記事

NHKとBBCのネット同時提供ポリシーの比較

先日の熊本地震の一報を知ったのは、ミラノでのセッション中だった。ヤフーニュースアプリの臨時ニュースのアラート機能で、スマホに「震度7」という知らせが来たのである。すぐに、サイトで確認して、周囲の日本人に知らせた。

セッション中ではあったが、ネットでいろいろ情報を収集しているうちに、NHKのnews webがネット同時提供中だと知った。さっそく、アクセスすると、スタジオからの映像が見られた。たいへん貴重な情報だった。

そのことをツイッターで書いたら、外国にいる他の方は、地域制限で見られないという指摘をいただいた。後に、ホテルに戻ってやってみたら、本当にそうだった。スマホの海外ローミングを使っていたため、見ることができたらしい。

地震などの重大なニュースをネットで同時提供する時、地域制限を外すかどうかについては議論があると思う。制限があるべきだという理由はわかりやすい。NHKの放送が受信料に基づくものだから、その受益者(負担者)は国内にいる、という論理である。

一方、地域制限を外すべきだ、という議論にも、説得力がある。海外に旅行中の日本人(その多くは受信料の負担者だろう)や、海外に居住中で、日本に家族や友人がいる人たち、あるいは日本語や日本に興味のある外国人にとって、ネット同時提供のニュースは貴重な情報源だ。

一つ、事実として書いておきたいのは、BBCのポリシーである。BBCのネットでの番組提供は遥かに先行していて、iPlayer http://www.bbc.co.uk/iplayer では一部を除いて全番組が過去1ヶ月に遡って視聴することができる。しかし、普段は地域制限がかかっている。

iPlayerに地域制限がかかっているのは、BBCの受信料を負担している人がイギリス国内にいる、という理由で、NHKと同じであろう。しかし、BBCは、重要なニュースの時は、ニュースをwebで提供して、しかも地域制限をかけない。

受信料の成り立ちや、公共放送としての性格がNHKに似ているBBCが、重要なニュースの時には地域制限をかけずにwebで同時提供しているということは、その理由付けも、NHKが採用できるものであるはずだ、ということを強く示唆する。

これは私見であるが、今回の地震のような重要なニュースの時は、NHKは地域制限をかけずに、ネット同時放送をすべきだと思う。その際の理由付け(正当化事由)は、BBCのそれが参考になるはずだ。すでにご検討されているかもしれないが、これを機会に是非実現に向けてがんばっていただきたい。

BBC iPlayer
Watch live BBC TV channels, catch up on TV programmes you missed and view exclusive content on BBC iPlayer.bbc.co.uk

あわせて読みたい

「熊本地震」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  2. 2

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  5. 5

    真逆に報じられた仏大統領発言

    西村博之/ひろゆき

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    石破氏「解散の意義わからない」

    石破茂

  9. 9

    老後の同窓会は成功者しか来ない

    NEWSポストセブン

  10. 10

    北外相 太平洋での水爆実験示唆

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。