記事

フェイスブック導入の新ボタン、使い方にご注意

「空港の駐機場で5時間も足止めされた」―「いいね!」は48個。「借家から退去させられた」―137個だ。「飼い犬が死んだ」―412個だ。

 人生は、親指を立てて喜びたいほど良いことの連続ではない。しかし、過去7年間、交流サイト(SNS)のフェイスブックで、指で簡単に示せる選択肢は、曖昧模糊として楽天的な感情(「いいね!」)だけだった。

 ただし、それも水曜日(24日)までだ。世界最大のSNSであるフェイスブックはこの日から、ユーザーが怒ったり、悲しんだりするのを可能にし始める。はたまた愛を広めたりすることさえ可能になる。世界で新たに5つの「リアクションボタン」の運用を始めるのだ。その中に要望の多かった「Dislike(よくないね)」は入っていない。

 「いいね!」ボタンがなくなるわけではないが、今後はその上にマウスのカーソルを合わせると、5つの選択肢が現れる。「超いいね!(Love)」、「うけるね(Haha)」、「すごいね(Wow)」、「悲しいね(Sad)」、「ひどいね(Angry)」の5つだ。スマートフォン用アプリでは、いいね!を長押しすると、これらの選択肢が表示される。少し見つけにくいかもしれないが、これらはこれまでの「いいね!」と同じように機能する。リアクションの集計数は投稿の一番下に表示される。投稿が公開されているのであれば、リアクションも同様に公開される。

 疑問を持つ人のために一応言っておくと、フェイスブックは、このリアクションを使った広告の微調整は現時点ではしないとしている。ただし、将来についてはそれを否定していない。

 シンプルなことのように聞こえるかもしれないが、そうでもない。この小さなボタンには大きな社会的意味合いがある。複雑な人間の感情を一連のパックマン・フェイス(丸顔の絵文字)に押し込めるのは危険だ。とりわけ、われわれはこれまで既に「いいね!」で満足感を伝えていたのだから。あの小さなボタンは1日に何十億回も押されている。

 カリフォルニア州立大学のラリー・D・ローゼン名誉教授(心理学)は、われわれが「最小限の努力で感情を表す方法を探そうとしている」と指摘する。テクノロジー依存に関する書籍「iDisorder(邦訳「毒になるテクノロジー」)」の著者でもある同教授は、「『悲しいね』ボタンをクリックして、即座に深い感情を表現できたように感じるのであれば、問題だ」と話す。

 新しいリアクションボタンを1週間使ってみて、わたしは「いいね!」だけのときには問題にならなかった微妙なバランスがあることを発見した。われわれにはそれらをいつ使えて、いつ使えないかを示すルールが必要だ。そこでわたしは、それについて考えてみたいと思う。

「いいね!」と「超いいね!」


Photo: Facebook

 皆さんは否定的な感情を示す新しいボタン(「悲しいね」と「ひどいね」)が一番問題になると思うかもしれないが、実際に大問題だと分かったのは、「超いいね!」ボタンだった。

 わたしはこのツールを使い始めた最初の日、ニュースフィードのほぼ全てに「超いいね!」を押した。婚約の発表や、猫がスキーする動画などだ。もともと猫が「好き(like)」なわけでもないのに、である。

 しかし、「All You Need is Love」と歌ったジョン・レノンは間違っていた。われわれに必要なのは「love(愛)」だけではない。親友に生まれた女の赤ちゃんと、マクドナルドの新製品と、どちらの方を強く「愛する」かという質問は愚問だ。つまり、実生活と同様、このloveという言葉は慎重に使うべきなのだ。

 カリフォルニア大学のトマス・ブラッドベリー教授(心理学)は、「loveはたくさんのlikeを上回るものだ。質的に違う」と述べ、「超いいね!ボタンを押すときは、『これは本当に特別だ』と考えるべきだ」と話す。

