記事

女版『孤独のグルメ』ゆるゆるの主人公に男性読者がデレデレの理由

永浜敬子=文

『花のズボラ飯』の女主人公のファンになる男たち

女性漫画雑誌『Eleganceイブ』で連載されている『花のズボラ飯』をご存じだろうか(文末に試し読み2本分あり)。

同誌は、大人の女性を対象とした老舗の女性漫画雑誌である。ところが、男性に人気の連載もある。単身赴任の夫を持つ主婦・駒沢花が主人公の『ズボラ飯』である。


『Eleganceイブ』で連載されている『花のズボラ飯』(原作・久住昌之、漫画・水沢悦子、秋田書店)。1~3巻が発行中。

同作品は、数年前に連載が初めて単行本化され、実写ドラマ化もされた(倉科カナ主演)。そして、昨年末、3年8ヶ月ぶりに待望の第3巻が発売され、またしても大ヒット。「おかげさまで累計70万部以上になっています」(同誌編集長・石井健太朗氏)。興味深いのは、読者の5割近くが男性ということ。なぜ、女性向け作品がウケているのか。

原作は、あの『孤独のグルメ』の久住昌之氏である(作画は漫画家・水沢悦子氏)。

主人公の花は、30歳。部屋で、服は脱ぎっぱなしだわ、雜誌が散らかってるわ、ソファで昼寝するわ、Tシャツに下着だけの姿で部屋をウロウロするわ……。食べた後の食器の洗い物は、明日にしちゃえ! と、ズボラな日常が描かれている。

あまり褒められた生活ぶりではない。でも、取り柄はある。30歳の主婦といっても、まるで中学生のような童顔の花なのだ。体形も、ややぽっちゃり。加えて、食べることが大好きで、残りものや冷蔵庫の中にあるもので、ささっと料理を作るのが得意。そこが最大の長所だ。

『孤独のグルメ』の中年主人公・井之頭五郎は仕事先でふらりと入った店でのひとり飯を「実況中継」したが、花は、もっぱら自宅での女ひとり飯を、自分で作って、食べる。

料理は、めんつゆやお茶漬けのもと、インスタント麺など、どの家にもある市販品を使った文字通り「ズボラ飯」。といっても、そこには様々な工夫やアイデアが盛り込まれており、いわゆる「手抜き料理」とは一線を画すのだ。

例えば、「シャケトー」として数々のメディアで紹介され、有名になったメニューは、自宅に残っていた鮭フレークにマヨネーズを加えて練ったものをパンに塗って、オーブントースターで焼く。これを、花がおいしそうにパクパク食べる。読んでいるだけでお腹が空いてくる。

ほかにも……。
・コンビニおにぎりにわさびをのせて、お茶をかけるだけのお茶漬け
・丼にご飯を盛って、ぐちゃぐちゃに崩した豆腐を乗せ、その上にめんたいこ、刻みねぎとバターをひとかけ乗せてレンジでチン

と、いたって庶民的だが、思わず「いいね」と言いたくなるメニューが次から次へと登場する。

「ゆるい感じが絶妙」「こんな女性と結婚したい」

花の「んっ、んっ、 ウンマ~~ッ」と無邪気な表情で言いながら、もりもり食べる食べっぷりのよさも読者に好評だ。特に、男性読者に。

「女性のひとり暮らしを覗き見している感じ。とにかく花が可愛いんです。世の中、カリカリしている女性が多い中で、こんなおっとりしたキャラは癒やしになります。ゆるい感じが絶妙。こういう女性なら彼女や奥さんにしたいですね」(29歳・独身男性・IT)

「ウチの奥さんは専業主婦ですが、子供のお弁当も、夕食のおかずも、冷凍食品が中心。花も、使う食材は、冷蔵庫の残りものですが、ひと手間かけている。アイデアとおいしく食べてやるという執念みたいなものを感じる。食材は一流ではなくても知恵を使う母親的なスキルに尊敬してしまいます」(35歳・男性・商社)

作品中でひとりごとをつぶやいているシーンが多いのも、花に親しみを感じる要因だという男性読者は多い。それもオヤジギャグやダジャレ。そうしたスキの多い印象が男性にはたまらない。完全に鬼嫁の尻に敷かれている40、50代の昭和のおじさん読者には、理想の嫁像として圧倒的に支持されているようなのだ。

さらに料理通の心をもとらえる。「料理あるある」が散りばめられているからだ。花はあるとき、こんな台詞をつぶやく。

「何回やっても、1人分のパスタの麺の量がキマラナイ女。多いかと思うと少ないし、少し多めに茹でると残る。でも、いちいち重さなんて量ってられないし」

わかる、わかる。ページをめくるほどにそんな共感が広がるのだ。

「グルメは昔からある漫画の普遍的なテーマですが、現在、グルメ漫画は細分化されています。そこで『孤独のグルメ』の女性版を作れないかと久住昌之さんに打診したのが連載の始まりです」(編集長・石井氏)

話題のレシピからストーリー、セリフまですべて久住氏が原作。そこに漫画化の水沢氏ほどよくがアドリブを入れ、花のキャラクターが生き生きと描かれている。

レシピの斬新さと素材の身近さ、そして実際に作ってみるとおいしい。さらにキャラクターの可愛さも加わって大ヒットにつながった、と石井氏は語る。

女性からは「あるある、そうそう」、さらに「ズボラだっていいじゃない!」と共感を得る一方、男性からも、そんなに美人じゃないけど、可愛くてちょっと抜けたところがある花に好感を抱く。


単行本の表紙カバー裏には、主人公・花の無防備な様子の絵が描かれている。男性読者へのサービス?

Tシャツに下着だけというズボラな姿は、肌の露出度も多く、ちょっぴりセクシー。恍惚の表情で食べる花もエロ可愛い。夫が単身赴任中でも家事を完璧にこなして、いつも身奇麗にしているより、洗濯物がたまっていたり、散らかったりしている部屋でズボラ飯を食べている妻のほうが可愛げがあって、安心できる。そんな男性読者の声が多い。

誰しもが思い当たる日常のズボラな経験。そんなちょっと人に知られたくないズボラな部分を共有できる花は、現代ニッポンにおける皆の理想の友達であり、恋人であり、奥さんなのだろう。

■『花のズボラ飯』第1巻試し読み
http://arc.akitashoten.co.jp/comics/elegancecomic/1
■『花のズボラ飯』第2巻試し読み
http://arc.akitashoten.co.jp/comics/elegancecomic/2

あわせて読みたい

「漫画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    "昭恵氏のメールに辻元氏"はデマ

    辻元清美

  2. 2

    NHKクロ現の内容に芸能プロ激怒

    渡邉裕二

  3. 3

    石破氏"行政の対応は極めて異例"

    石破茂

  4. 4

    昭恵氏を証人喚問しないのは卑怯

    小林よしのり

  5. 5

    "安倍ポチ"西田氏は保守ではない

    小林よしのり

  6. 6

    誰が書いた? 昭恵氏FB投稿に懸念

    郷原信郎

  7. 7

    昭恵氏メール報道 TVで印象操作?

    小林よしのり

  8. 8

    "夫人秘書FAX"は忖度になるのか

    大西宏

  9. 9

    森友問題 財務省が"最も不誠実"

    福山哲郎

  10. 10

    仏紙が報じた森友学園事件の全貌

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。