記事

人工知能でお金を管理!「スマホ×金融」の仕掛け人【2】 -対談:マネーフォワード社長 辻庸介×田原総一朗

村上 敬=構成 宇佐美雅浩=撮影

IT技術を活用し、新しい金融サービスを生み出す「フィンテック」。2015年10月、経済産業省が研究会を開催するなど急速に注目が集まる。日本におけるフィンテックの旗振り役に、お金の未来を聞いた。

毎日泣いていたアメリカ留学時代

【田原】マネックス在職中に、今度はペンシルベニア大学のウォートン校に留学します。これはなぜ?


マネーフォワード社長 辻庸介氏(東京・港区芝のマネーフォワード本社にて)

【辻】マネックス証券は日興ビーンズ証券と合併して、いったんマネックスビーンズ証券になりました。ただ、名前が長いので、ビーンズを削ってマネックス証券に改称しました。このとき、名前が消える代わりに魂を残そうという話になって、社内にビーンズスカラーシップという留学制度が創設されました。その第1号で、ウォートン校に行かせてもらえることになったのです。ウォートン校は日本であまり知られていませんが、ゼロックスの小林陽太郎さんや、ゴールドマン・サックスの持田昌典さんも輩出しているアメリカ最古のビジネススクールです。

【田原】留学は2度目でしたが、いかがでしたか?

【辻】自ら望んで留学したのですが、人生でもっともつらい2年間だったかもしれません。とにかく苦労したのが英語です。日常会話は何とかなるのですが、授業でディスカッションするとなると、言いたいことが何も言えません。議論に参加できなければチームに貢献できず、存在価値も認めてもらえない。英語はツールにすぎませんが、そのツールを使えない自分が本当に情けなくて、毎日泣いていました。

【田原】でも、辻さんはクラス代表に選ばれることになった。これはどういうことですか。

【辻】いまだに謎です(笑)。あえて理由を探すなら、アメリカ人はチャレンジしている人を応援するからじゃないでしょうか。僕は英語が下手でしたが、少し慣れ始めると下手なりにどんどん意見を言ったり、できないことに挑戦したりしていました。自爆ばっかりでしたが、そういうところを評価してくれたのかも。アメリカは、懐が深いです。

【田原】帰国後、マネーフォワードの原型のようなサービスをマネックスでやろうとしたそうですね。どんなものだったのか、説明していただけますか。

【辻】簡単にいうと、フェイスブックのお金版です。人が株を売買して儲けたとか、住宅ローンを借り換えて得をしたというような情報をソーシャル上でオープンにして、みんなでシェアするサービスですね。そうした情報を共有できると、自分より上手に資産運用している人の株の売買履歴を見たりして、自分も参考にできます。

【田原】株の売買までわかると、プライバシーがバレませんか。

【辻】そうなんです。だから失敗しました(笑)。匿名のサービスでしたが、情報をオープンにしていると、やはり不安だったみたいです。その失敗を活かして、マネーフォワードは自分しか見られないクローズドのサービスに変えました。

【田原】クローズドの新サービスはマネックスの新事業ではなく、独立してやられましたね。どうして社内でやらなかったのですか。

【辻】私が新しいサービスを提案したのはリーマンショック後で、マネックスの業績が厳しい時期だったのです。会社として新規投資するタイミングではなかったし、私も当時は営業の責任者で、新規事業をやる余裕を持てませんでした。それで最終的に、会社を出てやりますと。

【田原】立ち上げの資金は、どうされたのですか。

【辻】初めは自己資金です。自己資金だけでは続かないのですが、ありがたいことに松本さんが出資してくださって、1年間くらいは事業を続けていく余裕ができました。余裕ができたといっても、私たちはほぼ無給、オフィスも高田馬場のワンルームでしたが。

銀行との違いはエンジニアの質

【田原】うまく回り始めたのは、いつごろでしょう。

【辻】1年後くらいには、ユーザーが110万~120万人まで増えてました。じつはスマートフォンでお金のアプリを出したのは私たちが最初。スマートフォンが伸びた波にうまく乗れたのはラッキーでした。法人向けのほうも、クラウド化の波に乗れた。ユーザーが増えるにつれて資金調達もしやすくなって、現時点では約38億円の資本金を集めるところまできています。

【田原】マネーフォワードのライバルはどこですか。銀行とか証券会社は競合になるサービスをつくりそうだけど。

【辻】じつは銀行は昔から似たようなサービスをやっていました。ただ、銀行さんがやっても、みなさん信用しなかったんですよね。銀行は、金融商品を自分で販売しています。だからユーザーは資産状況を把握されると、何か売りつけられるんじゃないかと不安になってしまう。

