記事

【動画】「踊ってみた」からVR耳かきまで 「ニコニコ超会議」に15万人



 インターネット動画配信サイト「ニコニコ動画」主催のイベント「ニコニコ超会議2016」が4月29日、30日に千葉市の幕張メッセで催された。

過去最多の来場者数

[写真]耳かきをVRでバーチャル体験。隣に女性が座っているが、特に女性が何かをしてくれるわけではない

 ニコニコ超会議は2012年に初開催されたが、安倍晋三首相をはじめ芸能人や文化人らが来場するなど、一般的にも認知度の高いイベントに成長。今年の来場者数は、2日間で過去最高となる約15万人を記録した。

 これまでに「自衛隊」や「大相撲」といった若者向けとは思えないようなブースを出展して新たなファン層を開拓してきたが、今年はNHKが目玉となる大河ドラマ「真田丸」のブースを出展。出演者のキャストが飛び入りで来場するなど、サプライズに会場は多いに沸いた。

[写真]国民的テレビゲーム「ドラゴンクエスト」のキングスライムの展示を記念に撮影する人は絶えなかった

 従来から人気の「踊ってみた」や「歌ってみた」「ゲーム実況」などのブースも充実しており、多くのファンが1年に1回のお祭りを楽しんだ。会場には多くのコスプレイヤーが参戦し、撮影会があちこちで自然発生。ニコニコ超会議はファンミーティングといった側面もあり、趣味が共通するファン同士が交流を温め合う場面も見られた。

[写真]競輪のブースでは参加者同士で自転車を漕いで、レースを体験

 ニコニコ超会議の来場者は、ディープなアニメやマンガ、ゲームといったいわゆる“マニア層”ばかりではない。一般向けのブースも多数ある。

 JALブースでは、親子連れやカップルがふかふかのビジネスクラスのシートに身を委ねて、その快適性を体験。フェイスペイントのブースでは、家族連れ姿が目立ち、完成後に記念撮影で盛り上がった。

[写真]若い人には馴染みはないかもしれないが、30代以上にはよく知られているCM「バナナで釘を打つ」にチャレンジ

 「モービル1」のブースでは、1970年代から80年代にかけて放映された伝説のCM「バナナで釘」を再現するために極寒の部屋を用意され、来場者たちは防寒着を羽織ってバナナで釘打ちに挑戦した。

(小川裕夫=フリーランスライター)

あわせて読みたい

「ニコニコ超会議」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本を分断する母への歌詞批判

    幻冬舎plus

  2. 2

    よしのり氏「安倍首相を評価」

    小林よしのり

  3. 3

    田原氏 保守に生じたねじれ指摘

    田原総一朗

  4. 4

    「40歳定年制」を考えるべき理由

    城繁幸

  5. 5

    全国民に7万円 困るのは低所得者

    PRESIDENT Online

  6. 6

    「おかあさんだから」に千秋共感

    NEWSポストセブン

  7. 7

    「貧困は自己責任」落語家が炎上

    キャリコネニュース

  8. 8

    竹島の日 5人殺した韓国忘れるな

    赤池 まさあき

  9. 9

    保育園はイヤ…潜在保育士の本音

    川名 ゆうじ

  10. 10

    音喜多氏ブロガー議員批判に反論

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。