記事

小保方氏のHP開設と繰り返される「流言」の意味

[写真]2014年4月に会見した小保方晴子氏

 小保方晴子氏が「STAP HOPE PAGE」というホームページを開設したことが3月31日から4月1日にかけて報道されました。時事通信によれば、代理人の弁護士には数日前に本人からメールで連絡されていたといいます。したがって以下、このホームページは小保方氏本人が開設し、運営しているものとして話を進めます。

 また4月1日ごろから、「STAP現象が理研で再現されていた」という情報の書き込みがネット上で流布しました。

 STAP HOPE PAGEにも、ネットに流布している情報のなかにも、現時点で筆者には検証不可能なものもありますが、ある程度までは検証可能なものもあります。小保方氏のホームページに書かれていることの意味と、「STAP現象が再現」という情報について解説してみます。

【写真】「STAP論文」を調査委が否定 再現実験はムダだった?

小保方氏の「STAP HOPE PAGE」

[画像]「STAP HOPE PAGE」と題されたホームページ

 このホームページは全文英語で書かれています。冒頭で小保方氏は

“まず私は、2014年に『ネイチャー』で公表されたSTAP論文について、深い自責の念と心からのお詫びを表明いたします。私はそのSTAP論文について深い責任を感じ、科学者として、不注意によるミスを恥ずかしく思います。”

と3月25日付で述べています。小保方氏がこれまでの一連の結果は、「研究不正(research miscondut)」ではなく「ミス(mistake)」によるものだと認識していることがわかります。

 また小保方氏はこのホームページの目的を、以下のように書いています。

“このウェブページ(ホームページ)を始めた目的は、STAP細胞の作製が成功しているということの確実な証拠を示すであろう情報を科学コミュニティに提供することです。したがって私は、ほかの科学者がそれを実現できることを願って、STAP細胞をつくるための私のプロトコル(手順書)をオープンに提供します。”

 つまり、このホームページの読者として前提とされているのは科学者であり、その目的は科学コミュニティへの情報提供だというのです。であるとするならば、ホームページの開設という方法は適切ではありません。

 小保方氏らは2014年1月に公表した『ネイチャー』の論文と同年3月に公表した「プロトコル」で、STAP細胞を作製した方法を示しましたが、それらは理化学研究所による「STAP現象の検証」、いわゆる再現実験(追試)によって、すでに2014年12月の段階で否定されています(なおこの検証結果は現在、検証の責任者・丹羽仁史氏が論文にまとめて学術誌に投稿しており、その原稿を「bioRxiv」という論文原稿共有サイト(プレプリントサーバー)で読むことができます)。

 また同じ2014年12月には、理研の「研究論文に関する調査委員会(第二次調査委員会)」が研究不正を調査した結果として「研究論文に関する調査報告書」を公表し、STAP細胞とされたものはES細胞である可能性が高いこと、新たに2点の研究不正があることを明らかにしました。

 また2015年9月には、世界7つの研究グループが、論文やプロトコルの方法を追試(再現実験)したところ、STAP細胞をつくることができなかったと報告しています。この報告は『ネイチャー』の「BRIEF COMMUNICATIONS ARISING」という欄に、小保方氏らの(撤回された)論文に対する批判的コメントとして書かれています(Nature 525(7570):E6-9, 2015)。

 また同じBRIEF COMMUNICATIONS ARISINGでは、理研の研究者らがSTAP細胞と思われるものを科学的に調べたところ、ES細胞に由来するものであることが分かったと報告しています。こちらは第二次調査委員会で実務を担当したメンバーが著者になっており、内容もその調査報告書に準じたものになっています(Nature 525(7570):E4-5, 2015)。

 小保方氏はこのSTAP HOPE PAGEで「STAPの背景」や「STAP細胞のプロトコル」、「STAP検証実験の結果」なるものを書いています。「背景」では、

“理研におけるSTAP細胞調査の最終報告書によれば、キメラマウスはすべて、細胞株もテラトーマもES細胞に由来し、STAP細胞ではないことがわかりました。しかしながら、STAP様細胞からのテラトーマ形成だけは、ハーバード大学のヴァカンティ博士の研究室で、2010年にすでに確認されています。”

