記事

人工知能でお金を管理!「スマホ×金融」の仕掛け人【1】 -対談:マネーフォワード社長 辻庸介×田原総一朗

村上 敬=構成 宇佐美雅浩=撮影

IT技術を活用し、新しい金融サービスを生み出す「フィンテック」。2015年10月、経済産業省が研究会を開催するなど急速に注目が集まる。日本におけるフィンテックの旗振り役に、お金の未来を聞いた。

テクノロジーでお金の悩みを解決

【田原】御社は日本を代表するフィンテック企業の1つだと聞きました。最初にこの質問で申し訳ないですが、フィンテックっていったい何ですか?


マネーフォワード社長 辻庸介氏(東京・港区芝のマネーフォワード本社にて)

【辻】一般的には、ファイナンスとテクロノジーが一緒になったものだと言われています。私なりの言い方でいうと、テクノロジーで金融におけるユーザーの行動を変える、あるいはテクノロジーでユーザーを便利にするサービスをつくることがフィンテックだと思っています。

【田原】ごめんなさい、まだよくわからない。具体的に聞きましょう。辻さんのところがやっているマネーフォワードは、フィンテックのサービス?

【辻】そうです。みなさん、自分の財産は銀行や証券、保険、不動産などいろんなところに散らばっていますよね。それから、銀行から光熱費を引き落としたりカードで買い物したりして、いろいろとお金も使う。マネーフォワードを利用すると、それらの情報を自動で一元管理できます。

【田原】全自動家計簿みたいなものですか。

【辻】はい。家計簿をつけていた人はこれまで自分で1枚1枚レシートを見て、家計簿やエクセルで計算しなくてはいけませんでした。一方、マネーフォワードは自動で出入金履歴などの情報を取ってきて、これは食費、こっちは光熱費というように人工知能で勝手に仕分けしてくれます。

【田原】なるほど。たしかに家計簿をつけていた人は楽になるかもしれません。ただ、僕のようにそもそも面倒くさくて家計簿をつけていない人は、「多少、便利になっても」という感じがする。そういう人にも何かメリットはありますか。

【辻】節約しやすくなります。一時、自分の食べたものを記録すると痩せるというレコーディングダイエットが流行ったことがありました。あれと同じで、マネーフォワードを使うと、いま自分がいくら持ち、いくら使ったかという情報を見える化することで、行動が変わり、節約が進みます。実際、当社のプレミアム会員の方はマネーフォワードを使う前後で約2万円を節約できたというデータもあります。

【田原】家計が見えればムダもわかって、ここを削ろうと思えるわけですね。

【辻】私たちが本当にやりたいのは、ユーザーさんのお金の悩みを解決すること。ですから、将来のためどう資産運用すればいいのかということも解決していきます。ただ、未来をよりよくしていくには、まず過去と現在を知らなくてはいけません。それがマネーフォワードで簡単にできるようになったということです。

【田原】未来を改善するサービスというのも、もうやっているのですか。

【辻】生保の営業がよくやるライフタイムシミュレーションを、いまマネーフォワードでもやろうとしています。たとえば子どもが何歳で生まれ、住宅を何歳で買いたいといった情報を入力すれば、そのプランの必要額を算出して、ここは資産運用しよう、この部分は節約しようと教えてくれます。

経理処理の時間を半分に短縮

【田原】なるほど。最初の質問に戻りますが、そういうふうに家計の問題をITで解決するのがフィンテックなんですか。

【辻】フィンテックはもっと広い概念です。たとえばアップルやLINEがモバイル決済サービスに進出していますが、あれもフィンテックの一部です。私たちは、フィンテックの中でお金の情報に関する部分を担っているという位置づけです。

【田原】いまマネーフォワードの会員は何人くらいですか。

【辻】約300万人です。

【田原】これから法人もやっていく?

【辻】もう始めていて、法人は企業プラス個人事業主で、いま約47万ユーザーです。

【田原】じつは今日は法人の話も聞きたかった。僕は田原事務所という法人をやっています。月に1回、税理士さんが来てくれて、個人と事務所の両方の経理の事務をやってくれる。もしこれを辻さんのところでお願いすると、僕にどういうメリットがありますか。

【辻】まず安くできます。うちの仕組みだと、個人は月800円、中小企業は1800円です。

【田原】それは安い。税理士さんにお願いするのと桁が2つ違う。でも、そんなに安いと儲からないのでは?

