記事

インターネットは人生劇場で、アカウントは「おまいらの人生の物語」だ

1/2

orangestar.hatenadiary.jp
 
 そんなんでいいの? って言われましても。
 
 こういうの見ると、「おまいらの人生の物語」って短編集をつくりたくなりますね。自分自身も含めたインターネット発信者の生きざまを、いろんな角度からツラツラ書くんですよ。そしてカクヨムに投稿するのです!
 
 アフィリエイト。PV稼ぎ。はてな村。ライフハック。どれも立派な人生じゃあないですか、人間が人間として執着にしがみつく、そう、いろんな色彩を帯びた執着が、その人の気質・訓練度・歴史なんかと相混じってブログや動画に顕れてくるんですよ! ある者はアフィリエイトに夢中になり、ある者はゲーム実況に思春期を賭け、ある者は小さなネットコミュニティにこだわり、ある者は「三文ライフハック記事」をありがたがってみせる。
 
 人生。
 
 人生っすよね、全部。
 
 「あなたの人生の物語はそんなのでいいの?」
 とアジコさんは問われる。
 
 YES!
 
 私なら、YES!と答えますね。そしてアフィリエイト、PV、ブックマーク、はてな村、に夢中になっているブロガーの皆さんや、自由を求めて不自由な芸人に一直線のインターネット芸人の皆さんも、YESと答えなければならない。
 
 問うまでもなく、ブログに記されたもの、インターネット上で表出されたものが「おまいらの人生の物語」なんですから。インターネット拝金主義も、インターネット遊び人主義も、ブロガー同士で空気を読み合うのも、そのさまをネット上に表出させたら、それがあなたなんです。「わざとやってるんです」「芸ですよ芸」なんて面構えでやっていても、それも全部あなたの業です。インターネット上で何をやるのかは自由ですから、自由意思にもとづいて表出したそれらは、あなたの構成素子と言わざるを得ない*1。インターネットという環境をどう捉え、どう適応しようとしているのかを含めて、あなたが顕れてくるのです。
 
 「それがあなたの執着ですね!」ってやつですよ。
 
 昨今、アフィリエイトが大好きなネット発信者が増えました。や、昔も少数いたけれども、昔の人はどこかプロっぽくて、アマチュア臭い投稿でカネを稼ぎにかかる人の発生率が跳ね上がったのは最近です。
 
 そのような、お商売っぽいネットユーザーのブログ記事や動画投稿というのは、つまり、「お商売なおまいらの人生の物語」なんでしょうね。カネ。カネのためにブログを綴る。それも人生の物語じゃないですか。筆者にはYESと言う権利があるし、他人の評価がどうであろうとも、自分自身の人生の構成素子にYESと言って護る義務を負うのだと、私は思いますよ。
 
 で、こうやって、ブログ界・インターネット界には無数の「おまいらの人生の物語」が存在し、ぶつかりあい、摩擦を起こしながら寄り集まって、大河のような「時代」が形作られていく。
 
 某所でアジコさんは、「ブログが面白い・面白くない」のお話をされていたけれど、そうやって無数の人生の物語がぶつかり合いながら、あるタイプの人生の物語が浮かび上がりやすい場が衰退し、別のタイプの人生の物語が浮かび上がりやすい場が隆盛してきて。そういう「時代」の流れのなかで、ブログ遊び人主義な人生は顕れにくくなってきました。でもって、今、インターネットに顕れやすい人生の物語は何なのかっていうと、カネ、ネットビジネス、ソーシャルキャピタル*2、ですよね。だから、十年ぐらい前のインターネットの素人界で主流だった人生の物語を愛していた人には、面白い演し物が減ったと感じられるし、自分自身も演りにくくなったと感じられてしまう。

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏が語る民主党が消えた理由

    田原総一朗

  2. 2

    報ステのアベノミクス批判は乱暴

    和田政宗

  3. 3

    米も脱退 ユネスコはウソばかり

    中田宏

  4. 4

    加計学園問題の核心は解決済み

    石水智尚

  5. 5

    センスも大義もない民進・前原氏

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  6. 6

    マック赤坂氏ら泡まつ候補の訴え

    AbemaTIMES

  7. 7

    安倍首相の演説に各紙ツッコミ

    文春オンライン

  8. 8

    学問知らぬ共産のデタラメな主張

    WEB第三文明

  9. 9

    東名事故容疑者 恋人前だと豹変

    NEWSポストセブン

  10. 10

    よしのり氏 若者に媚びたら最期

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。