記事

「食べログ」に、決定的に欠けていること

7e0e36a1c12acf8fb9f430bf7906024e

食べログはサービスがスタートした頃から利用しています。食べログの成長とともに、幾度かその評価システムが変更されてきたようですが、昨今は店の評価に疑問を感じることが増えてきました。まあ、ご近所のお店なら、ずいぶん評価と違うと感じても、さほど問題はありませんが、遠方に出かけ、並んで、実際に食べてみるとガッカリだったというのは洒落にもなりません。

食べログ評価を信用したのが間違いだった。そう感じる頻度が高まってきて、昨今はあまり食べログの評価点を参考にしなくなりました。投稿数が少なく、評価が低くとも、コメント内容を見て訪問してみるとよかったという経験も多い、つまり評価の点数があまり意味がなくなってきているように感じます。

理由は、最初に思いつくのは、評価点に影響力を持つレヴュアーの質、あるいはそのレヴュアーの評価をどう反映させるかのアルゴリズムに問題があるのかもしれないということです。

実際、いい評価でも、悪い評価でも、おそらくこのコメントを書いたレヴュアーの影響がかなり反映されていると感じることがあります。またレヴュアーの資質に疑問に感じる的はずれなコメントだと感じることも多いのです。検索してみると、お店を経営されている方の、食べログの評価システムについて、いろいろ研究しているサイトがありました。
食べログ考察

評価システムの難しさでしょうか。そういえばミシュランガイドもいい加減だ、というかあまりお店を知らない人が評価していると感じることがあります。

というか、食べログの評価システムは、もう少し進化させれば、海外でも通じるかもしれないと思うだけにつくづく残念です。評価のアルゴリズムについては、たびたび見直しがなされているようです。なのになぜ、食べログの評価点と実際に感じた評価のギャップが広がってきているのか、なにが欠けているのでしょう。

趣味や嗜好の違うレヴュアーの評価はなんら意味が無いということ


よくよく考えてみると、「食」は、人によって、何を評価し、どう評価するかが大きく異なります。現実は、ユーザーは、異なる価値観、異なる嗜好をもっているのですが、食べログは、それを加味せず、評価点をつけ表示しているので合わないのではないでしょうか。

例えば、あっさり味のラーメンが好きな人にとっては、濃厚スープのラーメン大好きなレヴュアーの評価はなんの意味もありません。少量でいいから美味しいものが食べたいという人にとっては、がっつりボリュームがあることを評価するレヴュアーの評価など関係ないのです。

食べログを取材した記事に答えがありました。
いずれは、ユーザーごとの嗜好にあったお店をすぐにオススメできるシステムを作りたいと考えているのですが、現状では最もそれに近い形が、自分と同じ嗜好を持ったレビュアーを見つけることなのではないかと思っています。いろんな人が高評価を下しているお店もいいですが、ランキングだけではなく、気になるレビュアーからお店を探してみると、自分にとって本当に美味しいと思えるお店が見つかるかもしれません。
「食べログ評価」アルゴリズムの謎 | ハーバービジネスオンライン

これを見ると食べログサイトも何が問題なのかがわかっているのでしょう。しかし、「気になるレビュアーからお店を探してみる」、そんな面倒でオタッキーなことを誰がするのでしょうね。それは利用者の評価から、あるいは利用した店の履歴を加味し、近い価値観や嗜好を持っているレヴュアーの評価がより反映されるようにするというのがスマートな解決方法じゃないでしょうか。そうなると、もしかすると、こちらの店がいいかもしれませんと、リコメンデーション機能を持つまで食べログは進化していくのではないでしょうか。

利用者の価値観も嗜好も多様化しています。だから、マスメディアではマッチングが難しくなってきているので、食べログのようなサイトこそ、多様化と向き合う可能性を秘めているはずです。食べログに決定的にかけているのは、レヴュアーの質にこだわるあまり、ユーザー側に立つという視点、ユーザー個性を重視する視点ではないでしょうか。惜しいなあ。

あわせて読みたい

「食べログ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  2. 2

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  3. 3

    発言捏造? 水原希子の動画を検証

    西村博之/ひろゆき

  4. 4

    橋下氏「北対策はヤクザに聞け」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  6. 6

    キンコン西野「素人の演出迷惑」

    メディアゴン

  7. 7

    よしのり氏「山尾氏は謝罪不要」

    小林よしのり

  8. 8

    民進・岡田氏 解散の違憲性指摘

    岡田克也

  9. 9

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  10. 10

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。