記事

えっ、まさか!鈴木候補を投票に行ったら鈴木候補が他にもいた!同姓同名の立候補は得票にきちんとルールがあった! | 増沢諒

投票に行ったことがある人なら分かるでしょうが、投票用紙は白紙。そこに、自分が投票したい候補者の名前を書きます。そして、投票に行ったことがある人なら一度は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか?「もし同姓同名の人が立候補したら、どっちの票になるの?」実際の事例を交えてご説明します。

藤沢市長選には2人の「鈴木」さん

2月中旬に行われた神奈川県藤沢市長選では、同姓同名ではないものの、2人の「鈴木さん」が立候補しました

そのため、投票用紙に「鈴木」とだけ書くと、どっちの鈴木さんか分からない、事態が発生しています。通常、こういった場合には「按分」という方法で、票を分け合うことになります。

例えば、「鈴木」だけの場合は、両方の鈴木さんに「0.5票」入ることになります。その他、どちらの鈴木さんか分かるような言葉が書いてある場合は、どちらの鈴木さんか判断し、得票とカウントします。

例えば、「鈴木 女」や「鈴木 66歳」などが有効になります。もちろん、フルネームで書くことが1番望ましいのですが、居住地域名・性別・年齢でも有効と認められることがあります。

しかし!今回の藤沢市長選ではなんと、どちらの鈴木さんも同じく、66歳。加えて、どちらも元の経歴が市議・県議なので、「66歳で、昔市議をやっていた鈴木さん」と書いたとしても、どっちの鈴木さんか分からないという状況でした。たまたま性別が男・女だったため、「鈴木 女」などの表記で区別することができましたが、ここまで候補者のプロフィールが似ていることもあるのですね。

ちなみに、2月14日の投開票の結果、前市長の鈴木恒夫さんが再選しました。次点は鈴木とも子でしたが、実に4倍近い得票数で圧勝でした。

完全に同姓同名の選挙も!

鈴木さんの場合は苗字が同じケースでしたが、では完全に同姓同名の場合はどうなるのでしょう?同姓同名の場合は居住書を書くことが勧められており、他にも、所属政党・前職の経歴・年代を書くことでも、区別が認められます。

実際に、1958年の衆院議員選挙で長崎2区において、2名の「北村徳太郎」さんが出馬しました。自民党の大物議員であった北村徳太郎氏に対してのある意味の妨害作戦だったようですが、この時は、「前大臣の」「佐世保の」「無所属の」「40代の」などを付けるように自民党の北村陣営からは呼びかけが行われました。

他にも、2004年12月5日の沖縄県北中城村長選において、2名の「喜屋武馨」さんが立候補したことがありました。現職村長の喜屋武薫さんと、元村議会議長の喜屋武薫さんの戦いだったのですが、その結果、選挙を制したのはなんと、新人の元村職員、新垣邦男さんでした。

北海道には鈴木宗男さんが2人

北海道では、鈴木宗男さんと同姓同名の方が立候補したことがありました。しかも、この鈴木宗男さんは、本物の鈴木宗男さんに担がれた人物・・・何を言っているの?と混乱している人も多いでしょう。

鈴木宗男さんは、「鈴木宗男事件」と呼ばれる汚職事件を受け、立候補することができない「公民権停止処分」という罰則を課されています。そのため、自分自身は立候補できませんが、同姓同名の候補者を立候補させることで有権者に、「あれ?鈴木宗男さんて汚職事件で有罪になったと思ったけど、もう活動しているんだ」と思わせるような宣伝を行いました。

政治家の名前はなかなか覚えてもらえません。政治家が必死に街頭演説を行なっても、名前すら覚えてもらえません。選挙前になると各家庭に配らえる選挙公報を目にすることや、投票所に行って候補者名を目にすることで、候補者の名前を初めて知った、という方も多いでしょう。

鈴木宗男さんは自分の同姓同名の鈴木宗男さんを立候補させ、宣伝を行なったというわけです。
法律上では禁止されていませんが、まさかこんなマンガみたいなことを本当にやるなんて・・・さすがです。

繰り返しになりますが、苗字が同じ場合は名前までフルネームで書くこと、同姓同名の場合は居住地を書くことが望ましいとされています。さらに、名前だけではなく、訴えている政策なども、しっかりと理解できるような有権者になりたいものですね。

あわせて読みたい

「統一地方選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    飲食経営の美談に隠れた労働問題

    東龍

  2. 2

    孫社長 ライドシェア規制を批判

    ロイター

  3. 3

    日本のマナー理解できない外国人

    中村伊知哉

  4. 4

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    田原氏「麻原彰晃はマジメな男」

    田原総一朗

  6. 6

    兄から性的虐待7年 妹が苦悩語る

    渋井哲也

  7. 7

    橋下氏 夏の甲子園は見直すべき

    橋下徹

  8. 8

    自民を造反しない進次郎氏に失望

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    支持0%台の国民党 悲惨な代表選

    文春オンライン

  10. 10

    LGBT支援を批判 自民議員に苦言

    足立康史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。