記事

市場の源泉 「QE2-4」

取り敢えずQE2「第4ターム」。

QE2が800億ドル。エージェンシー債&&エージェンシーMBSからの再投資額が170億ドル。 

投資規模としては2月最後の週赤枠)が一番大きい。(ここポイント) このあたりでダウも12500ドルに到達してるのだろうか。

[画像]

相変わらずQE2自体はハイペースのまま。再投資額が償還の関係でペースが落ちている。

気になる中国との関係で観てみると、状況からしてアメリカのペースに付いていけなくなるはずで、結果的に元高ペースも上がっていくものと思われる。 上海市場にしても、利上げ懸念に(そんな)輸出懸念が相まって、膠着状態は続く事になる。  

ちなみに、元高のペースアップは中国の米国債買入ペースの縮小とイコールであり、アメリカからすると「財政赤字の受け皿」が狭まってしまう事になる。 要するに、中国に借金を(徐々に)押し付けられなくなってしまう事を意味する訳ですが、長期的に見た場合にはそちらの方が良いかもしれない。

で、QEが本来意図するところの商銀融資額ですが、1月下旬のFEDの報告によると、若干ながら拡大している。 (縦線/QE2)

[画像]

まぁ拡大と言っても、昨年春先のQE1終了後に、大きく落ち込んでいた事を考えれば大した反発ではない。 6000億ドルであろうが1兆ドルであろうが、微々たる成果しか上げる事ができないのは「自明の理」。 規模の問題でない事を考えれば、リスクばかりが大きくなっているわけであって、上のNYのスケジュールにしたって「新興国イジメ」にしか見えないわけです。

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍総理が菅元総理に裁判で勝訴

    BLOGOS編集部

  2. 2

    たけしの"ネット批判"に大反響

    吉川圭三

  3. 3

    弱者に強い"最低"な民進後藤議員

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    金正男氏殺害で東南アジアが激怒

    高英起

  5. 5

    民進パワハラより問題な稲田大臣

    小林よしのり

  6. 6

    菅氏敗訴に"極めて残念な結果"

    菅直人

  7. 7

    正恩氏 米の斬首作戦に過剰反応?

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    増田寛也氏に杉並区が"異常"報酬

    週刊金曜日編集部

  9. 9

    西内まりや月9がワーストな理由

    永江一石

  10. 10

    胸ポケットに入る? 小型ノートPC

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。