記事

公共料金はなぜオンラインで支払えないのか

この記事には答えは書いてありません。タイトルで終わりです。

 人間、時に、素朴で巨大な疑問を抱くことがある。すごく素朴な疑問なのに長年答えがわからない疑問。みなさんにはありますか?私は幾つかあります。その内の一つが、「公共料金はなぜオンラインで支払えないんだろう」という疑問です。そんなことはググればすぐに分かるんじゃないか?、と思うでしょう?


 公共料金はなぜオンラインで支払えないんだろう?もう長年にわたって抱き続けている疑問だが、未だに答えが分からない。

 これだけ何もかも「ネット化」している時代に、なぜ公共料金はオンラインで支払えないのか。

 私はある時、あまりにも気になって仕方なくなり、ネットで検索して調べてみた。きっと同じような疑問を持ってる人は他にもいっぱいいて、その内の誰かがヤフー知恵袋のようなところで質問しているのではないかと思ったのだ。

 しかし、驚くべき事態が待っていた。なんと!…無かった。「公共料金_オンライン_支払い」など、ありとあらゆる言葉で検索をかけてみたが、一件もそのようなことを解説しているサイトも質問を発しているサイトも見つからなかった。そのような疑問の「つぶやき」すら無かった。

 ここで、新たな巨大な疑問が生まれた。それは、「どうして誰も、公共料金がオンラインで支払えないことに疑問を抱いていないのか?」という疑問だ。

 即ち、
第一の疑問:公共料金はなぜオンラインで支払えないのか?
第二の疑問:なぜ、公共料金がオンラインで支払えない理由を誰も問うていないのか?
という二つの疑問ができた。

 そして、私の中では、元々あった第一の疑問よりも、むしろ第二の疑問の方が日増しに大きくなっていった。

 もちろん、世の中の人々の関心は人それぞれで、公共料金の支払い方法なんかに興味がない人がたくさんいるのは分かる。そんなことより、ゲームやアニメに関心がある、政治の問題のほうが、という人は多いだろう。

「それは、やはり皆、現状の支払い方法に特に不満がないからじゃないですか?」

と言うのも分かる。現状に不満を持っていない人が多いであろうことは私にも想像はつく。

 でも、日本に一人ぐらい、このことに疑問を持つ人がいてもよいではないか。別にオンラインという選択肢があってもよいではないか。

 些細なことと言えば些細なことだが、しかしそんなにマニアックな話だとも思わない。一部の人にしか関係のない話、というわけでもない。公共料金の支払いなんて全国の大部分の人に関係のある話なのに、どうして誰一人、疑問の声を上げていないのか。

 「セキュリティ上の理由」とか「犯罪抑止のため」といった理由だろうか?しかし、これだけネットショッピングなどが普及している現代にあって、この理由は説得力に欠ける。

 繰り返しになるが、「現状の支払い方法に不満がないから」というのは答えになっていない。これだけ、世の中の何もかもが「ネット化」している時代にあって、公共料金だけがオンラインで支払えないというのは、私は「異常」なことと感じる。

 不思議で不思議で、たまに(ごく稀に)夜も眠れない。

 というわけで、理由を御存知の方がいたら、私のツイッターアカウント(@ryutype)宛てにでも教えてください。

「あなたが知らないだけで、本当はすでにオンラインで支払えるんですよ」というのでもいいし、「私もずっと疑問に思ってました!」という共感の声だけでも有り難いです。

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    平然と行われる男性へのセクハラ

    sionsuzukaze

  2. 2

    よしのり氏 昭恵氏は世間知らず

    SmartFLASH

  3. 3

    娘の闇…Yahoo!知恵袋で衝撃展開

    キャリコネニュース

  4. 4

    よしのり氏 青木理氏の詭弁指摘

    小林よしのり

  5. 5

    橋下氏 天敵の米山氏辞任に言及

    AbemaTIMES

  6. 6

    次官セクハラで核心避けるTV報道

    メディアゴン

  7. 7

    希望解党で長島昭久氏の去就は

    早川忠孝

  8. 8

    自民議員 ツイート批判受け謝罪

    長尾敬

  9. 9

    美智子さま 紀子さまに不信感も

    NEWSポストセブン

  10. 10

    麻原三女 西田教授の回答を公開

    松本麗華

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。