、一般の人々はその準備ができていなかった。『これまでに作った中で最悪のアニメ』という評判だった。だが、今にして思えば、それほど最悪ではない。そこには深い鑑識眼がある」

1960年代に虫プロは、愛らしく、あちらこちらで耳にする『鉄腕アトム』シリーズを作り出し、長きに渡って名声を得た。しかし『千夜一夜物語』(1969年)、『クレオパトラ』(1970年)を含む同スタジオの3部作の3作品目である『哀しみのベラドンナ』は、事実上公開時に相手にされず、欧州ではわずかに配給されたが米国本土では一度も配給されることはなかった。作品の公開が一部原因となり、既に支払い能力に瀕していた虫プロはその後倒産した。だが、その後数年間で虫プロは多くの人々に愛される映画製作者(出崎統、杉井ギサブロー)とスタジオ(サンライズ、マッドハウス)のための出発点となる。

映画製作者にとって、最も衝撃的なアニメーション映画の一つである作品の第二の人生は、他の人々と同じく全くの驚きであった。「過去40年間、全くそれについて考えていませんでした」と、佐藤は笑う。そして「この作品が脚光を浴びる機会を得ることができて嬉しいです」と続けた。

ベラドンナの原画を手掛けた深井国に、この映画を観たことがない人にどのように説明するか尋ねてみると、即座に彼はこう答えた。「家族向けではありませんね」

1973年公開当時の日本版予告編

あわせて読みたい

「アニメ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    豊田議員擁護した松本人志の限界

    小林よしのり

  2. 2

    豊田議員は哀れな「準エリート」

    シェアーズカフェ・オンライン

  3. 3

    旭日旗に韓国人が憧れていた過去

    NEWSポストセブン

  4. 4

    読売新聞 社説で政権擁護を反省?

    PRESIDENT Online

  5. 5

    稲田大臣はやっぱりダメだった

    志村建世

  6. 6

    安倍首相の後継者問題に甥が意欲

    NEWSポストセブン

  7. 7

    タバコ休憩で残業 ムダな喫煙者

    明智カイト

  8. 8

    加計問題 「録音音声」を公開か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    AVが教科書化する性教育の問題点

    田中俊英

  10. 10

    裏に利権 東京五輪に不可解判断

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。