記事

ハーバード・ビジネス・レビュー編集長は「働きたくなる会社」をどう考えているか

1/3
dhbr-cybozushiki-iwasa-yfujimura-610.jpg

仕事のやりがい、報酬、成果は何か。人の「働きたい」という気持ちが仕事の成果に直結するともいえる今、改めて「働きたくなる会社」とは何だろうと思いました。

サイボウズ式は、「DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー」(DHBR)の読者のみなさまと「働きたくなる会社」についてディスカッションをすることにしました。この議論を通じて、日本企業の未来を議論していきます。

ハーバード・ビジネス・レビュー 編集長の岩佐文夫さんは「働きたくなる会社」をどう考えているのか。サイボウズ式 編集長の藤村能光が聞きました。

自分ごとで考えられるか、「批判と対案」を出し続けられるか

dhbr-cybozushiki-yfujimura-40-40.jpg

ハーバード・ビジネス・レビューは"経営幹部たちの「秘密の教科書」"であり、読者は、経営者に加え、将来の幹部候補や企業のエース的な存在が多いと伺っています。岩佐編集長にとって、その読者はどう映っているのでしょうか?

岩佐文夫さん

尊敬しています。この人達の期待に応えたいという思いが強いです。

普通の人って、すぐに答えを求めたがるじゃないですか。例えばマーケティングなら、Webとテレビと新聞の広告の比率はこうだと。そう言ってくれれば分かりやすいけど、ビジネスはそんなに単純じゃない。

ハーバード・ビジネス・レビューの読者は、それを抽象化して、自分で考えようとする。経営って基本は矛盾だと思います。だからこそ、おもしろい。だれもが同じ応えに行く着く問題ではないんです。それを考えようとするのが尊敬できる。

dhbr-cybozushiki-yfujimura-40-40.jpg

自分ごとで考えぬけるということですね。


岩佐文夫さん

人間って「人に貢献したい」のが本質だと思うんです。何かを持ちかけられると、解こうとする。

僕は、困ったことがあると何人かの人に相談にいくんです。「こう考えているんですけど、どうですか?」と聞くと、まるで自分ごとのように考えてくる。

その人たちがいい人なのか? もちろんそうですけど、目の前に課題が与えられたら解かずにはいられない習性なんだと思います。そういう人がDHBRの読者の典型です。

dhbr-cybozushiki-yfujimura-40-40.jpg

「自分の意見を持っている」という点も強そうです。


岩佐文夫さん

その点でいうと、これはメディアとの健全なつきあい方の話にもなりますが、情報のすべてを鵜呑みにしないことも大事です。

理想は、あるテーマに対して「批判と対案」を出すこと。それを繰り返すと、世の中は1ミリずつよいものになっていく。僕も、そういう議論がどうやってうまれるかをよく考えています。批判ばかりも好きじゃないし、礼賛ばかりも発展がないと思います。

「その会社で働きたい」は、今の時代の競争優位性となるか?

dhbr-cybozushiki-yfujimura-40-40.jpg

働きたくなる会社を岩佐編集長が読者と考えてみたくなった理由は?


岩佐文夫さん

人工知能は人の仕事を奪うと言われています。実はその前から、「人・モノ・カネ」という経営の3資源のうち、これから人がますます重要になってきています。

お金は余るだろうし、企業が何かをやる時にお金を集める手段は、クラウドファウンディングのように多様化していますから。

dhbr-cybozushiki-yfujimura-40-40.jpg

人が一番大切だと。


dhbr-cybozushiki-iwasa002-610.jpg

岩佐文夫さん。1964年大阪府生まれ。1986年に自由学園最高学部を卒業し、同年、財団法人日本生産性本部入職(出版部勤務)。2000年ダイヤモンド社入社、DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー編集部。2004年書籍編集局に異動し書籍編集者に。2012年より編集長に

岩佐文夫さん

はい。一番希少なのは人で、人を集めるのが一番難しい。

優秀な人をたくさん採用し、人にどう働いてもらうと生産性が飛躍的に高まるか。そのためには人の能力をどう引き出すか。どうすれば自発的にその人は働こうとなるか──。

それが企業の競争優位性に直結する。「その会社で働きたい」ということが、すべての指標になるくらい重要な気がするんです。

dhbr-cybozushiki-yfujimura-40-40.jpg

社長の青野が書いた『「働きがいのある会社ランキング」に思う』では、会社での仕事だけでなく、育児や家事も働くことだという論旨がありました。

岩佐文夫さん

正論ですよね。働くってそれだけじゃない、まったくそうだと思います。

働きたくなる会社、もっと言えば、お金のために働く必要のない社会を作った方がいいかも、と思っています。そのために社会をよくしたい。

やりたいこと、やっていること、利益のプロセスは一直線か

dhbr-cybozushiki-yfujimura-40-40.jpg

好きな会社が4つあるとお聞きしました。東京糸井重里事務所、気仙沼ニッティング、ライフネット生命保険、そしてサイボウズ。その共通点はありますか?

岩佐文夫さん

公明正大というとつまんないですよね。自分の言葉で言えないかと、ずっと考えていて。最近は4つじゃなくて5つと言っているんだけど、(5社目は)六花亭ですね。

共通するのは、「やりたいこと」「やっていること」「利益を出しているプロセス」、そのすべてが一致している企業です。

dhbr-cybozushiki-yfujimura-40-40.jpg

なるほど。


岩佐文夫さん

僕、最近カメラをはじめて、わかったことがあるんです。

いい写真を撮るには光学の知識や絞りやシャッタースピードの調整などの技術が必要ですが、それがあればいい写真がとれるかというとまったく違う。「何を撮りたいか」という意思が問われるんです。

dhbr-cybozushiki-yfujimura-40-40.jpg

分かります。


岩佐文夫さん

経営もまったく同じで、よい経営には知識も技術も必要。だけど、最終的にその企業が何をやりたいの? どういう社会をつくりたいの? という意思がはっきりしていないといけません。

「こういう社会を作りたい」「だからこういう事業をやっている」「そして、こういう売り方をしている」──。これらにきれいな線が見えた時、僕はそれをいい会社だと思うんです。

あわせて読みたい

「仕事術」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「人権守れ」日本人のズレた叫び

    自由人

  2. 2

    石破氏に苦言呈す甘利氏に違和感

    郷原信郎

  3. 3

    新潮45問題で不買運動はおかしい

    やまもといちろう

  4. 4

    別れさせ屋に脅された女性の恐怖

    BLOGOS編集部

  5. 5

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  6. 6

    安倍首相は会談の情報開示せよ

    大串博志

  7. 7

    半分、青い。の震災表現は逃げ

    井戸まさえ

  8. 8

    ワークマンの新業態が女性に人気

    MAG2 NEWS

  9. 9

    楽天が追い付けないAmazonの強み

    PRESIDENT Online

  10. 10

    大正製薬 特許切れで人員大削減

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。