記事
  • mkubo1

為替介入は市場の流れには勝てない

予想通りG7で協調体制が合意しました。 円は、すべての主要通貨に対して下落しました。 ドル円は、日中じりじり円安が進んで、81円85銭まで売られました。 日経平均も何とか値を保った感じです。

今後も、介入は続けられると思います。 どれくらい介入できるか? 介入するときは、為券(政府短期証券の一つ)を発行して資金を調達するわけですがするわけですが、この発行限度額が145兆となっています。 現在の残高は約107兆ですから、最大38兆円の枠があるということになります。

ご存知でしょうが、介入のときは、為券を発行して資金を集めて、なんて時間のかかることはしません。 介入のときは、とりあえず、介入資金(円)を日銀に借ります。 その後、数日して、為券を発行して、資金を集め、日銀に借りたお金を返すわけです。 この数日と書きましたが、長いときは、何ヶ月と借りたままの状態にしていますね。 こうすることによって、市場に円を滞留させておくのです。

今後は、円高になれば、この38兆を使って、円売りを行うと思います。 38兆円で足りなければ、多分、補正予算で、数字(145兆円)を増額すれば済む話です。 今回は、G7のお墨付きですので、徹底して介入するのだと思います。

しかし、円安になるということは、いいことばかりではありません。 もし、今、1ドル=100円になったらどうでしょう。 かなり強烈なインフレ圧力がかかって来るはずです。 デフレの日本にとって、インフレは歓迎なはずですが、さて、本当に歓迎されるかどうか疑問だと思います。

輸入物価は、大きく上昇して、例を上げれば、ガソリンが200円になるということです。 円安ということは、インフレになりやすいのです。

加えて、東日本では、とんでもない規模の公共投資が行われるはずです。 いくつもの街が完全に破壊されたわけですから、復興にかかる費用は、阪神淡路大震災の比ではないと思います。 つまり、とんでもない資金が必要とされます。 ここにも、インフレ=金利上昇の芽があります。

このように考えますと、短期金利は低いままで、長期金利は上がりやすくなると思います。 日銀は、しばらく、ジャブジャブにせざるを得なく、インフレ率が上がる中で、実質金利がマイナスという、今までの日本では考えられないことが起こります。 この環境は、リスク・アセットにとっては、非常に好ましい状況になります。

これは、あくまで円安になったらの話です。しかも、好ましいインフレ率が条件になります。

もし、マーケットの(自然な)流れが円高あれば、それに向かっていくら(大規模な)ドル買い円売りをしても、最終的には、円高になってしまいます。過去の介入は、そういう結果になっています。もし、マーケットの(自然な)流れが円安であれば、流れを後押しする介入となるので、明確な円安トレンドが見えてくるはずです。要は、いくら介入しようが、最終的には、マーケットの流れには勝てないのです。

トピックス

ランキング

  1. 1

    北朝鮮は米空母に手も足も出ない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  2. 2

    軍部で金正恩氏を嘲笑する風潮?

    高英起

  3. 3

    Amazonで大「中華詐欺」が勃発中

    永江一石

  4. 4

    今村氏後任の吉野氏は"超"真面目

    早川忠孝

  5. 5

    二階幹事長「解散総選挙は近い」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    なぜ日本のニュースは媚びるのか

    文春オンライン

  7. 7

    日本が核保有チラつかせる選択も

    PRESIDENT Online

  8. 8

    参考人招致は実のある議論だった

    小林よしのり

  9. 9

    大阪人が東京人より親しめる理由

    PRESIDENT Online

  10. 10

    偏差値と奨学金延滞率 相関する?

    LM-7

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。