記事

今の人はいくら溜めたら将来安泰なんだろう?

15年ぐらい前は、お金を貯めてマンションを買って、マンションを貸し出して賃貸料で暮らすみたいな話が労働者からの卒業みたいに言われてました。(「金持ち父さん、貧乏父さん」)

ある程度の年齢まで働いて、お金を貯めて、その資産を回すことで、働かないで生活費が出るようにして、労働者としての人生を引退というお話ですね。

不動産だったり、株だったり、年金だったりというのが、引退しても生活費を出すための手段だったのですね。

ところがどっこい、今の時代、少子化で一部の大都会以外の土地の価格は下落し続けていて、株価はだだ下がりで、物価は上がっても年金の支給額は上がらないし、年金の運用で失敗して7兆8800億円減ったとかとか。。。

ってことで、今の時代って、ここまでお金を貯めたら、これで労働者としての生活は卒業して、ゆっくり生活ってラインが見えないんですよね。

いくらぐらいのお金があったら、満足した生活が送れるのかもわからないので、お金持ちの高齢者がもっとお金を欲しがっちゃったりしてます。

お金を貯めても、マイナス金利で減るわけだから、ここまで稼いだら安心ってのが余計に遠ざかりますよね。

将来が安泰だから、若い人や次世代の人を支援する側に回るというのが出来ない世の中なんです。

ってのを、「マイナス金利は心配無用。国民も政府もメリットのほうが大きい」って記事を読んで思った昨今です。
http://diamond.jp/articles/-/86888

今の時代っていくら稼いだら、絶対安泰って断言出来るんですかね?
この記事に賛同する人に聞いてみたいです。

あわせて読みたい

「マネー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    舛添氏に投票した人は今度は誰に?

    猪野 亨

  2. 2

    "怪獣映画"の満足感がある「シン・ゴジラ」

    krmmk3

  3. 3

    鳥越氏は面白すぎるを通り越して少し無残

    tokyo editor

  4. 4

    よしのり氏"犠牲の障害者らの名前公表を"

    小林よしのり

  5. 5

    都知事選の終盤情勢 小池氏が優勢維持

    ニコニコニュース

  6. 6

    中田宏氏"小池百合子氏に軍配を上げたい"

    中田宏

  7. 7

    "親切心"で引き起こされた相模原刺殺事件

    赤木智弘

  8. 8

    ダイソンvsルンバ ロボット掃除機の覇者は?

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  9. 9

    政見放送で"音声カット" 法的な問題点とは

    BLOGOS編集部

  10. 10

    自民党都連のドンを落選させた"魔境"とは

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。