記事

箱根駅伝2連覇!青学・原監督の「失敗から学び、成功へ導く」 - POL Bookshelf

ジャーナリスト 山田厚俊=文

ビジネスで学んだノウハウを陸上に導入

“新春の風物詩”箱根駅伝で見事2連覇を飾った青山学院大学。その圧倒的な強さに改めて驚いた視聴者も多かったことだろう。

その青学陸上競技部を率いるのは、原晋監督。“原マジック”と呼ばれる指導法は、陸上界の常識をことごとく打ち破ってきた。そんな原監督の“極意”を解き明かしているのが本書だ。といっても、これは単なる陸上競技に関する本ではない。ビジネス書でもあり、人生訓でもある書なのだ。

『魔法をかける アオガク「箱根駅伝」制覇までの4000日』原 晋著 講談社


広島県出身で、県立世羅高校から中京大学へ進み、大学3年時には学生インカレ5000mで3位入賞の実績を携え、中国電力に入社。陸上部創設メンバーとして迎え入れられたものの、監督の指導方針と折り合わず、衝突を繰り返す。しかも、故障が長引き、いい成績も収められない。そのまま、陸上部をクビになってしまう。

天国から地獄――。持て囃されていた環境はガラリと変わり、単なる一社員に風当たりは厳しかった。営業マンになったものの、そのまま腐っていたら本当に居場所は無くなってしまう。そんななか、先輩の一言で救われ、“伝説の営業マン”としての階段を上り始めることとなる。

背水の陣から会得したモノを売るメソッド。これこそが、青学陸上競技部の背骨にも組み込まれることとなる。失敗から学び、成功へ導く。ビジネスマンが日夜、体験から学習し、活かしているノウハウを陸上という分野に導入したのだ。

学生自らが考えることで創意工夫ができる

実は昨秋、ある週刊誌の対談で原監督に取材をした。印象に残ったのは、従来の陸上界の常識を疑い、一般社会の常識を学生に染み込ませていくというものだった。年間目標(要は次の箱根駅伝優勝)を立て、そのためのロードマップ(月間目標)を積み立てていく。それを毎日確認しながら自己採点を付けていく。会社でいえば、年間売り上げの目標を掲げ、それに向けて月間どれだけの売り上げが必要か、というものだ。

それをただ単に監督が押し付けるのではなく、学生が自ら考えることによって、創意工夫ができてくる。違ったと感じてアドバイスを求められれば、それに答える。

また、面白かったのは、寮が楽しい場であることを演出していることだ。「牢獄のようだったら嫌になる。楽しいことが外にあったら、目を盗んで遊びに行く。だったら、寮が楽しい我が家のような雰囲気の方がいいでしょう」と語っていた。これまでの学生スポーツの指導者には、信じられないようなセリフだろう。しかし、目からウロコとは、このことではないか。

昨年の初優勝は、「ノーマークの大穴だったからこちらも気がラクでしたが、今回は単勝1.2倍の本命視されているから大変だ」と語っていたが、そのプレッシャーを跳ね返しての完全優勝。まさに、学生が主役でキラキラ光る姿が眩しかった。

「私はノウハウを隠したりしない。オープンにすることによって、学生陸上界がさらに伸びるからです。また、料理と同じでレシピがあっても味付けが微妙に違ったりするでしょう?同じにはならないものですよ」

こう言って笑っていた原監督の姿を思い出す。原監督の半生記であり、強い選手の育て方、教育の書であり、ビジネス本でもある。2015年4月に発行された本ではあるが、今から読んでも十分楽しめること、太鼓判である。

あわせて読みたい

「箱根駅伝」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    首相発言が匂わす検察の国策捜査

    郷原信郎

  2. 2

    右翼3人との乱闘を収めた辻元氏

    辻元清美

  3. 3

    報ステのアベノミクス批判は乱暴

    和田政宗

  4. 4

    舛添氏「知事ならない方がいい」

    AbemaTIMES

  5. 5

    ビットコイン急落 原因は勘違い

    広瀬隆雄

  6. 6

    よしのり氏「枝野氏が最も保守」

    小林よしのり

  7. 7

    アベノミクスで潤う富裕層と自民

    国家公務員一般労働組合

  8. 8

    文春の「鬼畜」医師報道に疑問

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    よしのり氏 若者に媚びたら最期

    小林よしのり

  10. 10

    立憲の「まっとうな政治」に疑問

    鈴木 たかこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。