記事

「Twitterのフォロワーが3000人も減った」〜田母神俊雄氏が釈明会見で水島総氏を厳しく批判

1/2
niconico
3月23日、東京地検による捜査を受け、田母神俊雄氏が釈明会見を開いた。以下は、冒頭発言の全文。

横領したとはまったく思っておりません

みなさん、こんにちは。

このたびは私は東京地検の強制捜査を受けたということで、3月7日、政治資金を横領したと疑惑で強制捜査を受けております。

これは私が都知事選、これを戦った後に資金が、終わった時点で6000万強の金が残っていたわけでありますが。これが衆議院選が終わったときになって残高がなくなって借金が払えないという事態になりました。そこで部内的に事務所の中で、どうしてだ、ということで追求を始めたわけということであります。

そして、私はこの政治資金を会計責任者によって奪われた被害者ということで認識しておりましたけれども、今回、私が横領、私も横領しているということで強制捜査を受けたということであります。

私は最初に言っておきたいと思うのですが、横領したとはまったく思っておりません。これは全面的に否定をしたいと思います。今から説明しますけれど。

3月7日、私は毎朝、腹筋とか腕立てとかした後に、外でジョギングをしたりしているのですが。ちょうど、外に出て走ろうかなと思うときに、ピンポンと朝8時早朝にインターフォンがなったわけです。「こんな朝早く誰かな」と思って、応対したところ、東京地検特捜部ですということで、入ってこられました。

そこですぐにパソコンとかスマホとか差し押さえになって、外部との接触ができなくなったという状況から始まりました。だいたい4時間の家宅捜索を受けて、事務所の方も受けて、だいたい午前中で終了して、その日の午後から事情聴取にはいったという状況であります。

私はですね、政治資金を横領したという疑惑をかけられておりますが、私がどんな金の使い方をしていたのか、というと。私は会計係から政治資金として預かって、そしてこれを使って、領収書を会計係に提出をすると。こういう方法でお金を使っていました。

そして、会計係の説明によると、「政治資金というのはきわめて応用範囲の広いものだから、一部私的な領収書であっても、状況によっては政治資金によっては支出できる場合があります」と。私が「これが使える」「使えない」と区分するのは大変なので、会計係が「全部私にください。私の方で使えるか使えないか判定します」ということで、彼の方にすべての領収書を渡していたということなんですね。

それで会計係が、それを年末に全部精算をしますということでありました。したがって、年末になって会計係が精算をしたところ、使えない領収書が120万ほどありました。「これは現金を返してください」ということで、私はこれを振込みで会計係に返しました。

今回、東京地検の強制捜査を受けてわかったことは実は120万ではなくて、450万。使えない、政治資金を充てられない金があった。だから、120万では、あと残り330万ぐらいが私的なものになります。これは私的に使ったことになるのではないかという疑惑なんですね。

ただ、私としては、「120万返してくれ」と言われたから、会計係を信じて120万を返した。もし当然「450万返せ」と言われれば、450万返したわけです。返す能力もありましたし。だけど、私はそれを知らなかったということなんですよね。

ただ、その後会計係がお金を使い込んだことによって「田母神としおの会」の全体のお金がなくなって衆議院選の後にお金が払えないという事態になりました。そして、私がしょうがないので、そこにお金を次から次へと補填をしたんですね。合計で1500万ぐらい金を補填しています。

それを口座に残っていましたので、今から言います。 私はまず2015年1月21日に250万円、としおの会に入れています。次に2月3日、400万円入れてます。2月16日、100万円入れています。3月18日、200万円入れてます。3月26日、100万円入れてます。4月13日、100万円入れてます。6月30日、100万円入れてます。7月26日、50万円入れてます。8月21日に、さらに50万円。去年の12月27日に10万円を入れています。

その他、会計係が私に対して「120万返してくれ」といったお金、120万6557円。これを1月30日に 今のとは別に返金をしています。その他にも

「450万返せ」と言われれば当然返していたし、その後、これだけのお金を私は戻して言うわけですから、「政治資金を横領した」と言われるのは私としては非常に心外なんですよね。そういうことで、政治資金横領について全面的に否定したいと思うのですけれども。

