記事

対歴史戦の武器開発プロジェクトが進展中

近年、中国、韓国を中心として、近現代史を舞台とした歴史戦を挑まれています。

中国、韓国とも、難癖どころか捏造を武器として戦闘を仕掛けてきていますが、我が国としては、捏造に捏造をぶつけても、勝利はおぼつきません。
やはり、戦うためには正確なエビデンスが必要です。

そのエビデンス(武器)は、存在しているものの、ほこりをかぶったまま役に立っていないのが現状です。

その武器とは、国立公文書館に大量に眠ったまま、現代語訳されていないため、ほとんどの人には読むことができない公文書です。

資金をクラウドファンディングで集め、この公文書を、現代語訳してネットに公開しようというプロジェクトが、進んでいます。
歴史の欠片「公文書」を解読して本当の近現代史を知りたい

もちろん、この活動は、歴史戦に寄与するだけでなく、貴重な文化遺産の発掘になります。
我々のご先祖様が、どんな想いで、この日本を作ってきたか、確認することもできるでしょう。

ファンディングは、1ヶ月の期限で、3月24日から始まり、まだ1週間も経っていません。しかし、既に目標額100万円の68%もの資金が集まっています。

この調子で行くと、達成は間違いないですが、これだけ集まると言うことは、このプロジェクトに対する期待が大きく、もっと大規模なプロジェクトに発展して行く可能性があるのではないでしょうか。

公文書から読み取れた事例として、韓国と台湾に、いわゆる旧帝大が作られ、日本と同じ教育を施そうとしていたことが示されています。
公文書を発掘すると、こうした興味深い事実が、いろいろと出てくるでしょう。

今、ファンディングに参加すると、いろいろと特典もあるようです。

興味のある方は、是非、覗いて見て下さい。

あわせて読みたい

「歴史」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クロ現「日本の防衛」報道に驚き

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    加計で総理批判する国民に疑問

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  3. 3

    笹子トンネル事故に"新事実"判明

    週刊金曜日編集部

  4. 4

    小林麻央 2年8ヶ月ガンとの戦い

    渡邉裕二

  5. 5

    田原氏語る共謀罪強行採決の理由

    田原総一朗

  6. 6

    "保守化"を認められない老人たち

    城繁幸

  7. 7

    石破氏 自民党は議論の自由ない

    『月刊日本』編集部

  8. 8

    外務省は韓国の告げ口外交許すな

    tenten99

  9. 9

    麻央さん死去 報道の姿勢に苦言

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    中田宏氏 私も秘書に暴言吐いた

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。