記事

今、「瞑想」が外資系企業で人気の理由

勝見 明=文

禅、瞑想とくれば思い浮かぶのがジョブズだろう。世界のエリートたちはなぜ瞑想に魅せられたのだろうか。

主な目的は生産性・創造性の向上

グーグル、インテル、フェイスブック、ナイキ……。アメリカの最先端企業でなぜ、「マインドフルネス」と呼ばれる仏教由来の瞑想法が、社内活動のカリキュラムに取り入れられるようになったのか。

マインドフルネスにはいくつか定義があるが、ある専門家は「瞬間瞬間の体験に対して、今の瞬間に、判断をしないで、意図的に注意を払うことによって実現される気づき」と説明する(『グーグルのマインドフルネス革命』サンガ編集部編著より)。要は「“いま・ここ”の現実をありのままに受け止める」といった意味だろう。

このマインドフルネスの特徴は大きく2つある。1つは、単なるメンタルケアではなく、社員の生産性や創造性の向上という経営的課題と結びついていることだ。そして、もう1つはプログラムの内容だ。マインドだけでなく、身体の感覚、つまり、ボディ(身体性)が重視されている。グーグルで行われている「SIY(Search Inside Yourself)」と呼ばれるプログラムの中のエクササイズを見てみよう。

パート1は「身体に気づくプラクティス」。意識を身体に向け、やがて頭の中に考えごとが浮かんできたら、また意識を身体に戻し、さまざまな感覚をありのまま受け止める。パート2は「呼吸に気づくプラクティス」。呼吸に意識を向け、パート1と同じようにする。特徴的なのはパート3の「思いやりの心を育むプラクティス」だ。その日に楽しい会話をした人を思い浮かべ、相手も「心と身体」を持ち、自分と同じであると自らに語りかける。

仮に瞑想中に風が吹いてきたとする。ボディは五感でそれを知覚。その感覚をマインド(脳・心)がほかの感覚と区別し、「心地よい」と認識。それをまた五感にフィードバックしていく。意識をボディに拡散させたまま、マインドは集中している状態。ボディとマインドが一体化した「心身一如」の境地だ。禅僧で芥川賞作家でもある玄侑宗久氏は、この拡散させたまま集中している状態を「うすらぼんやり」と表現する。「うすらぼんやり」では、腹も立たず、不安も感じない。価値判断も、好き嫌いもなく、ありのままを感じ取ろうとするようになる。

これと対照的なのが論理分析的思考だ。ありのままに感じ取るのは、「It seems to me~(私には~に感じる)」という一人称で受け止める主観的世界だ。他方、論理分析的思考は「It is~(それは~である)」と三人称ですべてを客観的に外からとらえる。

この論理分析的思考は近代合理主義の流れをくむ。西洋流合理主義ではマインドとボディを分け、マインドがボディを支配する心身二元論が説かれてきた。これをビジネスに当てはめたのが米国流の分析的経営だ。マインドの計画部門と、ボディの実行部門を分離し(知行分離)、計画を実行よりも上位に位置づける。計画担当の戦略スタッフはMBA取得者が多くを占める。

分析的経営の代表格がハーバード・ビジネススクールのマイケル・ポーター教授の「競争戦略」だ。業界内競争の度合いや新規参入障壁など、5つの要因で市場を分析し、最適なポジションを探る。しかし、市場の変化が速く、不確実性が増すと、分析しても状況はすぐ変わり、いつ、どこから競合相手が出現するかわからない。論理分析的な競争戦略は限界が見えてきた。実際、ポーター氏が設立したコンサルティングファームは2012年に倒産した。

ありのままを体現したジョブズ

こうしたなか00年代に異彩を放ったのが、アップルのスティーブ・ジョブズだ。iPodはソニーのウォークマンとの競争から離れ、好きな曲をいつでもネットから取り込んで楽しめるという新しい価値を生み出した。それはジョブズが携帯型音楽プレーヤーを「It seems to me~」の一人称でありのままにとらえ、「自分は何をやりたいのか」と発想した賜物だった。ジョブズは若いころから禅を学び、結婚の誓いも禅僧の前で行ったことは有名だ。天才のなかでマインドとボディは禅を通して常に一体化していたのだ。

00年代に入り、仕事の仕方も変化してきた。例えば、ソフトウエア開発だ。従来はウォーターフォール・モデルといって、開発工程を順に進める方式が主流で、手戻りが起きないよう、最初に緻密な分析が求められた。このモデルでは開発中に仕様が変化すると、対応が困難で成功率が低かった。

そこで、各工程のメンバー6~7人で一緒にチームを組み、課題を1つ1つ解決しながら、完成させていくアジャイル・スクラムと呼ばれるモデルが登場した。メンバーたちは毎日15分でも集まり、ミーティングを行う。短時間では言葉ですべての意思伝達ができるわけではない。身振りや表情などを通し、身体性を共有しながら、相手をありのままに受け入れ、相互に理解する。すると、相手の仕事の遅れを自分がカバーするなど、チームとして共感力の高い判断ができるようになる。対人関係のストレスも減り、全体の生産性が高まる。ITの最先端でも、心身一如が求められるようになった。実際、グーグルではマインドフルネスによって、チーム力や信頼関係が深まったという。

さらに、ジョブズのように、創造性が喚起される点も特筆すべきだ。いくつかの実験で、マインドフルネスを行った被験者は、新しいアイデアを生み出す創造力や柔軟性が促されることが実証されている。「自分は何をやりたいのか」という一人称の世界が開け、自分の中にある豊かな知を呼び覚まし、より自由に発想できるようになるのだろう。

日本人はもともと心身一如の境地に馴染んでいた。日本でも最近、マインドフルネスの人気が高まっている。いわば“里帰り”。効果を最も享受できるのは、われわれ日本人である。それは米国流経営に流れて、一時期失われた組織の共感力や創造力を取り戻すチャンスでもある。

あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  2. 2

    「人殺し大臣」発言に懲罰はなし

    和田政宗

  3. 3

    川上量生氏「批判は私が受ける」

    川上量生

  4. 4

    川上量生氏の独白 都が裏取引か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  6. 6

    山本太郎氏の品位欠く罵声に呆れ

    早川忠孝

  7. 7

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    「日本の技術はスゴイ」は勘違い

    Dr-Seton

  9. 9

    枝野幸男氏「私こそ保守本流」

    キャリコネニュース

  10. 10

    野田氏への疑惑が総裁選に影響か

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。