記事

ガチャ規制議論とTCG(トレーディングカードゲーム)について

昨日、4Gamerにガチャ規制に関する議論の記事と、ヤフーニュース個人に補足を入れておいたのですが、いくつかメールでの反響として「TCG(トレーディングカードゲーム)はどうなの?」という質問をいくつかいただきました。

【山本一郎】グラブルの消費者問題に寄せて――スマホゲーム業界全体に漂う問題を軽くまとめてみる
http://www.4gamer.net/games/238/G023885/20160108049/
【山本一郎】ソシャゲのガチャで,本当にヤバい問題はどこなのかhttp://www.4gamer.net/games/238/G023885/20160216028/
ソーシャルゲームのガチャ規制論の推移と今後の動きについてhttp://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/20160216-00054477/

 TCGとコンシューマーアクトについては昔からアメリカや欧州(とりわけドイツ)で議論になっていますが、現状で言えば適法である、セーフだという見解になっており、日本でもあまり問題視されません。

 理由は:

・ 完全な購買・所有物であり、二次市場が存在していてフェアバリューがはっきりしている。
・ エディションごとに正規の箱買いを一定数行えば、そのエディションで発行されるカードはすべて手に入る。つまり、エディションでの上限金額がはっきりしている。

 ということで、小売のパック販売はこれらのフェアバリューでの購買よりも安い金額でモノを購入できるチャンスが与えられているという形になるため、消費者問題としては取り上げる余地のないビジネスだといえるのかもしれません。

 翻って、日本市場でのTCGは、寄せられた情報によると絶対にパックに入っていないか、極めて出る確率の低い釣りカード(目玉となる素敵なイラストのカード) が広告に使われている、それを目当てに買う人が続出し、爆死が出ているという話があるようです。これはあくまで寄せられた話なので、実際にどうなのかは分かりませんが、もしも事実だとするならば、おとり広告であって優良誤認や不当表示に該当する可能性があります。ただし、これらは消費者の側が検証したり、立証することは困難ですので、おかしいと思ったら早々に「188」国民生活センターに電話をして対応を相談するとよいと思います。タイトル名と現状だけでも伝えれば、申し立て件数としてカウントされ、一定ポイントが入ってゲージが溜まるといろんなアクションが起きるという仕組みのようです。
 
 あと、「ガチャ自体は昔からあった」 という議論も、一応ありました。これも、TCG同様に「中古市場があり、フェアバリューが分かる」「一定数買えば、必ずそのエディションは揃えることができる」ということで、あまり問題視されることはありません。

 ぱちんこの景品交換方式と射幸性を管理する仕組みをソーシャルゲームに援用する動きについては、これはこれで興味深い議論がないわけではないので、また折に触れて記事にしたいです。

やまもといちろうメルマガ「人間迷路」

あわせて読みたい

「ソーシャルゲーム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    民進議員パワハラ"あまりに酷い"

    和田政宗

  2. 2

    ホンダは「怖いもの知らず」

    片山 修

  3. 3

    "まとまらない"民進党の深刻な病

    週刊金曜日編集部

  4. 4

    日韓対立煽動に利用された"神話"

    WEDGE Infinity

  5. 5

    "スーツ恐怖症"の投稿に共感続々

    キャリコネニュース

  6. 6

    住宅予算を1000万円下げる生活

    PRESIDENT Online

  7. 7

    "過労死予備軍"を量産する業種は

    PRESIDENT Online

  8. 8

    "ネコ"ノミクス 経済効果は2兆円

    キャリコネニュース

  9. 9

    すぐに眠くなる人は病気なのか

    PRESIDENT Online

  10. 10

    森友学園 メディアの姿勢に疑問

    源馬謙太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。