記事

報道の自由について

報道の自由度ランキングで、日本の順位が落ち続けているというニュースがあった。このランキングの内容については、英語版のwikiが詳しい。 https://en.wikipedia.org/wiki/Press_Freedom_Index

また、報道の自由度ランキングの計算方法については、https://rsf.org/en/detailed-methodology … に詳述されている。ランキング算出の基礎になっている質問のリストは、https://rsf.org/…/defa…/files/indexquestionnaire_anglais.pdf … にpdf fileがある。

言うまでもないことだが、経済が情報化、ネットワーク化して、いわゆる「破壊的イノベーション」が文明を進める原動力になっている今日において、報道の自由なしで、継続的な経済成長を続けることは難しい。

近年の中国のように、製造業を中心に(「世界の工場」)経済発展してきた国では、一時的には報道の自由なしの経済成長が可能かもしれないが、経済の情報化に伴うイノベーションというフェイズになると、成長を続けることは難しいだろう。

日本における報道の自由が低下しているということは、すなわち、日本の社会のマインドセットが「発展途上国型」に戻りつつあるということで、これは日本の国益にとってよいことであるはずがない。

政治家や政府が、自分たちに都合の悪い報道がなされることに対するネガティヴな感情を持つことは自然なことである。しかし、報道の自由が国の中長期的な繁栄の必要条件であることを正しく理解すれば、自らに不利なことでも報じる自由を確保することが国益に叶うとわかるはずだろう。

結局、報道の自由が低下するのは、政治家、政府が、本当の意味での国益を考えていないか、あるいは政治を私物化しているか、あるいは、国益の保護、という名の元に、実際には国家の発展の基礎について十分な考察をしていない場合に、起こる事象なのである。

ところで、報道の自由の受益者であるはずのメディアが、諸外国からのその異常性を指摘されている「記者クラブ制度」を維持していることは理解できない。政治家や政府に対する批判的思考を、自分たちにも向けることは大切だろう。

… … には、ジャーナリズムの専門家を要請する高等教育プロセスがあるか、という項目もある。日本では、そもそも、報道の自由の理論的、実践的な専門家を養成するプロセスが脆弱なのかもしれない。

Press Freedom Index - Wikipedia, the free encyclopedia
The Press Freedom Index is an annual ranking of countries compiled and published by Reporters Without Borders based upon the organization's…en.wikipedia.org

あわせて読みたい

「報道の自由」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クロ現「縁切り死」特集に大反響

    キャリコネニュース

  2. 2

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  3. 3

    リスク取らずの進次郎は負け組

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    進次郎氏が石破茂氏についた理由

    PRESIDENT Online

  5. 5

    「年収400万円の底辺」に違和感

    キャリコネニュース

  6. 6

    倉持由香 人生初の遺書で覚悟

    倉持由香

  7. 7

    安倍首相の粛清に怯える議員たち

    NEWSポストセブン

  8. 8

    総裁選の敗北者に待つ悲惨な末路

    文春オンライン

  9. 9

    NHK桑子アナのコメント力に苦言

    メディアゴン

  10. 10

    ひろゆき流 不味いタバコで減煙

    西村博之/ひろゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。