記事

大相撲・琴奨菊「10年ぶりの日本人の優勝」と連呼するテレビへの違和感

大相撲も、千秋楽に向けて盛り上がっていますね―。
琴奨菊の出だしからの猛突進で、三横綱を破っていくシーンなんてかなり迫力ありました。
白鵬との一戦なんて、手に汗握る感じでした。そして、取り組みのあとの白鵬の悔しい表情もまた印象深いなぁ。ただ押してばかりかといえば日馬富士の試合の最後の突き落としなんて「やるなぁ」って感じ。

ただね、なんだかテレビも新聞も

「10年ぶりの日本人の優勝へ」

って連呼しているのが気になってしかたがないのです。
なんかさ、ナショナリズム煽ってる?くらいの勢いで。

強い!琴奨菊、初優勝へ

みたいな見出しで普通に良くない?
もちろん、10年前の栃東以来日本人力士の優勝がないのはわかるし、そこへの待望が在るのも理解できるけれど。けれどなんだか「日本人優勝待望」っていえば言うほど、なにか排他性を感じるし、例えば日本に住む外国の人々はどう感じるだろうかって。

Twitterでも検索してみると、ほら。

僕がまだ子供の頃、貴乃花とか若乃花と、曙が活躍していた時の話ね。
祖母が、曙や武蔵丸が勝ったりしていると「憎たらしいねぇ」と言っていたのを思い出す。戦前生まれの世代だから仕方ないのかもしれない。けれど、出身が違うだけで憎まれるとか、あるいは求められるってなんなんだろうなぁって。

そういう感情が生まれるのは理解できても、それを発信してしまうメディアってどうよって。
朝のニュースみて、思った話でした。

ではでは。

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  2. 2

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  3. 3

    橋下氏「政府許してはならない」

    橋下徹

  4. 4

    大阪市より慰安婦像を選んだサ市

    長尾敬

  5. 5

    よしのり氏 枝野氏の発言は問題

    小林よしのり

  6. 6

    逆DV アウトレイジな妻に泣く夫

    PRESIDENT Online

  7. 7

    慰安婦の日制定で日韓合意は破綻

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    日馬暴行騒動は仁義なき情報戦

    文春オンライン

  9. 9

    詩織氏に届いた女性からの非難

    女性自身

  10. 10

    加熱式タバコの増税は時代に逆行

    宮崎タケシ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。