記事

お堅いPTAもフラットで柔軟な組織に変えられる!──委員会制を廃止し、手上げ方式を実現した父親たち

1/2
610PTO1.jpg
左)玉川広志さん/2015年度から、東京都大田区立嶺町小学校PTO団長。愛称「たまちゃん」。「こうちゃん」と共に、改革を進めてきた。アレルギー対応ハウスクリーニング「ワンラップコート鵜の木」代表。右)山本浩資さん/東京都大田区立嶺町小学校PTOで、2012~2014年度まで団長を務め、PTA改革を進めた。愛称「こうちゃん」。本業は、毎日新聞社会部記者。自身のPTA体験をまとめた著書『PTA、やらなきゃダメですか?』(小学館新書)好評発売中!

委員会制をやめ、すべての活動を「手上げ方式(完全ボランティア制)」にするなど、PTAを改革したことで知られる東京都大田区立嶺町小学校PTO。2012~2014年度まで団長を務めた山本浩資(こうすけ)さんこと「こうちゃん」と、2015年度から団長を引き継いだ玉川広志さんこと「たまちゃん」が、PTAについて語り合いました。聞き手は編集&ライター・大塚玲子(『PTAをけっこうラクにたのしくする本』著者)。前編は主に、改革に至るまでの道筋を掘り下げます。

「前例の壁」を突破すれば、次はいける

tamagawasan40.jpg僕らがやってきたこの数年間で、組織がものすごく変わったよね。PTAって一般的に「権威」みたいな位置づけなんだけれど、それをなくして、フラットになるようにしてきました。

大塚さん
「PTA」というネーミングをやめて、「PTO(学校応援団)」に変えたんでしたね。

tamagawasan40.jpgあとは「会長」が「団長」、「役員会(本部)」が「ボランティアセンター(ボラセン)」、「PTA便り」が「FUN+FAN(ファンファン)」になりました。

情報発信の仕方も、ずいぶん変えました。PTAが出すお手紙を口語体にしたり、ムービー(動画)を使ったり。

yamamoto40.jpgチラシもインパクトを狙ってね。これはPTOで「逃走中」のイベントをやったときのチラシですけれど、みんな黒いグラサンをかけている(笑)。

tosochu610.jpg

tamagawasan40.jpgでもこのチラシ、1回目のときは、学校から許可が下りなかったんだよね(笑)。サングラスはコワイからって。2回目はOKだったんだけど。

学校とかって、なんでも「前例」重視ですよね。前例が通れば、次はけっこう通してもらえます。最初の壁を突破するところが大変。だから、僕らはここまで全部大変だった(笑)。

yamamoto40.jpg
PTOのホームページを立ち上げるときも、説得するのに半年か1年くらいかかったね。

tamagawasan40.jpgメルマガを送るのもそう。今は当たり前にやっていることが、最初は全部大変でしたよ。

PTAから大変さを取り除いたら、楽しいはず

yamamoto40.jpg僕が最初にたまちゃんと会ったのは、会長になった1年目。2012年かな。たまちゃんはそのとき校外活動委員長だったから、地域でやる子ども向けのイベントとかで、よく顔を合わせていました。

tamagawasan40.jpgイベントのあと、みんなでよく飲みに行ったんです。2時、3時くらいまで残るのは、だいたい僕と、こうちゃんと、前任のPTA会長経験者の2人。最初、山本さんはいつもクダを巻いてたんですよ(笑)。PTAで、うまくいかないことについて。

yamamoto40.jpg夏休みのお祭りの後だね。初めて「アンケートをやろう」と提案して、みんなに反対にされていた頃です(笑)。

玉川さんが「こうちゃん、来年は一緒にやるよ」と言ってくれて、先輩会長の女性が「もう、あなた1人じゃないよ」と言ってくれた。それから勇気が出てきましたね。

大塚さん
玉川さんは、どうしていっしょにやろうと?

tamagawasan40.jpgPTAが確実に変わり始めているのを感じていたんです。例えば、運営委員会のやり方。当初はすごくカタイ会だったんです。司会が議事進行を務めます、みたいな。

yamamoto40.jpg
たまちゃん、最初の頃、よく寝ていたね(笑)。

tamagawasan40.jpgだってホントつまんないんですよ(笑)。紙で配ったことをひたすら読み上げる会だったので、「なんで、こんなのやってるんだろう?」って思うじゃないですか。

そうしたら2回目くらいから、山本さんが自分でマイクを持ってやり始めて。そういうのを見て「同じ感覚だ」と思った。やろうとしていることが一緒だったんですよ。

みんな、いろんなことをわざわざ大変にしているけれど、それを取り除いて行ったらもっと楽しいことになるはずだと、僕も思っていたから。

610futari.jpg

大塚さんみんな「前年通りにやらねばならない」と思っているから、なかなか「大変」な部分をやめられないんですよね。

tamagawasan40.jpg山本さんと飲みながらそんな話をして、「だよね!」とか言って盛り上がっているうちに、「一緒にやってもいいだろうな」と思いました。

とはいえ、「本当にできるのかな?」という気持ちもありました。「入ったはいいけれど、結局変えられなかった」となったら時間がもったいないな、と思ってしまい。それで一度山本さんに時間をとってもらって、近所の喫茶店で話をしたんだよね。

yamamoto40.jpg
コーヒーだけで3時間(笑)。

大塚さん
お父さんの青春か……。

tamagawasan40.jpgそれで「こういうことができるね、こういうことやりたいんだけど」っていろいろ話したら、「全部、たまちゃんの思うようにできるよ」と言われて。「それなら、やる」と言いました。

あわせて読みたい

「PTA」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田氏への疑惑が総裁選に影響か

    天木直人

  2. 2

    高額ギャラで寄付集める24時間TV

    渡邉裕二

  3. 3

    「野党は反対するだけ」はデマ

    小林よしのり

  4. 4

    「日本の技術はスゴイ」は勘違い

    Dr-Seton

  5. 5

    子どもの車内放置 親へ忖度不要

    岩永慎一 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  6. 6

    川上量生氏「批判は私が受ける」

    川上量生

  7. 7

    エアコン我慢には何の価値もない

    赤木智弘

  8. 8

    川上量生氏の独白 都が裏取引か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    山本太郎氏ら懲罰の議長こそ問題

    猪野 亨

  10. 10

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。