いままでは検察で捜査を受けて、「できるだけノーコメントで通してください」というような状況もあったものですから、なかなかしゃべりたいけれど、しゃべることもできなかったわけです。今も若干そういうところがありますけれども。

それでも私がまったくしゃべらないでいれば、「やっぱり田母神は悪いことをしたからしゃべることができないのではないか」と国民がみんな思ってしまうわけですよね。それはもう私にとっては非常につらいことですし、耐えられないことでもあるんですね。ですから、今日こうして皆様方に釈明の場を設けさせていただいたということであります。

水島総氏
政治資金の領収書関連で、チャンネル桜の水島社長が中心になって、「田母神は使えない領収書を政治資金で使った」というような報道をしておりますけれども、私が会計責任者に渡した領収書は、公用・私用含めて全部渡しているわけですから、いわゆる「使えない」と分類された領収書があるわけですよね。その「使えない」と分類された領収書を取り上げて、「こんなことに使ってます」という報道をチャンネル桜なんかでやられたんですよね。

それは別に私が「政治資金から出してくれ」と言ったわけではないし、「それを使ってくれ」と言ったわけではないんですね。私は分類をしてもらうために会計責任者に渡して、会計責任者が全部それを仕分けをして「年末に精算」をしますということで渡してたわけです。

その「使えない」と分類されたものが取り上げられて、「こんなことに使った」と言われているので、私としては非常に心外なんです、これも。ちょっと調べてもらえばわかるはずなんですけれども、そういう形で報道されているということで、なんか私が大悪人みたいになっているということなんですね。

さらにですね、私はこの会計責任者に対して渡した領収書、使えない領収書が、どうしてチャンネル桜の水島氏に渡っているのかも不思議なんです。私はですね、選挙が終わった後に、チャンネル桜の水島氏がですね、残った残金を『頑張れ日本!全国行動委員会』に移してくれ」といったことがありました。そして、それを私が記者会見のときに、ちょっと言ったら彼はなんか激怒したんですよね。

私はなんでこんなことで怒るんだろうと。うつすならうつすと言えばいいじゃないかと思ったのですが、彼が激怒をしてチャンネル桜で「田母神の大嘘つき野郎」と。「そんなすぐにバレるうそを言ってとんでもないやつだ」と。私を女性のキャスターといっしょにののしったんですよ。「そんなことありうるわけがない」とののしりました。

私はその時、彼が何でこんなことで起こるのか。こんなに腹を立てるのかということがよくわからなかった。しかし、もうひとつの事実は、彼が後に、「そういえばスタッフに言われてそういうことがいったことがある」ということを認めました。彼がチャンネル桜で私の攻撃を13時間半にわたってやりました。13時間半です、ちょっと異常だと思います。通常のニュースとして、5分、10分やるならわかりますけれども、よほど何か恨みがなければ、こんなことやるわけないですけれど。

そういった水島氏がそれをいったことを聞いている証人もいるわけです。証人もいて、さらに私がそれを会計責任者の鈴木にも話したんですよね。「水島さんが、お金を『頑張れ日本!全国行動委員会』にうつしてくれと言ってるよ」と。彼は「いや、それはできません」と答えていたんですね。

私は今回の捜査があって初めてわかったことが、何かというと、実は都民の会の政治資金、これはそのまま都民の会が解散してしまうと法的には私、個人に帰属するものになるんだそうです。これを頑張れニッポンの口座に移してしまえば、『頑張れ日本!全国行動委員会』のものになってしまうと。こういう背景があるんだそうです。

そして、これは事実ではなくて推測ですけれども、水島氏はその政治資金を自分が自由に使える口座にうつしておきたいと考えていたのではないか。そこを指摘されたから、彼は激怒したのではないかと。私は今回の強制捜査が始まって初めて気がつきました。

一方のこの会計係ですけれども、これは政治団体を残しておかないと、このお金にアクセスできない。政治団体を残しておきたいから彼は「水島氏に渡すことはできません」といって、自分が継続的にアクセスできる体制をとりたかったのではないのかなと。これは私の推測です。

そういうことがあって結局、水島氏が私を攻撃を始めたということで、最初は「なぜ私を攻撃するのか」がわからなかったのですが、最近やっと合点がいったというような状況であります。

