記事

広島宣言でも二枚舌を使った安倍政権

先に発表された「広島宣言」は、G7外相会合で採択されたもので、その正文は英語で書かれている。それを日本語に翻訳したものを国内向けに発表したわけだが、そこで恣意的な改ざんを加えていたことが発覚した。核保有国に遠慮して原爆の「非人道性」という言葉は避けたものの、「壊滅と非人間的な苦難」という言葉を使って、辛うじて被爆国としての真情を表現したように思われた。新聞ではそのように書かれていた。だがその正文の用語は human suffering だったというのだ。

 この言葉では、人間の経験する苦難一般を表現するに過ぎない。最初に連想するのは貧困だろう。その前にimmense devastation and(巨大な破壊と)と書いてあるから原爆のことを言っているのはわかるが、少なくとも inhuman suffering でなければ「人間にあるまじき苦難」の意味にはならない。正文のままでは、形容詞の immense が suffering までかかるとしても、大量の死者が出たことさえ表現していない弱い表現になっている。 inhuman では crime against humanity (人道に対する罪)を連想するというので嫌ったのだろう。

 このように外向けには卑屈とも言える弱気な宣言を出しておいて、内向きには国民感情を意識して「非人道性を認識させた」かのような訳文を出していたわけだ。とどのつまりは、G7外相会合を利用して、「世界に平和を訴えた日本」を演出して見せたのが一連の行事だったのだ。全体を通して、選挙目当てらしい、うさん臭さが漂っていたものの実体がこれだった。

 英文と訳文との相違を指摘された外務報道官は、新聞記事によると「必ずしも辞書に出ている訳を一対一で定訳として当ててはいない」として、訳文は適切で問題ないと答えたということだ。学校の英語の試験では、どんな点を取っていたのだろう。

 外国向けと国内向けで言うことが違っても気にしない。選挙に得になることなら何を言っても構わない。安倍政権の二枚舌は、広島宣言でも徹底していた。

あわせて読みたい

「核兵器」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナンパの聖地 コリドー街に驚き

    内藤忍

  2. 2

    よしのり氏 禁煙巡るヤジ許せぬ

    小林よしのり

  3. 3

    世界称賛 必見の和製ゾンビ映画

    松田健次

  4. 4

    舛添氏 国会ヤジ問題で党に苦言

    舛添要一

  5. 5

    思い出のブロック塀が安全を阻む

    赤木智弘

  6. 6

    問題解決能力のない国会に改革を

    玉木雄一郎

  7. 7

    「医師に拳銃を持たせて」の真意

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    「万引き家族」ストーリーに疑問

    (チェコ好き)

  9. 9

    新AppleWatch 物理ボタン廃止か

    フォーブス ジャパン

  10. 10

    フェアプレー精神がない安倍政権

    階猛

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。