記事

海外在住者の日本の金融システムからの締め出しが始まった

海外在住者の日本の金融システムからの締め出しが始まった

海外在住者、マイナンバーなしで日本の銀行の送金ができず

発端は、銀行が、海外からの送金の受け取りをマイナンバーなしでは拒否するようになったとのことから始まる。

現在銀行によって対応はバラバラのようだが、マイナンバーなしの口座に海外から送金すると、銀行側で受け取りを拒否するらしい。本人名義の口座間であってもだ。

つまり、海外に住むひとが、日本に送金しようと思ってもNGを食らう。日本の家族や関係者の仕送りがストップされるという状況だ。

じゃあ、マイナンバーを取得すればいいじゃないか?

といわれるのだが、

「海外在住者にはマイナンバーは発行されない。発行してくれと懇願しても、発行してくれないのだ。」

なぜなら、これは日本に住民登録があるひとだけむけの仕組みだからである。海外に住所があると、マイナンバーをそもそも発行できない。

なお、海外への送金もできないらしい。日本の会社と取引して、代金を日本円にて、日本の銀行口座で、うけとったはいいが、マイナンバーがなければ、これを海外に送ることができなくなる。

中国どころではない、とんでもない金融鎖国が始まった。

海外在住者は今後日本の金融システムからシャットアウトされることになる。

どうやらこれは法律に書かれていることのようなので、変わることはないだろう。

内国税の適正な課税の確保を図るための国外送金等に係る調書の提出等に関する法律

しかし、海外に住んでいながらも日本とのつながりを持っている人のほうが普通なわけで、そういう事態を想定していないというのは、まったくもって立法の不作為だろう。

いずれ、国内の振り込みにもマイナンバーが必須となったら、海外在住の日本人は生存権が脅かされる事態になる。

銀行員と接したことがある人はわかるが、彼らは絶対にこういうところでは融通がきかない。ダメなものはダメということにして譲らない。

日本の銀行は横並びだから、どこかの銀行だけがリスクをとってOKとするようなことにはならないだろう。なし崩し的に、自主規制がスタンダードになる。

海外在住の日本人は、なにも悪いことをしようと海外にいるわけではない。

たとえば、単に企業に命じられて海外に駐在しているひとも、法律上は海外在住者である。彼らも金融システムからシャットアウトされてしまう。

現地でドル建てで給与をもらい、それを日本の家族に送金している人は、生活ができなくなる。生存が脅かされるということだ。

かの銀行も海外に人を派遣しているが、彼らの駐在員の給与も受け取りを拒否するのだろか。

他にも、海外で頑張って事業を拡大しているアントレプレナーや、スポーツ選手、芸術家。こうした人をすべてシャットアウトするのだろうか?

すでに送金だけでなく、こういう事例もでている。事態は深刻だ。

銀行だけでなく、他の業態にも波及している。証券、FX、クレジットカードなどはすでに始まっているという。

すでにマイナンバーがなければ、銀行口座の新規開設は不可能である。海外在住者は、もう新しく日本に銀行口座は開けない。証券も作れないし、クレジットカードも作れない。

あわせて読みたい

「マイナンバー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  5. 5

    3億円事件告白 出版社の仕込みか

    tokyo editor

  6. 6

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  7. 7

    「汚い顔は失礼」神田うのが炎上

    女性自身

  8. 8

    文大統領の苦しい国家運営と外交

    ヒロ

  9. 9

    羽生結弦と高橋大輔 ファン対立

    NEWSポストセブン

  10. 10

    松井秀喜のG復帰 ナベツネが壁?

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。