記事

戦時国際法を無視する日弁連

日弁連が「安保法は立憲主義に反し憲法違反です」という面白い題材をくれたので久々にブログを更新してみます。このタイトルも井上武史氏が指摘するように不正確な言葉遣いですが、素人向けに作られた3コマ漫画にその主張のおかしさはにじみ出ています。

漫画の3コマ目で日本の一般市民が紛争相手国からの報復宣言に戦慄してる場面があります。しかし、もしこのあと日本が攻撃された場合、非戦闘地域の非戦闘員への攻撃なので明らかに戦時国際法違反です。

「戦時国際法」という名の通り、これは「戦争中であっても"何でもあり"というのはやめよう、最低限のルールは守りましょう」というもので、日本が極東軍事裁判で裁かれたのも建前上はこの法律に対する違反でした。当然、日本国憲法よりも歴史は古いのです。

日弁連は、日本国憲法の前文「日本国民は、(中略)平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」を信じているのに、仮に戦争になれば他国は戦時国際法も守ってくれないという想定なのでしょうか?

日本が憲法を守っていれば、戦時国際法も守れない国が日本への攻撃をためらうというのでしょうか?とても不思議な世界です。

この不思議世界、ネトウヨさんからいつも「お花畑」と揶揄される脳内妄想は漫画の1コマ目にもよく現れています。

それはまるで日本国憲法が他国の戦争から日本列島を守ってくれているかのような描きっぷりだからです。

漫画は憲法が日本政府に対して「ダメ!」と制止しているように描かれていますが、この絵はあたかも「日本国憲法が日本国民を戦争から守っている」かのように受け取れます。では、現実はそうなのでしょうか?

日本国憲法は当然他国を縛る規定ではないし、その権能もありません。だから実際には憲法は他国から日本を守ることはできない。どう頑張っても日本の参戦を阻止する機能しかないわけです。

しかし日本国憲法が他国にとって無能だとしても、戦時国際法は存在します。もちろん実態は紳士協定のようなものですが、少なくとも「諸国民の公正と信義に信頼」する日本国民はこれが守られるという前提を疑ってはいけないはずです。

なのになぜ、日弁連の漫画では日本国民が戦時国際法で自分たちを守れることになってないのでしょうか?

日本国憲法があれば世界の誰も手出しできないのに、なくなった途端に戦時国際法も無視するような非道な世界がそこにあるのでしょうか?

日本国憲法にはそんな魔力があるのでしょうか?不思議で不思議でたまりません。

あわせて読みたい

「日弁連」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  2. 2

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  3. 3

    北朝鮮の狙い通りに騒ぐマスコミ

    AbemaTIMES

  4. 4

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  5. 5

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  6. 6

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    正恩氏の下半身まで暴く名物記者

    PRESIDENT Online

  8. 8

    米紙 日本の慰安婦像抗議は過剰

    NewSphere

  9. 9

    早期解散する自民党の強迫観念

    吉崎達彦(かんべえ)

  10. 10

    加計学園 地元の今治市民がデモ

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。