としています。

 テラトーマ(奇形種)形成とは、ある細胞が多能性(さまざまな細胞になる能力)を持っているかどうかを確かめるための基準の1つです。STAP細胞を報告した『ネイチャー』論文ではできたと主張されましたが、理研の「STAP現象の検証」では、もっと確実な「キメラ」胚の作製という方法が優先され、その結果、何もできなかったので、必要なしと判断され、省略された方法です(後述)。「STAP様(よう)細胞(STAP like cells)」とあるので、博士論文のもとになったとされる論文の研究を指しているのかもしれません(Tissue Eng Part A. 17(5-6):607-15, 2011)。

 また小保方氏らの『ネイチャー』論文には、「脾臓」の細胞を「塩酸」で処理したと書かれているのですが、小保方氏は今回のプロトコルでは「脾臓やそのほかの組織」を「ATP(アデノシン3リン酸)」で処理することをすすめています。これは「STAP現象の検証」において、丹羽仁史氏によって行なわれたのですが、結局はSTAP細胞をつくることができなかった実験に準じています。

 ホームページの「検証実験の結果」においては、理研の「STAP現象の検証」では紹介されなかったグラフが掲載されています。遺伝子発現を解析した結果を示したもので、「理研のSTAP検証実験チームのほかのメンバー」が「遺伝子発現解析」を行ったと書かれています。いまのところ、後述する「キメラ法」や「テラトーマ法」に関するグラフや写真はありません。理研の検証でも、小保方氏自身による実験結果として、遺伝子発現の度合いを示すグラフが示されました。そのグラフでは、多能性を示す「Oct3/4」という遺伝子の発現はES細胞に比べてはるかに低いものでした。ところが、今回小保方氏のホームページで初めて紹介されたこのグラフでは、ES細胞に匹敵するOct3/4の発現が示されています。ただし、グラフのもととなった生データは公開されていません。

 筆者がこの件について理研に問い合わせてみると、「このグラフが何のバックデータに基づくのかは定かではありません。(STAP現象の)検証においても、たくさんのデータを取っていますが、公開したものが公式のものです。もちろん生データもすべて記録しています。公開していないものも含めて、全てのデータの中で絶対にないとはいえませんが、私どもで調べた限り、一致するものはありません。(ホームページについて)個人のつくったものにはコメントできるスタンスにはありません」(広報室)とのことでした。なお、小保方氏のホームページに問い合わせの窓口はありません。

 いま学術界では、「データ・シェアリング(共有)」といって、論文そのものだけでなく、論文に掲載したグラフなどのもとになった生データをも公開しようという議論が盛んになされており、実際に始まっています。しかし、理研の「STAP現象の検証」でも生データは公開されていません。小保方氏と理研、両者が生データを公開しない限り、このグラフの検証は専門家でも不可能でしょう。

 ただ、このホームページは今後更新されるとも書かれており、今後新しい情報が公開されるかもしれません。

 一方で、すでに再現性がなく、研究不正があるとみなされた研究について、その当事者が新しいプロトコルを個人ホームページで公表したからといって、実際にそれを試す研究者がいるかどうかは疑問です。ただ、何らかの報告がどこかからなされる可能性もゼロではありませんので、待つ必要があります。

 そして何より、もし小保方氏が科学コミュニティに対して、たとえばテラトーマ形成の証拠や、より詳しいプロトコル、未公表のデータの公開など、何らかの科学的主張をしたいのであれば、査読のないホームページなどではなく、まずは前述した『ネイチャー』のBRIEF COMMUNICATIONS ARISINGでの2報告に対する反論を、生データも添えて同欄に投稿すべきです。その過程で「STAP現象の検証」や「研究論文に関する調査報告書」にも反論できるでしょう。

 なお小保方氏は体調不良だと伝えられおり、またこのホームページでもそう書いています。ならば、まずは治療と休養を優先すべきだと筆者は考えています。ホームページ開設などよりも。ましてや一般読者向けに手記を書くことなど論外でしょう。

「STAP現象」が再現されていた?

 「STAP現象」が「理研で再現されていた」という情報についても検討してみます。

 結論からいえば、これは「流言(悪意のない誤情報)」です。理研の「STAP現象の検証」を二重に誤読しているためだと思われます。

 理研の検証結果は31頁のスライドと5頁の報告書で公表されています。小保方氏自身による「検証結果」と丹羽仁史氏による「検証結果」が記述されています。丹羽氏の実験では、『ネイチャー』論文の方法とは別に、肝臓の細胞を前述の「ATP(アデノシン3リン酸)」で処理すると「STAP様(よう)細胞塊」が出現し、多能性を示すマーカー(目印)である遺伝子「Oct3/4」の発現がわずかに見られたといいます(スライド20~25頁)。これが拡大解釈されたようです。

