記事

ネットで何でもかんでも発信すればいいわけじゃないってわかってる?

ネットの発信はあまり他人を気にせずできるだけ本音で思いのまま発信した方がいいのだがただだからといって何でもかんでも自分の思うまま発信するのはダメだってことに気づいていない人が意外と多い。

いや確かに圧倒的多くの人は自意識過剰すぎて気にしなくてもいいことを気にしすぎて発信をためらう傾向が強いので「さらけだせ!」「本音で発信しろ」と私は言い続けているし私のブログを見てわかるように他人から反感や批判がありそうなことでも本音でブログを書いている。

でもね。私もそれなりに発信内容を選んでいるし発信するタイミングも考えているし発信したとしても文言を気を使っていたりかなり配慮した形で書いているものもある。場合によっては発信しないことを選んでいるものもある。そういうことをわかっている人はわかっていると思うんだけどもしかしたら、かさこさんは何でもかんでも洗いざらい発信していると勘違いしている人もいるかもしれないのでそんなことはないと言っておこう。

例えば「高熱が出ちゃった」とご丁寧に体温計の写真入りで病気アピールしたり体調不良であることをわざわざ投稿する人いるけど基本的に私はそのような投稿はしない。したとしてもその時にはせず時期をずらして投稿する。

なぜかって?当たり前じゃん。病気になったって投稿したら「仕事頼んでいるけど大丈夫かな」とか「今度のセミナー大丈夫かな」と心配される可能性があるからだ。そんな投稿をしても何の意味もないどころかマイナスになってしまうのでそのような投稿はしない。

また何かを批判する投稿や記事でもそれによって自分にどんなプラスの影響とマイナスの影響があるかかなり考えて発信するかどうか決めている。

もし今このタイミングで投稿したら勘違いされてしまうかもとかもしかしたら親しい知人に悪影響が出てしまうかもしれないとかそういうことをかなり考えている。

最近たまたまフェイスブックで流れてきた投稿を見て「なぜこの人、こんな投稿をわざわざしてしまうんだろう?」「自分のことしか考えずこの発信によってどういう影響があるか多分ぜんぜん考えてないんだろうな」と思うことが何度かあった。

多分自分の本音をそのまま投稿したんだと思う。いやでもさ、その投稿したら自分にとってもマイナスになるしその人の知人にとってもマイナスになるよ。それわかって投稿してんのかな?と。

もちろん私も考えたつもりで投稿したけど思わぬ勘違いされたり思わぬ悪影響が出る場合もあるけどでも何も考えず自分の本音を何でもかんでも洗いざらい投稿しているわけではない。お蔵入りにした投稿もあるしあえて発信しないこともある。

多くの人は発信をためらいすぎだから上記のようなことを気にしない方がいいとは思うんだけどある程度、ブログを更新し続けている人や本音を発信できるようになった人はどこまでを発信してどこまでを発信しないべきか自分や周囲にどんな影響があるかを考えた上で投稿した方がいい。

それはかさ上げして自分をよくみせる上っ面のセルフブランディングをしろということではないしなんでも感謝しますとかなんでも学びになりましたとかネガティブなことを発信しないポジティブバカになることではなく基本は本音の等身大を発信すべきなんだけどだからといって何でもかんでも自分の思うまま発信しているとそれによってマイナスになることもある。

ちゃんとその辺を考えて発信するかどうかを決めた方がいいと思う。

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田中みな実 過激なお蔵入り写真

    NEWSポストセブン

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  4. 4

    総理による解散は課題設定の権力

    三浦瑠麗

  5. 5

    小池氏が知事辞任し選挙出馬の噂

    三浦博史

  6. 6

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  7. 7

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

  8. 8

    斉藤・山尾・今井 不倫の共通点

    NEWSポストセブン

  9. 9

    選挙前に分かる自分優先の政治家

    井戸まさえ

  10. 10

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。