記事

バラエティ番組も麻雀も、自粛なんて全く必要ない

サイバーエージェント×テレビ朝日で始まったばかりのネットTV放送局「AbemaTV」で予定されていた、「坊主麻雀」が放送延期になったことによって、出演予定だったホリエモンがお怒りの模様です。


まぁ、仰る通りですね。限りある公共の電波枠を使用する地上波局はまた別の社会的使命があるとしても、マルチチャンネルのネット放送局においてはバラエティ番組に「枠」を使ったところで、災害報道が滞るなんてことはないワケで、何の為に自粛をするかといえば、結局、そこから予見される社会的批判を避ける為の保身でしかないんですよね。

ただ、いわゆる「良識のある人々」から批判を受けることを承知で申し上げますと、我が国では例えば競馬ですらこのような災害時に自粛する必要性がないどころか、寧ろ積極的にそこから上がった 収益を災害復興の為に拠出することが法律上定められております。以下、競馬法からの転載。
(収益の使途)
第二十三条の九  都道府県は、その行う競馬の収益をもつて、畜産の振興、社会福祉の増進、医療の普及、教育文化の発展、スポーツの振興及び災害の復旧のための施策を行うのに必要な経費の財源に充てるよう努めるものとする。
(注:下線は筆者)
賭博業界に身を置く私がこのような「言い回し」をするのは本来は不本意ではあるのですが、この局面なのであえて申し上げれば、この国では公営の賭博事業、すなわち世間的には最も「不謹慎」批判を受けるであろう事業である競馬「すら」も、むしろこういう局面で積極的に事業を開催し、その収益を災害に振り向けるべきものとして法律で定められているワケです。であるのならば、なぜバラエティ番組の放送や、麻雀も含めて、民間が行う様々な事業活動の自粛を行う必要があるのでしょうか。

ちなみに本日4月17日は、中央競馬において最も格式のあるレースの一つ、皐月賞の開催日です。当然ながら、中央競馬会はレースの自粛なんてすることなく、粛々とレースの開催準備を進めているワケで、何か文句を言ってくる人間が居たら「行政機関である中央競馬ですらギャンブルやってるんだぞ。何で民間が事業の自粛をする必要があるのか」って言ってやれば良い。

寧ろ、幸いにも被害を受けなかった人々はどんどん経済を廻して、稼いで、その分を被災地に向かって振り向けましょう。それが、地震大国たる我々日本が、過去の数々の災害を経験しながら学んだ教訓であったはずです。

あわせて読みたい

「AbemaTV」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    民進議員パワハラ"あまりに酷い"

    和田政宗

  2. 2

    ホンダは「怖いもの知らず」

    片山 修

  3. 3

    "まとまらない"民進党の深刻な病

    週刊金曜日編集部

  4. 4

    日韓対立煽動に利用された"神話"

    WEDGE Infinity

  5. 5

    "スーツ恐怖症"の投稿に共感続々

    キャリコネニュース

  6. 6

    住宅予算を1000万円下げる生活

    PRESIDENT Online

  7. 7

    "過労死予備軍"を量産する業種は

    PRESIDENT Online

  8. 8

    "ネコ"ノミクス 経済効果は2兆円

    キャリコネニュース

  9. 9

    すぐに眠くなる人は病気なのか

    PRESIDENT Online

  10. 10

    森友学園 メディアの姿勢に疑問

    源馬謙太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。