記事

「こんなエゴ許しては日本の民主主義おかしくなる」自民党の定数削減案に細野政調会長



 細野豪志政策調査会長は23日午前、国会内で記者会見を開き、(1)衆院選挙制度改革(2)「中小企業正規労働者雇入臨時助成金の支給に関する法律案」の提出――等について発言した。

 衆院選挙制度改革について自民党は22日、2015年の簡易国勢調査結果を基に定数10削減(小選挙区6、比例代表4)を行うとするものの、小選挙区定数に関して、人口比をより反映するアダムズ方式に基づき答申が提案した「7増13減」を採用せず、独自の「0増6減」で行う方針を打ち出した。これに対して細野政調会長は、「われわれは、消費税の時の約束からすれば10減というのは非常に少な過ぎるが、早急にやらなければならないなかで、第一歩としてはやむなしということで受け入れる考えだ」と民主党の立場を明確にしたうえで、自民党の考え方については「とても承服しかねる」と批判。(1)野党の中からは「政治的に決めていくしかなく、第三者機関に委ねるのはいかがなものか」という声があるなか、それを振り切り自民党が設置した第三者機関の答申を拒否するものであること(2)すでに最高裁判決が違憲だとして廃止を求めた「1人別枠方式」を温存する形で合理性のないものになっていること――の2つの問題点挙げ、「その背景には、定数による『ゲリマンダー』※があると思う。自民党案で6減とされる岩手、三重、沖縄は、自民党が小選挙区でほとんど取れていない地区。一方で13減には入っているが6減に入っていない選挙区を見ると、長崎、広島、愛媛など自民党が小選挙区を独占しているところがほとんどだ。こんな政党のエゴを許しては日本の民主主義はおかしくなる。自民党の提案の深刻な問題をぜひ皆さんに理解してもらいたい」と述べた。

 次に、中小企業が正社員を増やせる環境を整備する「中小企業正規労働者雇入臨時助成金の支給に関する法律案」(中小企業社会保険料負担軽減法案)を25日午前に提出すると報告。「政府は法人税の減税を言っているが、その財源として外形標準課税を強化するという中小企業に対して厳しい案になっている。それに比べて中小企業の社会保障の負担軽減というのは、企業をしっかり後押しすることになると思う。国会に提出することで国民の皆さんに知っていただき、委員会での審議で成立を目指していきたい」と述べた。

 維新の党との合流をめぐっては、同日の幹部会合で新党の方向性を確認したことについて感想を求められ、「今日、少なくとも明日に向けて(岡田代表から)そういう意思は聞いたので、それ自体は前進ととらえている。このことで、国民の期待が大きく変わることはないだろうと思うが、少なくとも安倍自民党政権に代わりうる選択肢がここにあることを示すことにはなるのではないか。それを中心に他の野党とどう協力、連携していくのか、そこはいろいろな可能性があると思う。大事なのは、核ができること。それによって事態が好転していくことを期待したい。国民にとっては選択肢があることは大きなメリットだと思う」とその意義を強調。政策的な意味での国民へのアピール点についての質問には、「昨年来議論を重ねてきたので、民主党と維新の党との政策的な齟齬(そご)はほとんどなくなった。政治的な判断は岡田代表自身が下されたので、そのもとで新しい党がどういう旗を立てていくのか、明日以降党内で議論していくことになるが、そこはさらに国民の皆さんに分かりやすいものを提示できると思う」「内政での共生や多様性は非常に大きな旗になると思う。民主党の旗としてやや不鮮明になっている改革政党も柱になるだろう。そのうえで、安全保障についてはしっかりと現実的に対応して、一方で安倍政権にブレーキを踏んでいく。このあたりはすでに柱としては見えて来ているので、それをどう具体化していくのか、どう国民の皆さんにお伝えしていくかは、これからの作業になってくる」などと述べた。

 ※特定の政党・候補者に有利なように選挙区の区割りをすること。また、そのような選挙区。かつて米マサチューセッツ州のゲリー知事が自党に有利な選挙区割を定めたところ、その形が想像上の怪物サラマンダーに似ていたことから生まれた言葉。

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「議員定数削減」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新宿区が広報せず高齢者情報提供

    田中龍作

  2. 2

    日本の旅館が外国人にウケない訳

    内藤忍

  3. 3

    バブルを懐かしむ50代女性の貧困

    NEWSポストセブン

  4. 4

    金持ちが駆使する相続税の抜け穴

    MAG2 NEWS

  5. 5

    おっぱい飲ませ登場 モデル賛否

    女性自身

  6. 6

    神対応ボランティアの裏に仕掛人

    中妻穣太

  7. 7

    安倍首相を支える産経の無料記事

    舛添要一

  8. 8

    野田前首相 カジノ法案に目が点

    野田佳彦

  9. 9

    鳥貴族が大苦戦 値上げで客離れ

    MONEY VOICE

  10. 10

    ヒカキンが寄付呼びかけ16万人増

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。