 そもそも『ネイチャー』論文では、脾臓を塩酸で処理していたはずです。これだけで『ネイチャー』論文が再現されたわけではないことがわかります。

 「STAP様細胞塊」はその奇妙な名称からわかるように、STAP細胞でもSTAP幹細胞でもなく、その候補にすぎません。STAP細胞は日本語では「刺激惹起(じゃっき)性多能性細胞」といい、「P」は「pluripotency」、つまり「多能性」という意味です。「様」が残っていることも重要です。

「STAP現象の検証」では、丹羽氏は14のSTAP様細胞塊の遺伝子発現を調べましたが、ほんの少しでもOct3/4の発現が見られたのはそのうち10です。しかしES細胞と比べて、その10分の1以上のOct3/4発現が見られたのはわずか4つです。縦軸が「対数」で示されたこのグラフを見る限り、ES細胞と同等のOct3/4が発現しているとはみなせません。科学では「量」が重要なのです(スライド25頁)。

 さらにいえば、Oct3/4の発現は、その細胞が多能性を持っているということの「必要条件」ではあっても、「十分条件」ではありません。「STAP現象の検証」では、「キメラ法」と「テラトーマ法」、「分化誘導法」が、「多能性を有することを検証」する方法だとされました(スライド26頁)。

 丹羽氏は肝臓由来の「STAP様細胞塊」を、初期胚に注入して「キメラ胚」作製を試みました。この「キメラ法」が最も確実な多能性の確認方法だとされているからです。細胞塊を注入した胚は244個に上りますが、GFP陽性細胞、つまりOct3/4の発現が確認される細胞を含むキメラ胚は1つもできませんでした。テラトーマ法と分化誘導法は実施されませんでした。

 丹羽氏は「細胞塊が有する緑色蛍光を自家蛍光と区別することも困難で、その由来を判定することはできなかった」、「STAP様細胞塊より、さまざまな手法、条件でキメラ作製を検討したが、リプログラミングを有意に示すキメラ作成を認めることが出来なかった」と結論づけています(スライド31頁)。つまり「十分条件」を満たしていないのです。「bioRxiv」にアップされている投稿中の論文原稿でも同様です。

 この結果から、「STAP現象」が「理研で再現されていた」という解釈を導くことには無理がありすぎます。わずかなOct3/4の発現だけで、リプログラミング(初期化)が起き、多能性が獲得されたなどとみなすことは、細胞生物学の歴史を踏まえていないことになります。

「流言」はなぜ繰り返されるのか?

 筆者としては、STAP細胞問題をめぐって主にネット上でこうした流言が繰り返し流布する背景としては、一部の声の大きな人たちが、(1)論文や報告書などの内容を正確に理解していないこと、(2)「量」という概念を十分に理解していないこと、(3)「必要条件」と「十分条件」を混同していること、(4)「再現性の有無」と「研究不正の有無」を混同していること、などがあると考えています。

 必要なのは、客観的で正確な情報発信とその継続、そして共有です。(1)については、筆者含めてメディアや科学に職業としてかかわる者がもっと努力をする必要があるかもしれません。(2)と(3)、(4)についても同様なのですが……多くの人は少し立ち止まって考えれば理解できるのではないでしょうか。

 そしてネット上では、小保方氏や彼女を擁護する人たちの人格を攻撃する人も散見されますが、流言を無力化しつつ科学を論じるためには建設的な態度ではありません。

■粥川準二(かゆかわじゅんじ) フリーランスのサイエンスライター・翻訳者。著書『バイオ化する社会』(青土社)など、監修書『曝された生』(森本麻衣子ほか訳、人文書院)。明治学院大学など非常勤講師。博士(社会学)

あわせて読みたい

「小保方晴子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  2. 2

    橋下氏「政府許してはならない」

    橋下徹

  3. 3

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  4. 4

    大阪市より慰安婦像を選んだサ市

    長尾敬

  5. 5

    よしのり氏 枝野氏の発言は問題

    小林よしのり

  6. 6

    逆DV アウトレイジな妻に泣く夫

    PRESIDENT Online

  7. 7

    日馬暴行騒動は仁義なき情報戦

    文春オンライン

  8. 8

    加熱式タバコの増税は時代に逆行

    宮崎タケシ

  9. 9

    レコ大も紅白も1年間休止すべき

    メディアゴン

  10. 10

    議会に子連れ出席で仕事できるか

    井戸まさえ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。