「悲しいね」と「ひどいね」


Photo: Facebook

 どうやらマーク・ザッカーバーグ氏の母親は、彼が幼少時に、「他人に伝えたい素晴らしいことがないなら、何も言わないの!」と繰り返し言っていたに違いない。フェイスブックは(最高経営責任者=CEO=である彼の母親のそうした教えもあったせいか)、われわれを泣かせたり、怒らせたりする人やモノが、われわれの生活に一切存在しないと想像していた。

 2つの否定的なボタンの追加は、この状況からの解放を意味する。悲しい投稿に直面したとき、応援したい気持ちを示すために「いいね!」ボタンを押すべきか否かについて、話し合う必要がなくなるのだ。今後、怒りと悲しみをクリック1つで表現できるようになる。でも、だからと言って、そうすべきだという意味ではない。

 「悲しいね」ボタンの導入前は、最愛の人の死や難病との戦いといったつらいニュースを読んだとき、意味のある返事を入力する必要があった。導入後は、既に非人格的なショートカット(そっけない手法)、つまり冷たく感じられるそっけない感情表現が、はるかに非人格的に冷たく感じられるようになるだろう。


 前出のローゼン教授は「われわれは既に、面と向かったインタラクション(やりとり)を減らしてきた。これは真のコミュニケーションのための時間を取らないもう1つの言い訳になるだろう」と述べ、「これらのツールは既に、関与するためのわれわれの能力に影響を及ぼしている。怒ったり、あるいは共感したりする能力に影響していくのだ」と語った。

 ローゼン教授らの研究によると、つらいときに応援されているような気分にさせるという点においては、実際に面と向かって共感を示された方が、バーチャルに共感を示される(フェイスブックへの投稿を含む)より6倍効果が高いという。フェイスブックの投稿にそれほど効果がないのであれば、悲しい顔の絵文字の効果はずっと小さいと想像できよう。

 では、どうすれば良いのだろうか。たった一粒の涙をうかべるだけのパックマンの顔を受け取る人のことを考えてみよう。ボタンを押す代わり、または押した上で、じっくり考え、メッセージを書くべきだ。

「うけるね」と「すごいね」


Photo: Facebook

 フェイスブックの製品開発責任者であるジュリー・ジュオ氏によると、同社はユーザーがコメント、ステッカーないし絵文字で最も多く示していた感情を基に、5つのリアクションを選んだという。「すごいね」は、幅広いOMG(Oh My God)レベルの感情を、良いものも悪いものも含め、カバーしているように見える。「うけるね」は、それよりずっとシンプルな印象だ。

 しかし、そこでわたしは、これがインターネットなのだということを思い出した。

 例を挙げよう。友人の飼い犬が手術を受けた。友人は犬がペット用のコーン(エリザベスカラー)をしている写真を投稿した。あなたは「うけるね」ボタンを押した。犬が衛星放送のアンテナのように見えたからだ。でも、友人は困惑した。「面白くないよ。この子(飼い犬)を失いかけたのだから」と。優れたコメディアンたちが言うように、聴衆を知ることが必要なのだ。

 「すごいね」には、これと逆の問題がある。どれにでも合うように見えるのだ。だが、キラキラと輝くダイヤの指輪と、ひどい車の事故に同じボタンを押して本当に良いのだろうか。

 最後に、新しいボタンを押される側の人に向けてアドバイスしたい。あまり真剣に受け取るなということだ。結局のところ、それらは人間の感情にみせかけた顔の絵であり、ただのボタンに過ぎないのだ。

By JOANNA STERN

あわせて読みたい

「Facebook」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    水原希子「日本人」発言は捏造

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  3. 3

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  4. 4

    iPhoneXで生活は全く変わらない

    永江一石

  5. 5

    国民に刺さるのは左翼でない野党

    AbemaTIMES

  6. 6

    水原希子ヘイト騒動 本人も問題?

    メディアゴン

  7. 7

    車道ベビーカーなら「日本死ね」

    花水木法律事務所

  8. 8

    都知事 秘書の異常待遇言及せず

    週刊金曜日編集部

  9. 9

    10月解散総選挙なら自民の不戦勝

    NEWSポストセブン

  10. 10

    河村市長は衆院選出馬やめるべき

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。