記事

蓮池透氏「安倍さんはバッジを外してもらいたい」

蓮池透氏は拉致交渉が全く進展していないことに憤った。=26日、新宿区 撮影:筆者= 

蓮池透氏は拉致交渉が全く進展していないことに憤った。=26日、新宿区 撮影:筆者= 

 「安倍さんはバッジを外してもらいたい」。蓮池透氏(元拉致被害者家族会事務局長)が26日、都内で開いた講演会で吐き捨てるように言った。

 「私が申し上げていることが真実であることはバッジをかけて申し上げます。私の言っていることが違っていたら、私は辞めますよ。国会議員を辞めますよ」― 安倍首相は国会答弁(12日、衆院予算委員会)で大見得をきった。

 蓮池氏の著書『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』(講談社刊)の内容をめぐって、民主党の緒方林太郎議員(外務省出身)から追及され、上述のごとく声を荒らげたのである。

 緒方議員の追及に対して安倍首相は「家族会の中にもその本の内容については強い異論がある。ほとんどの人はおかしいと言って怒っているんですよ」と著書の内容を否定してみせた。

「本のタイトルをマスコミは写すことはできませんよ」。透氏は憮然とした表情で語った。

「本のタイトルをマスコミは写すことはできませんよ」。透氏は憮然とした表情で語った。

 帰国した拉致被害者5人が02年に日本の土を踏んだ時、安倍首相は「北に帰るな」と言ったとされるが、透氏は手柄話を否定した。

 日朝間の本来の取り決めでは弟の薫さんらは北朝鮮に帰ることになっていた。「弟を止めたのは私です」「安倍氏も中山参与も一度たりとも止めようとはしなかった」。

 安倍氏と中山恭子氏は、薫さんの日本残留の意志が固いのを知り、北朝鮮に返す方針を“渋々と転換”したに過ぎない。

 透氏によれば安倍首相は選挙運動の際も政治利用しようとした。2014年の衆院選では新潟2区の自民党公認候補の応援演説に安倍首相が両親を呼び、「拉致被害者、蓮池薫さんのご両親です」と紹介したという。

 それにしてもマスコミはどうしたことだろう。拉致被害者とその親族に問い合わせれば、どちらがウソをついているのか、明らかになるのではないだろうか。

 緒方議員からは「身辺に気を付けて下さい」と電話があった、という。

    ~終わり~

『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「拉致問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮司殺害 犯行時の異様な言葉

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大統領夫人を嫌がるトランプ氏妻

    PRESIDENT Online

  3. 3

    年齢で正社員募集する日本は異常

    城繁幸

  4. 4

    超高額イージス導入で国防は弱化

    清谷信一

  5. 5

    中東 トランプ氏の賭けは勝利か

    野口雅昭

  6. 6

    NHK訴訟 見直せなかった公共放送

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    ツリー炎上 嘘を重ねるネット民

    赤木智弘

  8. 8

    M-1ルール変更も残る一番手問題

    いいんちょ

  9. 9

    食べログは禁煙店の加熱式可外せ

    NATROM

  10. 10

    角栄氏と進次郎氏そっくりな背景

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。