記事

中年のKindle離れ そして、やっぱり紙媒体って色々いいね

09

すまぬ、最近、ギスギスしたエントリーが多くて。Yahoo!個人で藤代裕之氏「Yahoo!嘘つき」発言問題で2本原稿を公開したが、それなりに好評だった。いや、信者がいるようで、そもそもこのネタ、触れづらいという雰囲気のようだが。

ヤフー宮坂社長は藤代氏をスルーしてもいいのではないか ジャーナリズムとは何なのか問題(常見陽平) - Y!ニュース

「お前がジャーナリストを名乗るな」 もうひとつの「ジャーナリズムの危機」(常見陽平) - Y!ニュース

温厚を絵に描いたような明るく朗らかな性格なのに、どうしてこう檄文、アジ演説調になるのだろう。そういえば、昨日、連合が主催した「若者雇用促進法」のセミナーでパネルディスカッションに登壇したが、穏やかに話すつもりが、アジ演説調になってしまい、労働組合の皆様が逆に引き苦笑するという・・・。パネルディスカッションなのに、なぜか私のパートが終わったあと、拍手喝采だった。

いや、だから、普段は穏やかなのだ。私は社畜から家畜になった男だよ。いつも家内に料理をつくり、その後、晩酌をしながらiPadをテレビにつなぎdTVで『おそ松さん』を見るのが生き甲斐の小市民なのだ。

ゆるいことを書こう。

BRUTUSを17年くらい毎号、欠かさず買い続けている。数年前までは全部保存していたのだが、結局、手放した。それ以降も、毎号買っている。特集がなんであれ、買う。おしゃれ中年は『BRUTUS』なのだ。たまに『Casa BRUTUS』や『POPEYE』、さらには『Pen』と『LEON』も買うけどな。




で、だ。最新号を買おうと思ったら、ついにKindle版が登場していることが判明。というわけで、今回はKindle版にしてみた。

・・・うーん。

どうだろう、これ。

いや、雑誌というのは、さくっと読んで、その後は適当にマガジンラックにおき、その後、お気に入りのものは保存し、捨てたりあげたりするわけだが。Kindleだと場所をとらないし、だんだん紙がいたんだりしないのだが。

・・・何か違う気がする。読みづらいし、味気ないし。家族で共有できないし。

いや、Kindleと雑誌は親和性が高いと言われていたが、すべての雑誌がいいわけではなくて、相性があるんだろうね。BRUTUSの紙、かっこいいし。次号はファッション特集で、毎回、結構厚いわけだけど、しかも、過去の経験では最も捨てる可能性が高い号なのだけど、やっぱり『BRUTUS』は紙にしておこうかと思った次第だ。

思うに、紙の良さってやっぱりあると思うのだよね。やっぱり、この温かさと、丁寧に作りこまれている感じと、プレミアム感が違う。

いかにも紙媒体苦しいぞ報道がいっぱいだし、出版社も書店も大変で、実際倒産の報道とかあったりするわけだ。苦しい分、マジでやっているわけで。

関連して言うと、やっぱり紙でちゃんと修行した人は違うなって思った次第だ。ネットは、伸びている分、誰でもできたというか、諸々甘やかされてしまっていたというか。まあ、その紙媒体も結局、どれだけの期間、マジでやっていたかによるなと思ったり。

・・・結局、最後はギスギスしてしまった。

やっぱり紙媒体好きなもので。

さあ、今日もネットニュースなんてスルーしつつ、紙媒体を楽しみますかね。みんなが横書きの文字を読みまくるので、私は縦書きの文字を堪能するのだ。うん。

あわせて読みたい

「電子雑誌」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に衝撃を与える米国の"レールガン"

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  2. 2

    橋下氏"舛添さんは論点整理すべきだった"

    PRESIDENT Online

  3. 3

    「妥協婚」した夫は"友人に見せたくない"?

    キャリコネニュース

  4. 4

    18歳選挙権で高校生から政策に鋭いツッコミ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    東京23区で著しく増加している中国人の人口

    マンション選び研究所

  6. 6

    出演者をCGで削除 繰り返すテレビの"捏造"

    メディアゴン

  7. 7

    田原氏"舛添さんのそそっかしさが出た"

    田原総一朗

  8. 8

    共産党に苦言もできない民進党の劣化ぶり

    足立康史

  9. 9

    よしのり氏"マスコミの若者信仰は病気"

    小林よしのり

  10. 10

    中国保険大手に"タイタニック級リスク"か

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。