記事

【取材記事】3か月でファン数10,000人!高知県の海外向けFacebookページから学ぶSNSインバウンド戦略とその思いとは?

1/2

VISIT KOCHI JAPAN

爆買い」が2015年の流行語に選ばれたように、外国人観光客の呼び込みは日本の観光産業の大きなテーマの一つとなっています。そうした中、Webメディアをどのように活用してインバウンド施策を講じるのか関心が高まっています。

そんな中、開設からわずか3か月でファン数10,000人突破を果たし、注目を集めているのが高知県海外向けFacebookページ「Visit Kochi Japan」です。今回はそのFacebookページを運営する高知県観光コンベンション協会様に取材させていただきました!

    ■目次

    1.Facebookページ開設のきっかけや狙い
    2.外国人の方へ向けたコンテンツの工夫
    3.今後の取り組み
    4.まとめ

1.Facebookページ開設のきっかけや狙い

オウンドメディアとSNSの使い分けが明確である

編集部(以下、編):2015年9月7日からスタートされたVisit Kochi Japanですが、当初どういう狙いがあって、運用に乗り出したのでしょうか?

高知県観光コンベンション協会様(以下、高):海外での高知県の認知度を上げるため、2015年9月7日に5言語圏(英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・タイ語)の趣味・嗜好に合わせて外国人旅行者向けに高知県観光情報サイト「VISIT KOCHI JAPAN」(http://visitkochijapan.com) を開設しました。

Webサイトでは、県内の代表的な観光資源を網羅的に掲載し、イベント等の最新情報を頻繁に更新するのではなく、観光資源の基本情報を定期的に追加することにしました。
Facebookページは、Webサイトでは伝えきれない情報をタイムリーに発信し、Webサイトへも誘導していく、お互いに補完し合うために運用しはじめました。

VISIT KOCHI JAPAN

参考
VISIT KOCHI JAPANhttp://visitkochijapan.com/

編:なるほど。Facebookページは、Webサイトとのお互いの短所を埋め合うためやサイトへの流入を期待して開設されたんですね。

高:はい。Webサイトでは観光資源を掲載する一方、Facebookページでは高知県の旬な情報をタイムリーに発信していきたいと考えました。
Facebookは、SNSのなかでもユーザー数が他と比べて多いので、多くの方に情報発信できると考え選び、まず、英語で運用を始めました。

【ポイント】

    ・WebサイトとFacebookで、明確な役割分担を行っていた!
    ・タイムリーな情報の発信ツールとして、Facebookを選んだ!

Facebookページの立ち上げに際して、オウンドメディアとのコンテンツの違いや運用目的を明確に区別して運用していたのがポイントです。それぞれのSNSのユーザー層やリアルタイム性などを考慮して、プロモーション施策に合った選択をすることが重要です。

2.外国人の方へ向けたコンテンツの工夫

関係各所を巻き込んで用意した、こだわりタップリのコンテンツ

編:いいね!やコメント、シェアたくさん集めていますね。コンテンツ作りには、どういった工夫がありましたか?

高:開設当初から外国人目線の情報発信にこだわり県内在住の英語ネイティブの方に記事や写真を依頼し、高知県の魅力が見て伝わるような掲載をしてきました。
また毎月、投稿へのアクセス内容の分析も行いながら、次の投稿記事の検討を行っています。

visit kochi japan_pic1

2つの画像を1枚の白枠に囲み加工することで、スッキリ収まった印象を与えています
フルーツピッキングは、英語圏に人気が高い

visit kochi japan_pic2

人が写っていることで、実際に町巡りしているような気分が味わえる

編:投稿へのアクセス分析に基づいた内容に加えて、キレイで魅力が伝わりやすい画像をとても周到に準備をされていたのですね! 何か参考にされたページはありましたか?

あわせて読みたい

「Facebook」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  2. 2

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  4. 4

    核武装した北との共存ありえない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

  6. 6

    温泉更衣室の防犯カメラは違法か

    花水木法律事務所

  7. 7

    よしのり氏 小池新党はいらない

    小林よしのり

  8. 8

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

  9. 9

    iPhone X購入の前にWi-Fi導入を

    永江一石

  10. 10

    日本人の稼ぐ力 今や他国の7割に

    THE PAGE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。