私はこの政治資金をですね、私用に使うというような意識はまったくなかった。それは会計係がキチンと処理をしてくれて、その領収書をうまく使ってくれるのであれば、そうしてほしいという思いはありました。でも、「使えないものを無理やり政治資金から出せ」と言っていたわけではないんですね。

さらに、ずいぶん私も攻撃をされましたけれども、「200万円の背広を買った」とか。200万の背広ってどんな背広かわかりませんけれど。あとは「家の墓を政治資金で直したんじゃないか」とか。そんなことは通帳を見てもらえばすぐにわかることなんですけれども、なんか悪態の限りを尽くしてやられたという感じですね。

検察の方が、水島氏の告発で動いたとは思っていませんけれど、強制捜査によって、私が「政治資金を横領するようなズルい奴」というイメージが国民に広がってしまう。これはなんとしても私は避けたいという思いで、今日こういう会見を開かせていただきました。

この政治資金がですね、私がむちゃくちゃに使ったためになくなったという風に国民の皆さんはおもっているかもしれませんが、決してそんなことではないと釈明をさせていただいております。

もう一度整理をしますと、私が領収書相当分の政治資金を会計係から預かって、これを使って領収書を彼に渡す。それは私用・公用、私がいちいち区分していたら大変ですから、これを彼に全部渡して、彼が「私が全部分けますからまかしてくれ」というから渡したんですね。

それで「使えないものは年末に整理をします。精査します。」ということで私はわたして、年末、平成27年の1月に入って12月で〆て、そして120万は使えませんということで、彼は私に返してくれと言ったわけですね。私は120万を返した。ところが、今回の強制捜査で実は使えない領収書が450万円分ありましたと。すると、120万返しても330万、これは私用に当たりますと言われるわけですね。それは繰り返しますけれど、それを私用に使ってくれと言ったのではなくて、450万返してくれと言われれば当然返したのです。でも、450万と言われなかったので、私はまったくわからないのです。

その上で、さらに27年になって資金が不足をして、私が1500万円に近いお金をとしおの会とか後援会に入れているということを考えればですね、私は横領とか言われる筋合いではないのではないかと思います。

ということで、だいたい状況を皆さんにわかっていただいたのかと思います。これが「横領」と言われている実態なんです。ぜひ、国民の皆さんにこれをわかってもらいたいし、私は絶対に横領なんかしていないということを声を大にして訴えたいです。

今この汚名を着せられて、本当に実際、私にとっていろんなことが起きるんです。通常の社会活動ができませんから。今日、こうして弁明をさせていただかなければ講演もできない、キャンセルになるし、本の出版も延期になるし、メルマガとかの解約、Twitterのフォロワーも3000人も減るし、いろんな私にとっては障害が出てるんですね。

ですから、ここで弁明をさせていただいて。「私は決して横領なんかしてません。皆さん信じてください」ということを言って、再び社会活動を始められる基盤を作りたいという思いで本日こういう会見を開かせていただいたということであります。

再び国政への意欲も示す

niconico
質疑応答では、記者たちから時間軸や金額についての確認の質問が続いた。最後の「この問題が解決したら、政界に再び挑戦するのか」との質問に田母神氏は、「私も歳は歳でして、前期高齢者ですから、年々選挙には出にくくなると思います。ただ、なんとかこの日本をいい国にしたいなという思いはありますね。ですから、可能性は常にゼロではないですね」と答え、会見を終えた。

あわせて読みたい

「田母神俊雄」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    年収300万円夫婦が円満なワケ

    PRESIDENT Online

  2. 2

    辻元氏「指摘受け止めて欲しい」

    辻元清美

  3. 3

    "努力は報われない"という勘違い

    中嶋よしふみ

  4. 4

    君の名は 人気の理由をBBCが分析

    BBCニュース

  5. 5

    小池都知事は今や"裸の女王様"

    ヒロ

  6. 6

    ウナギ少女制作者は世間知らず?

    WEDGE Infinity

  7. 7

    "ゲームで優勝"報じた新聞に呆れ

    tokyo editor

  8. 8

    石破氏「建設的な議論してない」

    石破茂

  9. 9

    欧州で現金利用の制限 日本でも?

    ニッセイ基礎研究所

  10. 10

    税金の"掴み取り"時代に終止符を

    門田隆将

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。