記事

うーん、無期限の出場停止処分はちょっと重過ぎますね

文科省やオリンピック担当大臣の剣幕に恐れをなしたのだろうが、初犯者に対しての無期限出場停止処分は如何にも重過ぎる。
件のバドミントン選手のオリンピックへの出場を認めないのは当然だが、本人も反省し、悔い改めることを誓約しているのだから、罰は2等級ぐらい軽減してあげるのがいい。

スポーツ選手には一切再チャレンジを認めない、というのは些か過剰反応で、選手生命を奪いかねない無期限の出場停止などの処分はもっと犯情の重い非違行為、犯罪行為に対して適用すべきだろう。

こういう処分をするときは、やはり中立公正な第三者機関が関わるのがいい。
世論がどのあたりの処分を求めているか、ということも慎重に検討すべきである。
こういう処分に対しての不服申し立て手続きが用意されているのかどうか知らないが、適正手続保障の観点から弱い選手の立場をしっかり守ってあげることも大事である。

要は、正義の相場観の問題だが、私にはどうもこの無期限の出場停止処分は重過ぎるように思えてならない。
誰か動いてくれないかしら。

あわせて読みたい

「バドミントン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大雪で帰宅命令より朝出社禁止に

    かさこ

  2. 2

    幸福の科学 総裁長男が衝撃退職

    女性自身

  3. 3

    橋下氏 会見開いた岩上氏を批判

    橋下徹

  4. 4

    東京は費用対効果的に雪対策ムリ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    性行為なしの援助交際続ける少女

    渋井哲也

  6. 6

    白米を食べられない子供が増加中

    NEWSポストセブン

  7. 7

    堀江氏「新幹線高すぎ」に反響

    THE PAGE

  8. 8

    センター国語に直木賞作家が挑戦

    NEWSポストセブン

  9. 9

    羽生竜王vs藤井四段 対局は幻に?

    大村綾人

  10. 10

    安倍首相が平昌を欠席すべき理由

    門田隆将

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。