記事

PTAは自由に変えていけばいい──先代がしいたレールにそのまま乗らなくていいんです

1/2
610minemachisho.jpg

左)玉川広志さん/2015年度から、東京都大田区立嶺町小学校PTO団長。愛称「たまちゃん」。「こうちゃん」と共に、改革を進めてきた。アレルギー対応ハウスクリーニング「ワンラップコート鵜の木」代表。右)山本浩資さん/東京都大田区立嶺町小学校PTOで、2012~2014年度まで団長を務め、PTA改革を進めた。愛称「こうちゃん」。本業は、毎日新聞社会部記者。自身のPTA体験をまとめた著書『PTA、やらなきゃダメですか?』(小学館新書)好評発売中!

前回に引き続き、PTA改革で知られる東京都大田区立嶺町小学校PTO※のお話です。2014年度まで3年間団長を務め、すべての活動を「手上げ方式(完全ボランティア制)」に変えた山本浩資(こうすけ)さんこと「こうちゃん」と、2015年度から団長を引き継いだ玉川広志さんこと「たまちゃん」が、PTAについて語り合いました。聞き手は編集&ライター・大塚玲子(『PTAをけっこうラクにたのしくする本』著者)。後編では「ボランティアとは何か?」「自由な形のPTAとは?」を掘り下げます。

※嶺町小では「PTA」を「PTO」、「本部(役員)」を「ボラセン(メンバー)」と呼んでいます。

一生懸命さが裏目にでる? 改革後の新たな悩み

tamagawasan40.jpgうちのPTOは、他校の人からは、全てが上手くいってるように見えるかもしれない。でも実際には、いろいろあるんですよね。この前、会員みんなにアンケートをとったんですけれど、やっぱりいろんな声がありました。

大塚さんたとえば、どんなものでしょう?



tamagawasan40.jpg僕らは「通りいっぺんのことをやっていても、みんな参加しようという気にならないから、楽しいイベントをやろう」と考えているんです。

でもそうすると「イベントをやりすぎなんじゃないか」とか「せっかく仕事を減らしたのに、どうしてまた増やすんだ」という声も出てくる。

610イベント.jpg

大塚さんなるほど~。やりたくない人を巻き込むのでなければ、増やしてもいいと思いますけど……。でも巻き込もうという意図が見えすぎると、うっとうしいかも(笑)。

tamagawasan40.jpgあとは、僕らはなるべくみんなに得意分野で活躍してもらおうと、それぞれの人の専門分野のことをしてもらっているんですが、そうすると「特別なことができないと、ボラセンに入れないんじゃないか」という声も上がったりする。ハードルが上がっていってしまうんですね。

一生懸命やりすぎちゃう、というのも同じです。これから参加する人のハードルを上げてしまうので。もちろん一生懸命やるのはいいことなんだけど、ボランティアとして「より多くの人に参加してもらう」ということを考えると、裏目に出たりする。 そういうのって、絶対的な正解がないんですよね。

大塚さん 難しいですね~。



tamagawasan40.jpgボラセンの中の話し合いでも、いろんなアイデアが出てるんですけれど、全部実現しようとすると、ボラセンの仕事がどんどん増えていくというジレンマがあります。

たとえば「もっとみんなに声かけをしていこう」とか「参加した人の声を広報紙に載せよう」とか。質を高めるのはいいけれど、「じゃぁ、それはどこまでやるの」ということも考えて、いいところの加減でやめておかないと、自分たちが大変なことになってしまうんですよね(笑)。

大塚さんあー、そういう「加減の問題」も悩ましいですよね。

PTAはこれまでボランティアではなかった!?

tamagawasan40.jpgPTOをやっていると、「ボランティアって何だろう」ということもよく考えます。「ボランティア」ってよく使う言葉ですけれど、突き詰めて考えたときに、それが何なのかよくわからない。「できる人が、できるときに、できることを」やるのがボランティアなのか? というと、そうじゃないと思うんですね。

大塚さん あぁ、そうですね。PTAのキャッチフレーズとして定着していますけれど、ボランティアの定義ではないです。



tamagawasan40.jpg去年、「ボランティア学」というものを日本に最初に持ち込んだ興梠(こおろき)先生という方に、山本さんと一緒にお会いしに行ったんです。その方が一番におっしゃるのは、「主体性」ということ。つまり「主体的にやるのが、ボランティア」なんです。

