記事

【長野】「政治にチェックアンドバランスを」杉尾秀哉氏が枝野幹事長とともに記者会見

 枝野幸男幹事長は21日、長野県長野市を訪れ、今夏の参院選長野選挙区で民主党が公認内定した杉尾秀哉(すぎおひでや)氏とそろって記者会見した。

 その後枝野幹事長は、連合長野の中山千弘会長と会談し、参院選に向けた一層の支援を要請。JR長野駅前で開いた街頭演説では、限界と副作用が露呈した自公政権の「パフォーマンス・目先の政治」を打破するため民主党への支持を訴えた。

連合長野の中山千弘会長と会談

 枝野幹事長は記者会見で、35年に及ぶ政治記者、テレビキャスターのキャリアがある杉尾氏が国会議員になりたいだけなら自民党も迎えるだろうが、県民からの信頼がいまだ十分に回復していない民主党から敢えて立候補を表明したことを紹介し、「これは今の危機的な政治状況に対して『居ても立っても居られない』との危機感からだ。その思いを重く受け止めてもらいたい」と県民に理解を求めた。そして長野県選挙区について「党本部として最重点選挙区と位置づけ最大限の力で支援してきたい」と必勝に向けて応援の弁を語った。

 今季限りで引退を表明した党県連代表の北澤俊美参議院議員は、杉尾氏を後継に推した経緯などについて、「羽田孜先生と一緒に政権を選ぶことのできる2大政党制を目指し、自民党を出て政治改革に一貫して取り組んできた。その時からおつきあいしている杉尾さんは、私をはるかに超える政治家に成長していただける」と強い期待感を表明した。今の安倍政権については「謙虚な気持ちを持たず、国民の声、多様な意見を吸い上げるという政治の基本をないがしろにしている」と強く批判し、こうした政治を転換するため「たいまつを杉尾さんに委ねることにした。長野県民の代表としてしっかり支持してほしい」と訴えた。

 杉尾氏は、「報道機関に身を置いて35年にわたり政治を見てきたが、今ほど政治に危機を感じたことがない。それを変えるためにあえて火中の栗を拾う覚悟をした」と参院選に臨む決意を語った。とりわけ、憲法違反が大多数の学者から指摘される安保法案を多くの国民の反対を押し切る形で数の力で強引に成立させた安倍政権のあり方に強い疑問を示した。今の政治について「将来世代につけを回すバラマキや痛みの先送りが相変わらず横行している。『あとは野となれ山となれ』であり、これで本当に責任ある政治といえるのか」との強い懸念を示し、「もう傍観者ではいられない。政治にチェック・アンド・バランスを効かせ、緊張感を持たせなければならない」とあるべき政治の実現に向けて戦う決意を示した。

JR長野駅前での街頭演説

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「民主党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  2. 2

    早稲田の名物教授にセクハラ疑惑

    PRESIDENT Online

  3. 3

    大地震でも災害モードならぬ日本

    AbemaTIMES

  4. 4

    新幹線を叩くマスコミに違和感

    MAG2 NEWS

  5. 5

    加計理事長のドサクサ会見は卑劣

    宮崎タケシ

  6. 6

    朝日の信頼度が5大紙で最下位に

    島田範正

  7. 7

    香川が名乗り 仲間も予想外のPK

    文春オンライン

  8. 8

    日本人のW杯会場ゴミ拾いに称賛

    BBCニュース

  9. 9

    脱退2年活動禁止 NMB48奴隷契約

    文春オンライン

  10. 10

    ドンファンが語っていた新妻S

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。