記事

HPVワクチン報道;確信犯なら放送法適用してほしい

厚労省がHPV(子宮がん)ワクチンについて原因の可能性という研究原因でない可能性という研究について内容を発表しました。

まず一言。私を始め大部分の医療者はこの患者さん達の症状の発症の原因としてHPVワクチンの可能性は低いと判断しています。それは以前ブログに書かせていただいています。それでも患者はいますので医療者は真摯に対応しています。(子宮頸がんワクチン問題のとてもいい解説 副作用でなくても患者は辛い 医学と医療)

専門家がしっかりと話題(HPVワクチン 接種後体調変化の報道 と その周辺 2016年3月にしていただいていますので専門性はそちらに任し、私もsimbelmynë :: diary(HPVワクチンの副反応?に対する報道(2016/3/16)についての物言い)と同じように報道の観点から書きたいと思います。


最初に書かせていただいたように、厚労省はしっかり両論併記しています。それにもかかわらずマスコミはこのようなタイトルです。反対の意見については言及すらしていません。子宮頸がんワクチン副反応「脳に障害」 国研究班発表

自分たちの報道の自由があるのでしょうし、そう書いた方が面白いと思っているからでしょうが、わざと不安を助長させる報道。まあ、もう少し勉強してくれないのかなと思っていました。

たまたまある会合(第6回安全保障講座)でケントギルバートさんの講演を聴く機会に恵まれました。これを聞いた時、もしかして政府を責める手段にするためにこの反対論をわざと無視している可能性を考えてしまいました。

戦後のプレスコード規制がまだ続いており、今のマスコミは赤信号をみんなで渡る。テレビと新聞の違い。以前は天皇制、部落問題、創価学会についてテレビでしゃべらないように指導されていた。集団的自衛権問題について反対93%、賛成7%で放送。世論は自分たちが作るものと沖縄の新聞が語っていたことをお話しされました。 当然検証は必要でしょうが本当楽しい話でした。まあその中でも「平和ボケとは何も努力しなくても今の平和が続くと信じている人」の英語訳は傑作でした。彼が活動していると言っていたサイトです。(放送法遵守を求める視聴者の会

まあ陰謀論とかの証明はHPVワクチンよりむづかしいとは思われますが、そろそろ面白おかしくするより正しい報道をしてくれませんかね。本当医療に関して池田先生のあの発表内容を持って原因説が正しいと判断するのは本当ありえないんだけど。もし確信犯なら本当放送法適用してくれないかな。

あわせて読みたい

「子宮頸がん」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    貴乃花が引退届 日本は転換点に

    舛添要一

  4. 4

    新潮45休刊の敵前逃亡は言論放棄

    常見陽平

  5. 5

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  6. 6

    ZOZOvsユニクロ 全面戦争が勃発

    MONEY VOICE

  7. 7

    貴乃花引退に追い込んだ相撲協会

    早川忠孝

  8. 8

    天皇陛下を韓国が安倍批判に利用

    NEWSポストセブン

  9. 9

    日村の淫行疑惑 FRIDAYに非難も

    AbemaTIMES

  10. 10

    貴乃花だけが頼りだった稀勢の里

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。