記事

H.I.S.の東大美女図鑑騒動 Twitterならではの糾弾構造 - 網尾歩 (ライター)

 現代日本のインターネットを「炎上」なしには語れない。そこかしこで起こる炎上騒動。燃え盛ったあとの「かけら」から、事象の全体や人々の心理を紐解いていく。

女子大生による接待企画
「現地までフライトキャンペーン」

 GW明けから話題になった炎上騒動2件、どちらもジェンダー絡みだった。1つは小・中学生の女子に声をかけて撮影した写真を扱った「声かけ写真展」。2つめはH.I.S.の東大美女図鑑騒動。今回はH.I.S.のほうを取り上げたい。

 これは、5月11日から始まった「東大美女図鑑の学生たちが、あなたの隣に座って現地まで楽しくフライトしてくれるキャンペーン」。抽選で5組の旅行者に現役の東大生(美女)が1人ずつ同行し、機内でいろんなおしゃべりをしてくれる「オプション」を提供するというものだ。実際に「オプション」という言葉が使われている。

 たとえば、工学部建築学科4年の女子大生は「世界のマイベスト建築を語って」くれ、文学部行動文化学科の3年生は「教養のある雑学を語って」くれるそうである。自分の専攻分野について語ってくれるのかと思えばそうでない場合もあるようで、理科二類2年の女子大生は「お笑いについて熱く語って」くれるそうだ。これは、まだ進学する学部が確定していない2年生だからという配慮なのか、理系のうんちくなんて素人には退屈だろうという配慮なのか。

 そんなことはどうでもいいのだが、この企画を聞いて、まあ多くの人が連想するのは「女子大生による接待」だろう。「あ、接待だよね」という認識は、批判する人、しない人どちらにも共通していたと感じる。批判派にならなかった人たちは、「接待だよね。でもまあそういうのがあってもいいじゃん」というスタンスだったように見えた。

 「オプション」には教育学部総合教育学科の4年生が「お子様の夏休みの宿題をお手伝い」というものもあり、ファミリーも対象としているという建前はつくろってはいるものの、全体的な印象としては、完全に接待。

 で、これについて「じゃあイケメンの男子学生だったらどうだったんだ」という疑問は当然出ていたが、それを考えるときに有用なのは、「それではなぜ、H.I.Sはこのキャンペーンを『東大美女図鑑』の女子大生で成り立たせようとしたのか」だろう。実際にどうかはさておき、「男子じゃなくて、女子をわざわざ選んだんだよね」と思わせている時点で、そりゃ突っ込まれるだろう。

 そもそもこの企画が炎上している理由は、男性社会の中で望むと望まないとに関わらず「接待役」「サポート役」という“性的役割分担”を女性が担わされてきたという差別的な構造を再現してしまったところにあり、そこに不快感を覚えた人たちがいることだ。

 「接待役」の5人中、たとえば3人が男性であったらこの企画は炎上しなかったかどうかと考えてみる。おそらく炎上しなかっただろう。5人中男性が1人だけだったら炎上した可能性が高い。構造を成立させるのは数である。

糾弾をやめられない心理の裏にある、
クラスタの連帯

 H.I.S.は炎上を受け、即日キャンペーンの中止を発表。「ご不快な思いを感じさせる企画内容でありましたことを、深くお詫び申し上げます」というお詫び文を出している。

 こういった企画を立てておいて、即日撤回するなんて往生際が悪い、むしろ悪手だという批判もあった。田嶋陽子氏はテレビ番組で「社会全体がフワフワして、ネットで何か言われたからってすぐ引っ込めちゃう信念のなさが気に入らない」と語ったという。確かに企画の即日撤回は、批判を考慮に入れていなかったことを明るみに出しただけだった。

 何かにつけてピリピリムードの現代日本のインターネット上において、この企画がやり玉にあげられないわけがない。目をつけられないわけがない。批判を受けての即日撤回は、企業としてリスクヘッジが甘いというか、現場担当者にしろ企画決定権のある方々にしろ、もっとネット上の「不寛容さ」を学ぶべきだ。

 そう、今のインターネットは不寛容だ。特にTwitter。炎上の9割はTwitterに端を発すると言っても過言ではない。Twitterはユーザーが興味関心のある内容ごとに「固まる」傾向にあり、あるクラスタの中で支持を集めるためには、そのクラスタの中でよりウケる、より極端な、より対立するクラスタに批判的なつぶやきを発していく必要がある。保守とリベラル、表現規制派とアンチ表現規制派、フェミニストとアンチフェミニストのやり取りを見ていればそれは明確だ。Twitter上の同じクラスタに認められるために、一部のユーザーは他のクラスタに対して極端に不寛容になっていく。その帰結が、そこかしこで起こる炎上騒動だろう。

 「ご不快な思いを感じさせる企画内容でありましたことを、深くお詫び申し上げます」、こういった謝罪に対し、Twitterの一部ユーザーは必ず、「ご不快な思いをさせたからではなく、差別的だったことに謝るべき」と突っ込む。

 個人的にはこれまでの取材経験で謝罪対応に追われる現場担当者の悲哀を知っているので、謝ったら許してやって……と思ってしまうのだが、まあそれはいい。さすがにいかがなものかと思うのは、「『ご不快な思いをさせたとしたら申し訳ありません』なんて、謝罪になってない」などという改変。「ご不快な思いを感じさせる」の部分を、「ご不快な思いをさせたとしたら」と改変しているのだ。怒っている人は怖い。しかしもっと怖いのは、自分のクラスタの中でより認められるために功をあせる人の群れである。

あわせて読みたい

「H.I.S」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クロ現「日本の防衛」報道に驚き

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テレビの報道が信頼されないワケ

    メディアゴン

  3. 3

    笹子トンネル事故に"新事実"判明

    週刊金曜日編集部

  4. 4

    加計で総理批判する国民に疑問

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  5. 5

    共産党と公明党「因縁」の歴史

    蓬莱藤乃

  6. 6

    田原氏語る共謀罪強行採決の理由

    田原総一朗

  7. 7

    石破氏「暴言は人間性の問題」

    石破茂

  8. 8

    菅元総理が維新の二の舞と苦言

    菅直人

  9. 9

    小林麻央 2年8ヶ月ガンとの戦い

    渡邉裕二

  10. 10

    麻央さん死去 報道の姿勢に苦言

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。