記事

今の人はいくら溜めたら将来安泰なんだろう?

15年ぐらい前は、お金を貯めてマンションを買って、マンションを貸し出して賃貸料で暮らすみたいな話が労働者からの卒業みたいに言われてました。(「金持ち父さん、貧乏父さん」)

ある程度の年齢まで働いて、お金を貯めて、その資産を回すことで、働かないで生活費が出るようにして、労働者としての人生を引退というお話ですね。

不動産だったり、株だったり、年金だったりというのが、引退しても生活費を出すための手段だったのですね。

ところがどっこい、今の時代、少子化で一部の大都会以外の土地の価格は下落し続けていて、株価はだだ下がりで、物価は上がっても年金の支給額は上がらないし、年金の運用で失敗して7兆8800億円減ったとかとか。。。

ってことで、今の時代って、ここまでお金を貯めたら、これで労働者としての生活は卒業して、ゆっくり生活ってラインが見えないんですよね。

いくらぐらいのお金があったら、満足した生活が送れるのかもわからないので、お金持ちの高齢者がもっとお金を欲しがっちゃったりしてます。

お金を貯めても、マイナス金利で減るわけだから、ここまで稼いだら安心ってのが余計に遠ざかりますよね。

将来が安泰だから、若い人や次世代の人を支援する側に回るというのが出来ない世の中なんです。

ってのを、「マイナス金利は心配無用。国民も政府もメリットのほうが大きい」って記事を読んで思った昨今です。
http://diamond.jp/articles/-/86888

今の時代っていくら稼いだら、絶対安泰って断言出来るんですかね?
この記事に賛同する人に聞いてみたいです。

あわせて読みたい

「マネー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    14億円不正引き出し セブン&アイに逆境

    ヒロ

  2. 2

    首都圏の通勤電車 最も遅延が多い路線は?

    マンション選び研究所

  3. 3

    舛添氏と女子大生襲撃犯 共通する精神性

    新井克弥

  4. 4

    「韓国人学校は優遇されている」は本当か?

    SYNODOS

  5. 5

    普通の家計の貯蓄額は1805万円か997万円か?

    ニッセイ基礎研究所

  6. 6

    "トンデモ事件"から見る現代中国の実態

    文藝春秋SPECIAL 2016夏

  7. 7

    時代錯誤でしかない「日本会議」を解剖する

    週刊金曜日編集部

  8. 8

    世界のトップリーダーが睡眠を重視するワケ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    橋下徹氏とSEALDs玉木氏の絶望的な乖離

    マガジン9

  10. 10

    "営業利益5000億"目標 ソニーの復活は本物

    片山 修

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。