記事

陸自の改変は人民解放軍に劣るんじゃないかな

さて陸自では陸自総体が発足しますが、既存の方面隊は廃止というはなしもありますが、そのまま温存されます。対して中国の人民解放軍では7つの軍管区が5個戦区に変更となります。また兵力も30万人削減されます。無論中国では共産党と軍の間の微妙な関係があり、必ずしも我が国と同じとは言えません。とは言え、政府が主体性をもって軍を変革することが可能なわけですが、我が国ではそれができません。


 実際問題として方面隊、方面隊総監部って必要でしょうか。
 陸自の師団は諸外国では概ね旅団程度の人員、編成です。そして旅団は連隊戦闘団程度でしかありません。
例えば、唯一の機甲師団である第7師団は英陸軍の機甲歩兵旅団と同程度の人員で、しかも先方の方が装甲車両は遥かに充実しております。英軍ではこの機甲歩兵旅団3個で一個機甲師団を編成しております。英陸軍は現役兵力88300名(グルか含む)これに旅団規模の海兵隊が約7000名おり、これを加えても約95,000名です。そして歩兵連隊は1個で7個歩兵旅団と1個兵站旅団からなります、つまり二個師団しか陸軍には存在しません。

 対して陸自は9個師団、6個旅団体制です。しかも師団、旅団には多くのタイプがあり、バラバラで定量化できないので、大規模な動員をかける際に作戦の策定が極めて困難であるという弱みもあります。
 師団、旅団の基幹となる、普通科連隊は実質大隊規模に過ぎません。ですから旅団は3個普通科連隊が基幹あっても実際は一個連隊規模でしないわけです。
 陸自の普通科連隊を一佐が指揮し、実質連隊戦闘団にすぎない旅団、旅団に過ぎない師団を2個★の将官である将補(少将)が指揮するのは階級インフレもいいところです。

 
 例えば現在陸自の旅団3個で1個旅団とカウントするならば2個旅団、現在の陸自の師団を旅団とカウントするならば、併せて11個旅団に過ぎません。これら旅団3個で一個師団を編成すれば4個師団、4個旅団で1個師団であれば3個師団に過ぎません。

 そもそも諸外国では近年では、旅団をまとめて師団として運用している国が多くなっております。師団と旅団を混合しわざわざ使いづらくしている国はあまりないでしょう。


 ところが方面隊は諸外国では師団の上の軍団あるいは軍、です。実際英訳ではARMYと訳しております。例えば西部方面隊であればWestern Army です。

 例えば東北方面隊は2個「師団」ですが、これを「師団」と扱ってもわずか2個師団で軍団、あるいは軍を名乗るのはいかがなものでしょうか。東部方面隊に至っては1個師団、1個旅団に過ぎません。

 現在の師団・旅団を11ないし、12個の旅団に再編し、これを3個で一個師団を編成するにしても4個師団に市議ません。これで「方面隊」が必要なのでしょうか。

 個人的には陸自総隊ができた際には5個方面隊を3個に再編し、しかるのちに師団・旅団の再編成を行って、3~4個師団にして方面隊を廃止すべきと考えます。それでなんの問題もないでしょう。
  あるいは旅団数を削減し、その分兵站や施設などの部隊を充実し、各師団に十分な支援部隊を配するべきでしょう。

 こうすれば、不要な水ぶくれの部隊を絞り、また不要な中間関節組織を廃せるので、将官や高級将校のポストも大幅に削減できます。

 あるいは現代的な戦闘部隊を2個師団程度にして、残りは後方警戒や災害派遣を主とした軽装備の旅団にするということもいいでしょう。
 更には、人員を削減し、その分を人員不足の海自に振り向けることも検討すべきです。

 水で10倍に薄めたような名前だけの師団、旅団が幾つあっても実戦には役に立ちません。
 こういう改革は当事者にはできません。政治が主導力を持って行うべきです。この点は中国共産党を是非見習ってもっと軍事に興味を持ち、指導力を発揮して欲しいものです。

  軍事に無知で、丸投げするのが文民統制ではないでしょう。

あわせて読みたい

「自衛隊」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室圭さん 秋篠宮邸で門前払い

    NEWSポストセブン

  2. 2

    反対ばかりの野党は幼稚園生以下

    笹川陽平

  3. 3

    辻元氏 国会でなく政府が不正常

    辻元清美

  4. 4

    元自衛官 小西議員の矛盾を指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    セクハラの構造こそを批判すべき

    三浦瑠麗

  6. 6

    セクシーヨガ報道に経営者が怒り

    キャリコネニュース

  7. 7

    よしのり氏 セクハラ告発に疑問

    小林よしのり

  8. 8

    よしのり氏「麻生大臣見直した」

    小林よしのり

  9. 9

    銀座の喫茶が炎上覚悟マナー訴え

    キャリコネニュース

  10. 10

    NZでブラック経営の日本人に非難

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。