記事

日本人横綱とは

先週から大阪で始まった大相撲春場所も本日3/22(火)で10日目を迎え、優勝候補の力士がしぼられてきました。

前場所で優勝し、久々に待望の日本人横綱誕生かと期待された琴奨菊関は、思わぬ苦戦をしており、代わりに稀勢の里関が負けなしの10連勝と快調です。もし、このまま稀勢の里関が優勝したら、また来場所、日本人横綱誕生か、という報道を多く目にすることになるでしょう。

白鳳関などのモンゴル人力士は、民族的には日本人と同じ黄色人種でもあるため、彼らが土俵で活躍することに違和感を感じない人の方が、むしろ多いと思いますが、それでも、日本人横綱の誕生が待ち望まれているようです。
スポーツに国境はないと言いますが、昔からある日本人の身内びいきのせいでしょうか。

そもそも、「日本人」とは何なのでしょうか?
法律的に言えば、日本国籍を有している人、ということになります。
しかし、多くの日本人は、生物学的に日本民族のDNAを持ち、
日本語を操れる人のことを日本人と言いたいように思われます。

これは、とても狭い概念ですし、解釈や受け取りようによっては、排外主義的な考え方につながりかねません。

先日のブログで、少子化や超高齢化に関する問題について述べました。
これに人口減少傾向等も合わせ考えると、大量の移民受入れについて真剣に議論すべき時期にきていると唱える人たちもいます。

移民というのは、移った先の国に帰化して国籍を取得することが前提です。
そういう彼ら彼女らを「日本人」として受け容れることを意味します。
我われ日本人は、感情的にも、そうしたことができるのでしょうか。

相撲部屋の厳しい修行に耐え、日本のしきたりに戸惑いながらも
必死に日本に溶け込むよう努める外国人力士たちの姿を横目に、それでも「日本人横綱」を熱望する気運が、もしこの国の大勢であるなら、移民の受入れを政策として考える前に、もっと他に議論すべきこと、例えば、多様性(ダイバーシティ)の意味について深く考えてみる必要があると思います。

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    キャラ名刺やめろ 弁護士が警鐘

    BLOGOS編集部

  2. 2

    棚橋弘至 40代は現実受け入れよ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    NEWS23の根拠ない安倍批判に苦言

    和田政宗

  4. 4

    NHK桑子アナのコメント力に苦言

    メディアゴン

  5. 5

    ZOZO前澤氏の英語スピーチは満点

    広瀬隆雄

  6. 6

    橋下氏「進次郎氏に期待失った」

    PRESIDENT Online

  7. 7

    正恩氏「北朝鮮はみすぼらしい」

    高英起

  8. 8

    総裁選で「圧力」と騒ぐ自民の愚

    深沢明人

  9. 9

    三田佳子次男 元乃木坂も現場に

    文春オンライン

  10. 10

    くどい報道 スポーツ界に必要悪

    新井克弥

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。