記事

言い得て妙、民主党の岡田氏は石のお地蔵さん

民主党の篠原孝衆議院議員の洞察力、分析力、舌鋒の鋭さには以前から一目置いているが、またまた篠原氏の的を射た、実に的確な表現に接して脱帽である。
アメリカの大統領選について書かれた一文であるが、その分析の怜悧さに感心すると共に、ハタと膝を打つような表現を目にしたので皆さんにもご紹介しておく。

篠原氏は自分が所属する民主党の代表である岡田氏に対して「石のお地蔵さん」という名称を付けられている。

自分の所属する政党の代表をこんな風に表現するのは如何にも組織に刃向かうようで、党内の人からの風当たりがさぞ強いだろうな、と思うが、外部にいる私から見れば、なるほど、なるほど、と思わず頷きたくなるような出来事である。
こんな表現をしても民主党の中で篠原氏の立場が特に弱くなるということでもなさそうだから、民主党の中では相当程度言論の自由が保障されているということだろう。

民主党がこういう批判を排除しないでいる、ということは結構なことである。

民主党が本来の輝きを取り戻すためには、内部からのこういう批判というか揶揄にも寛容であることが必要だろうと思っている。

さて、岡田氏は、何故「石のお地蔵さん」なのか。
何故、石のお地蔵さんと呼ばれるのか。
多分、何も言わないからだろう。
多分、何も動かないからだろう。

もっとも、石のように冷たい、という含意まであるのかどうかは分からない。
表情はいつも固いが、人間は悪くない。
いつも頑なではあるが、基本的に特に間違いを押し通すようなところはない。

ただ、いつまでも動かない人だなあ。
いつまでも動けない人だなあ、という印象である。

民主党の再生のためには、細野氏のような柔軟性のある人が表に立った方がいいだろうになあ、と思うが、これはあくまで部外者だからこそ言える勝手な感想。
まあ、参考にされる方は参考にされたらいい。
参考にされなくても当方には何の支障もない。

あわせて読みたい

「民主党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新宿区が広報せず高齢者情報提供

    田中龍作

  2. 2

    日本の旅館が外国人にウケない訳

    内藤忍

  3. 3

    バブルを懐かしむ50代女性の貧困

    NEWSポストセブン

  4. 4

    金持ちが駆使する相続税の抜け穴

    MAG2 NEWS

  5. 5

    おっぱい飲ませ登場 モデル賛否

    女性自身

  6. 6

    神対応ボランティアの裏に仕掛人

    中妻穣太

  7. 7

    安倍首相を支える産経の無料記事

    舛添要一

  8. 8

    野田前首相 カジノ法案に目が点

    野田佳彦

  9. 9

    鳥貴族が大苦戦 値上げで客離れ

    MONEY VOICE

  10. 10

    ヒカキンが寄付呼びかけ16万人増

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。