記事

ライザップが「漫画ゴラク」版元を買収

派手CMの大量投入で一時話題になったフィットネスクラブ「ライザップ」を展開する健康コーポレーションが、日本文芸社を買収した。

日本文芸社は、ざっくり言えば「漫画ゴラク」などコミック系に強い版元だ。関連してコミックや実用書などを中心に書籍を販売。これまではアサツーDK傘下だった。


買収の狙いは当然、健康事業の周辺固めだろう。自社の持つフィットネスノウハウ、ダイエットノウハウ、レシピ指導などのコンテンツ化を図るはず。自社グループ内でコンテンツ化すれば、付加価値の社外流出を防げるし。


日本文芸社は60名程度で、約40億円。小規模な分、小回りは利くはずで、その意味では早期の展開が期待できそうだ。


ちなみに健康コーポレーションは従業員約700名で、年間売上250億円弱(いずれも連結)。今回の買収額は約20億円と、連結営業利益2年分ほどを投下する。ここ数年、盛んに企業買収している。

しかし単体80名ほどの健康コーポレーションが矢継ぎ早に買収に邁進するのは、リスクが高いのではないかと感じる。社内できちんと関連会社を把握・コントロールできるのか、やや疑問だ。

ライザップ大ヒットで手にした資金を「税金に取られるくらいなら」で多角化に進んでいるのだろうが、大丈夫だろうか。


その意味で、日本文芸社をはじめ傘下企業側は、「寄らば大樹の陰」意識でなく、ベンチャー精神を発揮してアメーバのようにそれぞれが事業拡大を図ることが重要だろう。

日本文芸社の中村社長は続投とのことだが、今後の手綱さばきに注目が集まるはずだ。

あわせて読みたい

「ライザップ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計質問は日本獣医師会のため?

    玉木雄一郎

  2. 2

    NHK 共謀罪への露骨な世論誘導

    猪野 亨

  3. 3

    高須氏訴訟に弁護士が厳しい指摘

    壇俊光

  4. 4

    阿川さん結婚に敗北感抱く人たち

    寺林智栄

  5. 5

    北の核開発阻止には戦争しかない

    WEDGE Infinity

  6. 6

    共謀罪懸念する国連書簡は正しい

    小林よしのり

  7. 7

    小池ブーム 支持率70%を切り終焉

    三浦博史

  8. 8

    菊川怜はハイスペ女子の希望か

    幻冬舎plus

  9. 9

    "批判するなら対案を"は愚の骨頂

    常見陽平

  10. 10

    40年前の殺人が時効成立しない訳

    三浦義隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。