記事

インターネットにおける情報非対称性とサイレントマジョリティ

これまでライフログが失敗した理由、ツイートのネガポジ判断がポンコツな理由、A/Bテストが絶対的に欲しいと思う部分に共通するインターネットの特徴が一つある。

・人間はインターネットには、何かの意思を持って発信された情報しかアウトプットされない。

ということ、つまり、

・一つ発言から顕在化した問題点があったら、そのN倍は暗黙的に同じことを考えてる問題がある可能性を考慮すべき。

というあたり。ただし、それについての証明はできない。

これと類するものに掲示板の書き込みのコスト問題というのがある。

ネットでは、誰かが何かをアウトプットしないことには、その意思を確認することができない。
だから、書き込むためには強いアウトプットの意思が求められる。そのパワーが弱いと、書き込むことすら面倒くさくてやらない。

それ故にネガティブな書き込みは、いとも簡単にネットに出てくるが、どうでもいい、もしくはポジティブな意見というのは、そうそう出てこない。

つまりインターネットに存在する意見で、ネガポジ判断は不可能である。ポジティブ意見がほとんど見えないから。一部の書き込みから「ネガティブではない」ことを判断するのが関の山であろう。

これをどうにかするなら、仮説に基いて、該当行動を測定可能なアクセス解析等の行動ログから調査するか、A/Bテストで実際に確認してみないとわからない。

例えば、顧客クレームが来た場合、本当にヤバイものに関してはその数でニーズを確認できるか、「もっとこうした方がいい」程度のものだと、その数は圧倒的に減る。だから、その数だけで判断すると、「もっとこうした方がいい」理由は判断できずに埋もれる。あとは、意思決定者の感覚だけに依存する。非意思決定者はそれを改善すべき理由を証明できないからだ。

やはり、A/Bテストなり、アクセス解析に基いた行動解析が絶対的に必要だと思う部分になる。

同じくIoTデバイスが実現するものもここな。例えば医療系デバイスが流行ることで、今までなら「病気にならないと発覚しなかった問題」を、行動履歴から「予防的に判断することができる」かもしれない。

O2Oを実現するのも、この辺の情報の非対称性が、もう少し解決されてからのような気がするな。

今は圧倒的にオフラインの情報の方が有益だし、大量にある。どこかで何かのデバイスやアプリが逆転する世界を作りしきい値を超えた時にインターネットは新しい時代に入るだろう。

これの裏付けを調べたければ、自分が関わっているサービスを止めてみると良い。

サービスを止めたことは、簡単にツイートなどから調べられるが、復旧したことは、ごく少数しかツイートしない。その情報に価値があるとわかっている人だけがツイートする。例えばAWSが復旧した場合などだ。これは公共性があるので、善意からツイートする。

このユーザ行動に基づく情報の非対称性の存在を認識しておかないと、インターネットからの情報は判断を見誤る。

広告がPV指標依存から抜けられないのも、いくつかこの要素で説明ができる。別の指標で計測しようとすると、あまりにも実装に依存して媒体間の比較がしにくかったりする。PVを指標に用いるのは問題もあるが、シンプルで強力でもある。今のところその状況から抜けられてないのが、現時点におけるインターネットの限界だということだと思う。

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  2. 2

    虚偽の史実を広めた朝日は謝罪を

    門田隆将

  3. 3

    トランプ氏を手玉にとる安倍首相

    PRESIDENT Online

  4. 4

    覚悟ない子連れ議員にがっかり

    宮崎タケシ

  5. 5

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  6. 6

    山尾氏の集団的自衛権=悪は危険

    篠田 英朗

  7. 7

    サ市と断交?冷静な判断が必要

    米山 隆一

  8. 8

    慰安婦の日制定で日韓合意は破綻

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    子連れ登院の目的に抱いた違和感

    井戸まさえ

  10. 10

    詩織氏に届いた女性からの非難

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。