記事

実店舗とネット通販、環境にやさしいのは?

By Liam Pleven

 ショッピングモールに行く方がオンラインショッピングよりも環境に優しいのだろうか。

 ショッピングモール経営で米国最大手のサイモン・プロパティー・グループが発表した新しい研究は意外にもそう結論付けている。

 モールの買い物客は数人で出かけて2品目以上を購入することが多いので、環境への悪影響は小さくなるというわけだ。一方、オンラインで買い物する人はより頻繁に返品し、郵送にはより多くの梱包資材が必要になるという。

 とはいえ、この問題に決着がついたわけではない。他の研究ではオンラインショッピングの方が環境への悪影響が小さいと判断されているほか、結果は個々の買い物客が置かれた状況やその行動次第で異なると専門家は述べている。

 環境問題でサイモンを含むさまざま企業と協力しているニューヨークの環境保護団体、エンバイロメンタル・ディフェンス・ファンド(EDF)でサプライチェーンを担当するジェイソン・マザーズ氏は「この問題に明確な答えは存在しない」とし、「1品目だけ購入するために長距離を運転して商業施設へ行くのであれば、オンラインで購入した方が環境にいいだろう」と述べた。

 小売不動産のオーナーやそのテナントが電子商取引の急成長に対処する中、サイモンは研究報告書を1日公表した。連邦政府のデータによると、昨年の米国の小売売上高は前年比1.4%増、電子商取引の売上高は14.6%増だったという。

 インディアナ州インディアナポリスに拠点を置くサイモンが2015年末時点で保有していたり、出資していたりする小売不動産は、ニューヨーク州ガーデンシティーのルーズベルト・フィールドやテキサス州ヒューストンのザ・ギャラリアなど人気のモールを含めて37州およびプエルトリコに約200件あった。

 報告書の作成にはデロイト・コンサルティングも協力した。同研究では日用品4品目――女性用トップス、女性用の靴、コーヒーメーカー、ワイングラス――から成るバスケットがショッピングモールとオンラインという2つの流通経路を通じてどのように卸され、販売されるかとその間に消費される資材や燃料が追跡調査された。

 サイモンが注目した要因には、何人でショッピングモールに出かけたかや「モールでの買い物と他の用事を兼ねるというアイデア」などがあった。報告書ではオンラインと実店舗の両方における商品返品の影響も勘案されていた。

 サイモンは分析の元になる全データは公表しなかった。というのも、その一部は同社が運営しているモールでまとめた独自のデータであるためだ。例えば、こうしたデータにはサイモンが運営するモールを訪れる成人による平均購入品目数や消費者の自宅からモールまでの距離が含まれる。

 報告書は、買い物客が同じ数の商品を購入した場合、オンラインショッピングが環境に及ぼす悪影響はショッピングモールのそれよりも7%大きいと結論付けている。

 「モールやオンラインでの実際の顧客行動を表す買い物データの分析では、持続可能性の観点から見てモールでの買い物がオンラインショッピングよりも優れていることがサイモンによって示された」と報告書は述べている。

 「さらに言えば、燃料などより多くの資源が必要となる当日配達や迅速な配送への需要がますます高まる昨今、オンラインショッピングが環境に与える悪影響はさらにひどくなる可能性が高い」と指摘している。

 ところが、似たような分析を行った学術研究者は、多くの場合に環境への悪影響はオンラインショッピングの方が小さい傾向にあることがわかったと述べている。

 たとえば、マサチューセッツ工科大学(MIT)の物流・ロジスティクス研究所で13年に作成されたある修士論文は、実店舗やオンラインにおける消費者のさまざまな買い物行動の調査に基づいている。

 「調査結果では、さまざまなシナリオにおいてオンラインショッピングが環境に最も優しい選択肢であることが示された」とこの論文は結論づけている。

 MITの同論文は、一部の買い物客が商品を実店舗とオンラインの両方で下調べしたり、オンラインで購入した商品を実店舗で受け取ったり、返品したりするなど、2つの流通ルートをどのように組み合わせて利用するかについても考察している。

 EDFのマザーズ氏は「どちらの方が環境に優しいかは重要ではない」と指摘する。「むしろそれぞれがどうすれば環境への悪影響を軽減できるかが重要だ」。

あわせて読みたい

「ネットショッピング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  2. 2

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  3. 3

    北朝鮮の狙い通りに騒ぐマスコミ

    AbemaTIMES

  4. 4

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  5. 5

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  6. 6

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    正恩氏の下半身まで暴く名物記者

    PRESIDENT Online

  8. 8

    加計学園 地元の今治市民がデモ

    田中龍作

  9. 9

    早期解散する自民党の強迫観念

    吉崎達彦(かんべえ)

  10. 10

    文大統領の北朝鮮支援は理解不能

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。