記事

グーグル 滞納税220億円支払いへ/英国に10年分 野党「少なすぎる」

 【パリ=島崎桂】インターネット検索世界最大手の米グーグルは23日までに、英国での過去10年間の税金滞納分として、同国税務当局に1億3000万ポンド(約220億円)を支払うことで合意しました。最大野党・労働党は、追加納税額が少なすぎるとして、さらなる課税強化を求めています。

 グーグル社は、法人税率の低いアイルランドに欧州の事業拠点を置き、無税地の北大西洋バミューダ諸島に大半の利益を移すなどして徴税を回避していました。ロイター通信によると、同社は2005〜13年、英国で総額170億ポンド(約2兆9000億円)を売り上げる一方、同国への納税額は総額5200万ポンド(約88億円)にとどまっていました。

 今回の追加納税額はグーグル社と英税務当局の協議で決まったもので、両者は今後のグーグルの納税額算出方法についても合意したといいます。

 オズボーン財務相は合意を歓迎しましたが、労働党の報道官は23日、英BBCに対し、「(グーグルが)本来支払うべき額に比べれば微々たるものだ」と主張。合意内容の詳細な説明を求めました。同党に経済政策の提言を行うリチャード・マーフィー氏も、「(グーグルは)年2億ポンド(約340億円)を支払う必要がある」と指摘しました。

 グーグルや米アマゾンなどの多国籍企業をめぐっては近年、タックスヘイブン(租税回避地)を利用した課税逃れが表面化。欧州を中心に、各国政府や市民社会から批判が高まっています。イタリアでは昨年末、売上高の申告に不正があるとして捜査を受けていた米アップル社のイタリア法人が、同国への3億1800万ユーロ(約410億円)の追加納税を決めていました。

あわせて読みたい

「Google」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    関口宏3選チクリ 自民議員が反論

    和田政宗

  2. 2

    安倍カツカレーで思い出す陸山会

    八木啓代

  3. 3

    キングオブコントV逸 痛恨のミス

    メディアゴン

  4. 4

    中居正広がTVで語った本音に感銘

    文春オンライン

  5. 5

    新iPhoneは買い換える意味なしか

    永江一石

  6. 6

    上映15分 エロバカすぎる大傑作

    松田健次

  7. 7

    沖縄で選挙応援する小池氏に苦言

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  8. 8

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  9. 9

    なぜ石破支持? 議員の本音を直撃

    NEWSポストセブン

  10. 10

    進次郎氏の総裁選戦略は問題なし

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。