記事

中国に出現した「新人類」 - 澁谷司

政策提言委員・拓殖大学海外事情研究所教授 澁谷 司


 中国に「新人類」、「ピンク色の若者」(「小粉紅」の仮訳。かつての共産党の赤-例えば紅衛兵など-とは違う。共産党自体が共産主義を捨てたので)が出現した。彼らは1990年代以降に生まれた世代(「90后」)である。

 当然、毛沢東時代の「大躍進」運動(1958年~61年)や「文化大革命」(1966年~76年)の困難な時期を知らない。前者時には、中国全土で大飢饉が起きた(四川省1省で約800万人が死亡したと言われる)。後者時には、血で血を洗う凄惨な事件が毎日のように頻発している。

 「改革・開放」後、1980年代に入ると、中国では「民主化運動」が盛り上がった。だが、彼ら「90后」は、1989年6月の「天安門事件」さえよく知らない。たとえ歴史的事実として知っていても、肌感覚でわかるはずがないだろう。

 それは、あたかも我が国において、戦後に生まれた「戦争を知らない子供たち」(ジローズ)の感覚と似ていよう。

 中国の「新人類」は、GDPで世界第2位の経済大国にのし上がった時代に成長している。また、彼らの中高生時は、共産党が「養光韜晦」(能ある鷹は爪を隠す)政策を捨て、東シナ海や南シナ海へ“積極的”に進出する時期と重なる。

 そのためか、「新人類」は過度な「愛国主義」(しばしば「反日」につながる偏狭なナショナリズム)を抱き、自国へのプライドが高い。同時に、強国へと導いた共産党に対する忠誠心も強い。

 なぜ、このような若者が生み出されたのか。それは、ひとえに環境のなせる業である。しかし、中国共産党による「洗脳」教育の影響とも考えられる。

 今でこそ、中国共産党(とりわけ胡錦濤政権から習近平政権にかけて)は「反日」一色だが、かつて同党は必ずしも「反日」政策を採っていたわけではなかった。

 毛沢東・周恩来(最近、ゲイだったと暴露される)・鄧小平などは、我が国に対し、どのような感情を抱いていたのかはっきりとはわからない。ただ、彼らが日本を“利用”しようとした事だけは確かだろう。日中戦争時、共産党は日本軍と国民党軍を戦わせ、後に“漁夫の利”を得た経緯がある。また、1972年、日中国交正常化以後、共産党は盛んに我が国へ経済協力を求めてきた。

 だが、一方では、胡耀邦総書記(中国の「民主化」に深い理解を示す)などは明らかな「親日」派だった。中曽根康弘首相(当時)との関係は親密だったことはよく知られている。逆に、それこそが胡耀邦の“命取り”となったとも言える。

 1994年以降、中国共産党は露骨な「反日」政策を採るようになった。江沢民主席(「天安門事件」で失脚した趙紫陽総書記の後を継いだ)が始めた「愛国主義教育運動」がその契機となっている。

 江主席は、自らの出生の秘密を隠蔽するために「反日」を掲げたのではないだろうか。実の父親、江世俊は日本に近い汪精衛の南京政府宣伝部副部長だったという。そこで、江主席は叔父の共産党“烈士”江上青を養父とした。

 あるいは、江主席は自らの実力不足を認識して、中国国内をまとめるため、「反日」を切札として利用したのかもしれない。

 さて、もう一つ、中国で「新人類」が出現した理由がある。

 周知のように、21世紀に入り、新メディアのSNSが急速に発展した。同じ中華圏でも、香港や台湾のように、90年代生まれの中国大陸の若者(「90后」)も、自由な情報環境で育てば柔軟なモノの考え方ができたに違いない。

 ところが、中国共産党は未だにSNSへのアクセスを厳しく制限している(例えば「グレート・ファイアウォール」〈防火長城〉)。だから、中国ユーザーはインターネット上に存在する様々な情報を得るのは難しい。

 また、「インターネット・ポリス」の存在も中国内外で広く知られている。彼らはネット上に共産党への批判や党に都合の悪い事実が書き込まれたら、すぐに削除する。また、常にネットを検閲し、ユーザーを厳しく取り締まる。

 このような不自由なネット空間では、自由にモノを考える環境にはない。したがって、共産党による若者への「洗脳」教育が奏功したとも言える。

 だからと言って、今後、彼ら「新人類」が中国の将来を担えるかについては大きな疑問譜が付く。そのような硬直した思考回路を持つ若者らでは、恐らく今後の国際情勢に対応できないだろう。

澁谷 司(しぶや つかさ)
1953年、東京生れ。東京外国語大学中国語学科卒。同大学院「地域研究」研究科修了。関東学院大学、亜細亜大学、青山学院大学、東京外国語大学等で非常勤講師を歴任。2004~05年、台湾の明道管理学院(現、明道大学)で教鞭をとる。2011~2014年、拓殖大学海外事情研究所附属華僑研究センター長。現在、同大学海外事情研究所教授。
専門は、現代中国政治、中台関係論、東アジア国際関係論。主な著書に『戦略を持たない日本』『中国高官が祖国を捨てる日』『人が死滅する中国汚染大陸 超複合汚染の恐怖』(経済界)等多数。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    息をするように嘘ついた蓮舫代表

    木曽崇

  2. 2

    反日デモ 韓国の"報道管制"

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    アパート建設ラッシュが続く理由

    ヒロ

  4. 4

    トランプ外交 早くも3つの失敗

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    成宮とホリエモン 報道の問題性

    sionsuzukaze

  6. 6

    難病告白の原口議員と総理の会話

    和田政宗

  7. 7

    年金の免除申請は自動化すべき

    赤木智弘

  8. 8

    忘年会 意識高い系の楽しみ方

    常見陽平

  9. 9

    今さらカジノなんてやめておけ

    ビデオニュース・ドットコム

  10. 10

    小池知事、希望の塾で大胆発言

    伊藤陽平:新宿区議会議員

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。