記事

マイナス金利と日銀当座預金に関する大きな誤解

どうも金融に詳しくない方々は、次の様に考えているようだ。

すなわち、日銀が銀行から国債を買ってマネーを供給しているのに、銀行が貸出を伸ばさないから、マネーは民間銀行の日銀当座預金に積み上がるばかりだ、と。

逆に言うと、貸出が伸びれば、銀行の日銀当座預金残高はその分減る、と考えているのだろう。

しかしこれは全くの勘違いだ。

「えっ、どうして!? 貸出が増えると銀行の資産の内訳が、日銀当座預金から融資に換わるのではないの?」

いいえ、間違いだ。

例えば私が銀行から住宅ローンを5000万円借りると、銀行の資産サイドに住宅ローン5000万円がたつ。同時に銀行の負債サイドにある私の普通預金に5000万入金される。 銀行の貸出と預金は両建てで5000万円増える。私が受け取った住宅ローン5000万円は、支払いで住宅の売り手の預金口座に移るが、銀行部門全体の預金としてそのまま残る。

以上の金融取引は、銀行部門全体の日銀当座預金残高に何の変化ももたらさない。

以下の対談の渋澤氏のコメントは、その点でミスリーディングだろう。もしかしたら、ご本人も勘違いしているのかもしれない。

補足すると、ゼロ金利・量的金融緩和以前の金利があった時代には、民間銀行は預金残高の一定比率を準備預金として日銀当座預金(当時は付利ゼロ)に維持しなくてはならなかった。付利ゼロだから、銀行は必要最小限の準備預金しか置かずに、あとは貸出、マネーマーケット(資金放出)、債券などで運用した。

そうした状況の下では、日銀は民間銀行との資金取引で、銀行間のマネーマーケットに需給的な影響を与えることで、マネーマーケットの短期金利(コール取引金利)を上げたり、下げたりし、そのことを通じて貸出の伸びに影響を与えることができた。

しかしゼロ金利・量的金融緩和に移行してからは、①時間軸効果(金融緩和が長い期間続くぞと思わせること)で国債などの長期金利に影響を与える、②「インフレ期待」に影響を与えることで実質金利(=名目金利-期待インフレ率)に影響を与えることしかできなくなっている。

東洋経済オンライン「要は必要以上に現金を持つなということだ」2月14日

「渋澤健:よく考えてみて下さい。余っているおカネに対して0.1%の金利を付けているのですよ。預金が年0.02%の利息だったとしても、この当座預金に預けるだけで、差し引きで0.08%の利ザヤを抜くことが出来るのですから、4行で755億円の利益という単純計算になります。  いくら日銀が量的金融緩和をせっせと行ったとしても、銀行が経済を活性化させるために、そのおカネをどんどん社会に回そうなどとするはずがない。当座預金に放り込んでおしまいです。」

あわせて読みたい

「金融緩和」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝は色仕掛けの手法を明かせ

    三田次郎

  2. 2

    野田前首相「麻生氏は辞任せよ」

    野田佳彦

  3. 3

    セクハラを政治利用 野党に指摘

    AbemaTIMES

  4. 4

    買春で知事辞任 米山氏の母嘆き

    SmartFLASH

  5. 5

    山崎夕貴アナにみる勝ち組の結婚

    幻冬舎plus

  6. 6

    安倍3選 麻生氏辞任なら確率ゼロ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    麻生氏はなぜ福田次官かばったか

    NEWSポストセブン

  8. 8

    下村博文氏がセクハラ問題で暴言

    しんぶん赤旗

  9. 9

    衆院本会議 野党欠席でも開催へ

    ロイター

  10. 10

    テレ朝セクハラ被害会見は保身か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。