記事

恋人探しのキューピッドは出会い系サイト、米若者で急増=調査

[ワシントン 11日 ロイター] - ピュー・リサーチ・センターの調査によると、米国ではネットを通じて恋人探しをする傾向が強まっていることが判明した。14日のバレンタインデーに合わせて発表された。

米国の18歳以上の成人2001人を対象にした調査では、15%が出会い系のサイトまたは携帯アプリを利用したことがあり、2013年初めの11%から増加した。

18─24歳の若者では、2013年の約3倍となる27%が利用していると回答。携帯端末で「ティンダー」などのアプリを利用した若者は5%から22%へと約4倍に急増した。

ピューの調査担当者は「従来よりずっと効率的かつ簡便な方法で、潜在的なパートナーの中から相手を絞り込める」と指摘した。

利用者の5人に4人が出会いのための良い方法であると答えたが、一方で他の手段より危険性が高いと認める利用者も45%いた。

あわせて読みたい

「出会い系サイト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    首相発言が匂わす検察の国策捜査

    郷原信郎

  2. 2

    右翼3人との乱闘を収めた辻元氏

    辻元清美

  3. 3

    アベノミクスで潤う富裕層と自民

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    舛添氏「知事ならない方がいい」

    AbemaTIMES

  5. 5

    ビットコイン急落 原因は勘違い

    広瀬隆雄

  6. 6

    文春の「鬼畜」医師報道に疑問

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    よしのり氏「枝野氏が最も保守」

    小林よしのり

  8. 8

    人気精神科医 10代患者と性関係

    文春オンライン

  9. 9

    立憲の「まっとうな政治」に疑問

    鈴木 たかこ

  10. 10

    よしのり氏 若者に媚びたら最期

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。