【田原】最近はあまりないけど、たしかに以前は僕のところにも銀行の人がやってきて不動産をすすめられました。辻さんのところだと、そういう心配はないと。

【辻】僕らはモノを売らないので、完全に中立的な立場です。あと、銀行さんのつくったツールは、ユーザー目線に欠けていて使いづらいところもあった。そこも私たちのサービスとは差があると思います。

【田原】どうして銀行が便利なツールをつくれなくて、辻さんのところがつくれるのですか。

【辻】いまは優秀なエンジニアチームがユーザーの意見を聞きながらツールを絶えず進化させていく時代ですから、人の差が大きいのではないでしょうか。うちはいま従業員100人超ですが、半分がエンジニアやクリエイターで、彼らはひたすらサービスをつくっています。そういった体制を銀行さんがつくるのは難しいので、最近は私たちと提携してツールの提供を受けるという流れになっています。

【田原】ツールをつくるライバルはいないのですか。

【辻】いくつかあります。ただ、まだライバルという感じではないです。このサービスをやるうえでもっとも重要なのはセキュリティ。そこをきちんとつくれるのかというところが大きいので。

【田原】今後、海外展開は考えていらっしゃいますか。

【辻】いまはまず国内で、個人向けと中小企業向け両方でナンバーワンを取ろうという段階です。目標は個人向け1000万ユーザー、中小企業向け300万ユーザー。そこまで行ったら、次はアジアかなと。すでに並行して、香港、シンガポール、インドネシアあたりは調査を始めています。できれば2016年度中に具体的なアクションを起こせればいいなと考えています。

【田原】最後にマネーフォワードの将来像を聞かせてください。

【辻】私たちはスマートフォンでお金の悩みをすべて解決できるサービスをつくりたいと考えています。別の言い方をすれば、ユーザーサイドに立ったコンサルタント。マネーフォワードとつきあえば、お金についての心配は何もいらなくなるという世界をつくっていきたいです。

【田原】法人向けは、税理士さんがその役割をするとおっしゃってましたね。個人向けは、辻さんのところがコンサルをやるわけですか。

【辻】いま「お金のコンサル団」というサービスをやっています。著名なFPや会計士の方々に質問に回答してもらうというサービスです。いずれはこれを人工知能化して、簡単なものは人工知能が答え、まだ難しいものやパーソナルなものは人が答えるといった形にできたらいいなと。

【田原】今日はお話を聞いて、フィンテックの片鱗がようやくわかったという印象です。また今度、じっくり聞かせてください。

田原氏への質問:私の知らない、すごい経営者の話を聞きたいです

【田原】辻さんがソニー出身なので、創業者の盛田昭夫さんの話をしましょうか。印象深いのはテープレコーダーの売り方です。GHQの事務所で見たテープレコーダーに興味を持ち、製品化した。ただ、できた製品は1台35kgで、価格も16万円とバカ高い。当時は社長の給料が4万~5万円でしたから、誰も買いません。

しかし、盛田さんは諦めずに歩き回り、ようやく1台売りました。相手は裁判所。裁判所は記録が大事で、予算もあったのです。その後、視聴覚教育に使えるということで文部省に売り込んで成功した。将来性を見抜く力、諦めない情熱、お金があるところをかぎつける嗅覚を持っていた。いまの経営者も見習うべきでしょう。

遺言:ソニー盛田昭夫の信念を見習え!

田原総一朗
1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、岩波映画製作所入社。東京12チャンネル(現テレビ東京)を経て、77年よりフリーのジャーナリストに。若手起業家との対談を収録した『起業のリアル』(小社刊)ほか、『日本の戦争』など著書多数。

あわせて読みたい

「フィンテック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK桑子アナのコメント力に苦言

    メディアゴン

  2. 2

    棚橋弘至 40代は現実受け入れよ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    よしのり氏「新潮45は大成功」

    小林よしのり

  4. 4

    総裁選の敗北者に待つ悲惨な末路

    文春オンライン

  5. 5

    NEWS23の根拠ない安倍批判に苦言

    和田政宗

  6. 6

    進次郎氏の投票先明言に疑問の声

    キャリコネニュース

  7. 7

    進次郎氏「戦った2人に注目を」

    AbemaTIMES

  8. 8

    吉澤ひとみに実刑も 飲酒の怖さ

    猪野 亨

  9. 9

    よしのり氏 何でも反対脱却せよ

    小林よしのり

  10. 10

    大塚家具 赤字も創業一族の勝利

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。