だから「全員やるべきだ」となったら、それはもうボランティアじゃなくなっちゃうんですよ。それが一般に認識されていないですよね。

大塚さん日本の「ボランティア」は、よく「無償労働(アンペイドワーク)」という意味合いで使われていますね。だから「強制ボランティア」なんていう、矛盾した言葉ができてしまう。強制したらボランティアじゃないんだけれど。

tamagawasan40.jpg でも日本のPTAは、ずっと「全員がやるべきだ」とされてきましたから、もともと運営の仕方が「ボランティア」じゃなかったんですよね。

610tamagawasan21.jpg

大塚さん以前、山本さんがPTAの総会で「ボランティアをやったことがある人、手を挙げてください」と言ったら、ほとんどの人が手を挙げなかった、という話をされていましたね(笑)。みんな、PTAとボランティアは別ものだと思っている(苦笑)。

tamagawasan40.jpgNPOとか、他のボランティア団体を見てみるとわかるんですけれど、やっぱりPTAって特殊なんですね。現状は「小学校に入ると、PTAにも入る」みたいなことになっているから、小学校という枠で囲えてしまう。

でも他のボランティア団体には、そういうものがない。その代わり、「私たちはこういうことをやりたいんです」という目的が最初に来るんです。逆に言うと、PTAはその「何のため」がないまま始めてしまうから、おかしな話になりやすいんですよね。

大塚さん あ~、そこが始まりですよね。



tamagawasan40.jpg その「何のために」というところを、僕らは常に振り返るようにしたんです。それも、ここ数年の大きな変化だと思いますね。今まで「前例通り」でやってきたものについて、常に「これは何のために、うちのPTOでやるんだろう」ということを考える。

大塚さんそれはいま、全国のPTAに、一番必要なことかもしれませんね。

地域の活動は「やらされて」やるもの?

tamagawasan40.jpg 地域の活動も、「何のためにやっているか」という捉え直しが必要ですよね。これって、僕らが始めたくて始めたものじゃないですけれど、やってみると「ありがたいな」ということがわかってくる。でも、一般の会員はそれを知る機会がないんですよ。

yamamoto40.jpg そうなんです。この辺の地域イベントは親子で参加できるんですけれど、一度参加した人は、本当にほぼ必ず、毎年来るようになるんですよね。都会に住む子どもたちに「ふるさとの思い出を作ってあげたい」という気持ちでやっています。

yamamotosan22.jpg

大塚さんなるほど。でもやっぱりみんな、「やらされる」という感覚が強いですよね。実際に、強制的に動員をかけているPTAも多いですし。

yamamoto40.jpgうちはもう、参加したい人だけが参加するので、その感覚はないんですけれど、他校はそうですね。

たとえば地域の「連合運動会」というものがあって、そこには各学校の校外委員さんがお手伝いに来るんです。競技に参加する人には、地域の人がパソコンで作ってくれたシールを貼るんですけれど、あるときその印刷が逆だったの。シールが剥がれない方に印刷しちゃっていたから、ハサミで切って、剥がすしかなかった。

僕らなんかは「こういうこともあるよね、じゃあ切りましょうか」となるんですけれど、違う学校のお母さんが、そこでブチ切れちゃった。「こんなの会社の仕事だったら完全にアウトだよ! 私たちにやらせるんだったら、ちゃんとやってよね!」と。これも参加する意識の違いですよね。「やらされてる」と思ったら、そういうふうになっちゃう。

tamagawasan40.jpg 全然違うよね、あれはびっくりした。



大塚さん 強制されて参加していたら、どうしても、そういう感覚になるでしょうね……。それをやめたというのは素晴らしいことですが、町内会や他のPTAから「人を出せ」みたいなことを言われたりしないですか?

yamamoto40.jpg 「強制的なPTA」から「手上げ方式のPTO」に変わって、地域の人たちは人が集まるか心配していましたね。でもこれまでと違っていやいや参加している人がいないので、コミュニケーションが深まってきている 感じがします。

tamagawasan40.jpg 「協力してもらえませんか」と言われることはありますが、無理強いはされません。逆に僕らから地域の人にお願いすることもあって、餅つきなどPTOのイベントに協力していただいています。

あわせて読みたい

「PTA」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田氏への疑惑が総裁選に影響か

    天木直人

  2. 2

    高額ギャラで寄付集める24時間TV

    渡邉裕二

  3. 3

    「野党は反対するだけ」はデマ

    小林よしのり

  4. 4

    「日本の技術はスゴイ」は勘違い

    Dr-Seton

  5. 5

    子どもの車内放置 親へ忖度不要

    岩永慎一 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  6. 6

    川上量生氏「批判は私が受ける」

    川上量生

  7. 7

    エアコン我慢には何の価値もない

    赤木智弘

  8. 8

    川上量生氏の独白 都が裏取引か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    山本太郎氏ら懲罰の議長こそ問題

    猪野 亨

  10. 10

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。