【辻】儲かりません。ただ、企業の場合は会計と連携して給与とか請求書、それにいまならマイナンバーのサービスを一緒に入れてくれたりします。そちらのほうでもお金をいただいているので。

【田原】安いこと以外に、何かいいことありますか。

【辻】田原さんは税理士先生に丸投げされていると思いますが、私たちのサービスを使うと、丸投げされた側の経理処理時間が半分くらいになります。税理士先生は、おそらくいままで田原さんから領収書などをもらって手打ちで入力し、書類をつくっていたはず。それらが自動化されるので、圧倒的に経理処理の効率がよくなります。

【田原】ちょっと待って。辻さんのところのサービスを入れると、そもそも税理士さんに頼まなくてよくなるんじゃないの?

【辻】経理の数字を出すだけなら、うちの仕組みですべてできます。ただ、中小企業の社長さんはただ数字を出すだけでなく、出てきた数字をどのように見て、どう改善すればいいのかということも知りたいわけです。多くの会計事務所はコンサルタントとしての役割も果たしていますから、そこは役割分担が可能です。

【田原】つまり競合ではない?

【辻】私たちは会計事務所さんにも営業しています。うちの仕組みを使えば経理処理が楽にできて、そのぶんコンサルティングができますよと。いまちょうど、税理士先生がクライアントの企業に説明しやすくなるようなサービスもつくっています。

ビジネスの師匠はマネックス松本大

【田原】辻さんご自身の話も聞かせてください。辻さんは文系なのかと思いきや、京大の農学部の出身ですね。


表を拡大
マネーフォワード社長 辻庸介氏の略歴

【辻】生物と経済の両方が好きで進学時に迷ったのですが、高校の先生から「理系から文系にはいつでも行けるから、とりあえず理系に行けば」とアドバイスをいただいて、農学部に進みました。でも、やってみて自分に研究者は向いてないとわかりました。理系は研究の成果が出るまでに時間がかかります。成果が出るのが10年に1回だとすると、人生30年働いたとしてチャンスは3回。それはさすがに嫌だなと。あと、大学の先輩が立ち上げた進学塾を手伝っていたのですが、それがおもしろくて、ビジネスもおもしろいなという思いもあった。それで大学を休学して、アメリカにMBAの勉強をしに行きました。

【田原】どうしてアメリカに?

【辻】文系就職することを決めましたが、そのままではおそらくどこも雇ってくれません。就活する前に何か武器を身につけたいと考え、英語とビジネスを両方勉強できるMBAの半年コースに留学しました。

【田原】帰国後、ソニーに入社される。2001年ですから、社長は出井伸之さんのころですか。

【辻】はい、ソニーがすごく調子がよくて、出井さんも目立っていて、かっこうよかった。私自身、グローバルに活躍したいという憧れもあって、ソニーに決めました。

【田原】ところが、ソニーからマネックス証券に出向される。どういう経緯だったのでしょう?

【辻】新しいネットサービスをつくりたいと思って入社したのですが、配属されたのが経理部門だったのです。配属された以上一生懸命やっていましたが、やっぱり管理部門より事業をやりたいという思いがありました。そんなときにちょうど、ソニーがマネックス証券に出資している関係で、社内でマネックス証券CEO室の募集がありました。それを見て、よしこれだと。

【田原】公募に、よく受かりましたね。僕はマネックスの松本大さんに何度もお会いしていますが、松本さんはあなたのどこを気に入ったんだろう?

【辻】理由はよくわかりません。本当はソニーとのパイプ役として、部長クラスの人を採用したいと考えていたそうです。

【田原】マネックス証券では、どのようなことを学びましたか。

【辻】ビジネスパーソンに必要な土台は、すべてマネックスでつくらせてもらったようなものです。ビジネスはどうやって回るのか。新しい仕組みをつくるのに、必要なお金や人はどう集めるのか。松本さんの下で働いているうちに、そういったことがだんだんとわかってきました。

田原総一朗
1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、岩波映画製作所入社。東京12チャンネル(現テレビ東京)を経て、77年よりフリーのジャーナリストに。若手起業家との対談を収録した『起業のリアル』(小社刊)ほか、『日本の戦争』など著書多数。

あわせて読みたい

「フィンテック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    本物?「三億円犯人」に直接取材

    BLOGOS編集部

  3. 3

    「考え方が甘い」時差Bizに指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    石田純一の改憲反対に感じた覚悟

    篠田博之

  5. 5

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  6. 6

    有休義務化 日本はやせ我慢社会

    自由人

  7. 7

    AI無人店舗は万引きの概念変える

    赤木智弘

  8. 8

    百田氏が憶測で沢田研二叩き謝罪

    女性自身

  9. 9

    誰もが美人? ハーフが苦しむ偏見

    ビデオニュース・ドットコム

  10. 10

    築地の営業強行は小池知事の責任

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。